2分でわかる。”ブランディング”と”マーケティング”の違いとは?

2分でわかる。”ブランディング”と”マーケティング”の違いとは?

スポンサーリンク

これからあなたのビジネスを拡大していくには必要な不可欠なものに”ブランディング”が挙げられます。

しかし多くの人が勘違いして”ブランディング”を認識しているようです。販売戦略を考えるマーケターでさえ「マーケティング」と「ブランディング」の明確な違いを答えることができる人は極わずかな人に限られます。

そこで今回はあなたのビジネスが何倍にも拡大する可能性を秘めたブランディングについて解説していきます。

ブランディングとマーケティングの違い

早速、ブランディングとマーケティングの違いについて解説していきます。

2分でわかる。ブランディングとマーケティングの違いとは?

ブランディングは「売れ続ける仕組み」を作る

ブランディングの定義とはなんでしょうか?

意図したブランド・イメージを消費者・顧客が抱くように戦略的にアプローチしていくこと、またはそれらのアプローチを設計すること。

とあります。

単にブランドとしての認知を図ることが目的ではありません。

製品の購買に繋がる消費者・顧客のニーズと連結する適切なブランドイメージを、消費者・顧客に抱いてもらい、自社のファンになってもらうことを目的とします。スポーツなどでファンが応援するチームの試合を何度も見に来たりするのと同じ。ファンを作ることによって何度も購買をしてもらうこと、「売れ続ける仕組み」を作るのがブランディングの目的です。

マーケティングは「売れる仕組み」を作る

マーケティングの定義とはなんでしょうか?

消費者の求めている商品・サービスを調査し、供給する商品や販売活動の方法などを決定することで、生産者から消費者への流通を円滑にする活動。

とあります。

これは消費者の求める商品をどのようにしたら伝えられるか、どのようにしたら購入してもらえるかを考えながら行います。

1番初めの「買ってもらう」という段階をクリアする。「売れる仕組み」がどのようにしたら構築できるかを考えて行うのがマーケティングです。

スポンサーリンク

ブランディングとプロモーションの違い

マーケティングとブランディングが違うことは前の章でお話ししましたが、今度はプロモーションも含めて考えてみましょう。

プロモーションは「最後の一押し」

プロモーションは、企業が割引や付加価値を与えるなどのなんらかの誘引を提供し、そうした情報を顧客に示すためのキャンペーンを実行することで、その価値を消費者・顧客が認識した時に効果を発揮する活動です。

どういうことかと言うと、商品・サービスに興味を持っている消費者・顧客を購入に至らせるための最後の一押しと言うことです。プロモーションは「販売促進」と訳されるので、お店に来ていたりWebの商品ページを訪れている人を購入に促すためになんらかの施策を講じるのがプロモーションです。

プロモーションはマーケティング寄り

プロモーションは「購入に至るように最後の一押しをする」と書いたように、どちらかと言うとマーケティング寄りです。マーケティングが「売れる仕組み」を作ると言ったように、プロモーションもそれとほとんど同じことです。

デジタル・ストラテジストの肩書きを持つロス・シモンズ氏によるとマーケティングはプロモーションなしでも存在しますが、マーケティングなしでプロモーションは存在しないと言うことができます。

ブランディングを勉強したい人にオススメの本3選

ここからはブランディングを勉強したい人にオススメの本3つを紹介していきます。

「戦略的ブランド・マネジメント」ケビン・レーン・ケラー著

ブランディング、マネジメントを勉強したい人向けのバイブルのような本です。日本ではあまり知られていないケビン・レーン・ケラーですが、フィリップ・コトラーやデイビッド・アーカーと並んでブランド論においてはかなり有名な人物の出版している本なだけあって多くのマーケティング従事者が専門書として用いるほどに権威のある本です。

「つまりこう言うことだ!ブランドの授業」阪本啓一著

経営コンサルタントである阪本啓一氏によって書かれた本です。生徒と講師の講義形式で話は進み具体例がふんだんに盛り込まれているので、「自社の製品・サービスに置き換えたら?」と考えながら読むことができたり、具体的にイメージしながら読み進められるので、非常にわかりやすい1冊です。

「事例でわかる!ブランド戦略【実践】講座」水野与志朗著

企業側の担当者として100以上のブランドに携わって来た水野与志朗氏による実践的なブランド戦略のための1冊です。これまでの著者の経験やコンサルティングとして関わったブランドの事例を数多く取り上げ、とても現実的でわかりやすい印象を受けることができます。企業で企画や戦略に関わる人にはとてもオススメで、起業をしている人もブランド戦略を考える上で参考になるはずです。

スポンサーリンク

「ブランディング」と「マーケティング」の違い / まとめ

この記事では主にブランディングを見てきました。マーケティングやプロモーションとの比較もしましたが、大きく違うことがわかっていただけたはずです。また、後半でお伝えした3つの本に関してもぜひ読んでいただき、ブランディングやブランドとは何かと言うことを更に知り、考えを深めていってください。

2分でわかる。”ブランディング”と”マーケティング”の違いとは?



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。