webライター

webライターは専業にできる!生計を立てるために必要な3つのこと

「webライターは専業にできるの?」「専業webライターで生計は立てられるの?」

webライターを始めるとき、不安なこと多いですよね。

結論から言うと、webライターは専業にできる&生計を立てられますもちろん、実際に専業webライターで生計を立てている人はいます。

ただ、この結論だけでは専業webライターになれるイメージが湧かないと思います。

そのため、今回は専業webライターの以下の内容について説明します。

今回の内容
  • 未経験からでもwebライターを専業にできるの?
  • 専業webライターに必要なことやなるための手順
  • 専業webライターについて

webライターは専業にできる!

webライターは専業にできます。また、実際に専業で生計を立てているwebライターはいます。

もちろん、生計を立てている人がいるからと言って簡単にできるわけではありません。

しかし、スキルの向上やクライアントとの関わり方など、自分の努力次第で収入を上げられるのがwebライターです。なので、頑張れば会社員よりも多くの収入を得られます。

つまり、専業webライターで生計を立てることはできますが、その分の努力が必要だということです。

未経験でもwebライターを専業にできる?

未経験でもwebライターを専業にできます。実は多くのwebライターが未経験から始めています。

ただし、未経験からいきなり会社を辞めて専業webライターになるのリスクが大きいのでおすすめしません。

まずは副業から始め、生計が立てられるくらいの収入が得られる目処が立ってから専業でwebライターを始めましょう。

例えば、副業webライターで1日あたり2~3時間を使って月10万円程度稼げるとします。

本業の勤務時間が1日8時間だとすると、本業の時間を全てwebライターに使えば、webライターの作業時間が2~4倍になるので、月20万円以上稼げる計算になります。

専業webライターに必要な3つのこと

専業webライターが生計を立てるためには以下の3つが必要です。

専業webライターに必要な3つのこと
  • ①SEOライティングの勉強
  • ②専門・得意な記事のジャンルを見つけ
  • ③単価の高い・継続の案件獲得

①SEOライティングの勉強

SEOライティングとは記事を検索結果の上位に表示させ、より多くの人を集客するためのライティングのことです。

クライアントはより多くの人を集客して、成果に繋げたいと考えています。そのため、SEOライティングができるとwebライターの収入を上げられます

専業webライターで収入を増やし、生計を立てるためにもSEOライティングの勉強は必要です。

②得意な記事のジャンルを見つける

自分にとって得意なジャンルの記事は書きやすいため、記事を早く書けるようになります。

記事を早く書けると、同じ時間でも書ける記事数が増えるため、収入の増加に繋がります。なので、専門・得意な記事のジャンルを見つけましょう。

専門・得意な記事のジャンルの見つけ方は、自分が経験や興味あるジャンルから書きやすいものを探すといいです。

③単価の高い・継続の案件獲得

単価の高い案件の獲得はwebライターの収入を上げるために大切です。

単価の高い案件と安い案件を比べたとき、同じ作業時間であれば単価の高い案件の方がいいですよね

また、継続案件を獲得することも大切です。継続案件とは、1つのクライアントから継続的に受けられる案件のことです。

継続案件を獲得すると案件を探したり、案件に応募したりする回数を減らせるので、その分記事の執筆に時間を使えます

webライターを専業にするための4ステップ

webライターを専業にするためには以下の手順を踏みましょう。

webライターを専業にするための4ステップ
  • ①副業でwebライターを始める
  • ②SEOライティングを身につけていく
  • ③提示できる実績を作る
  • ④収入の目処が立ったら専業webライターになる

前述した通り、いきなり専業webライターになるのではなく、副業webライターから始めましょう

次に副業webライターをしながら、収入を上げるためにSEOライティングの勉強をします。

さらに、実績を作りましょう。webライターの実績とは実際に書いた記事のことです。webライターの案件に応募する際には、実績の提示が求められます。

そして、副業webライターで収入の目処が立ったら専業webライターになりましょう

専業webライターになる3つのメリット

専業webライターには3つのメリットがあります。

  • 働く場所と時間が自由に選べる
  • 自分の努力次第で収入を上げられる
  • 未経験からでも始められる

webライターを始める人の中には「自由な場所と時間で働きたい!」「会社員とは違い、働いたら働いた分だけの収入が欲しい」などの考えを持った方が多いです。

あなたが同じ考えを持ち、専業webライターになりたいなら、未経験からでも始められるのでメリットが大きいです

専業webライターになる2つのデメリット

専業webライターには2つのデメリットがあります。

  • 収入が安定しない
  • 収入に限界がある

専業webライターは獲得した案件が収入に直結するため、収入が安定しづらいです

なので、単価の高い案件や継続案件を獲得するためにSEOライティングの勉強やクライアントとの円滑なコミュニケーションが必要です

また、専業webライターは、専業とはいえ人なので働ける時間が限られており、収入に限界があります

しかし、専業webライターの収入に限界を感じた場合でも、webディレクターやメディアの編集者、ブログなど、webライターのスキルや経験を活かして、収入を上げられます

専業webライターになれるか不安な場合はどうする?

専業webライターになれるか不安な場合は、ライティングスクールを受講することがおすすめです。

ライティングスクールでは、記事の書き方やSEOライティングについて学べます。

web+ Media School ライティングコースは、記事の書き方やSEOライティングをプロの添削を受けながら体系的に学べます。

また、添削を受けた記事は実績公開可能なのも魅力の一つです。(1~5記事は公開不可。)

詳しくは公式HPを確認してみてください。

webライターは専業にできる!まとめ

専業webライターについて理解できましたでしょうか?今回の記事をまとめると以下のようになります。

webライターは専業にできる!まとめ
  • webライターは専業にできる
  • 未経験でも専業webライターになれる
  • SEOライティングの勉強が必要
  • まずは副業から始める
  • 不安な人はライティングスクールで学ぶのがおすすめ

専業webライターは未経験からなれ、自由な場所と時間で働けます。ただし、専業webライターになるためには、SEOライティングのスキルが必要です。

そのため、もしあなたが専業webライターになりたいと思うのであれば、SEOライティングを勉強しましょう

SEOライティングの勉強が不安な場合はライティングスクールの受講を検討してみてください。おすすめのライティングスクールはweb+ Media School ライティングコースです。