【実録!】ニーズリサーチの流れとリサーチする時のコツを徹底紹介

「ニーズリサーチ難しすぎ」「原文集めも深掘りも何やっていいか分からないよ…」それ誰もが最初にぶち当たる壁です。Twitterや知恵袋を使ってどんどん集めましょう!って言われても何を検索したら原文を見つけられるのか見当もつかないですよね。

今回はニーズリサーチを現役で添削している僕が、実際にニーズリサーチをする時にやっている一連の流れを書いてみました。具体的に行動ベースで書いているので、読んですぐに実践できる内容になっています。是非読んで1日でニーズリサーチ終わらせてしまいましょう!

このやり方を知らないといつまでたってもニーズリサーチが終わらず、1.2週間掛かっちゃうみたいなこともあります。ニーズリサーチをただの作業、手の運動にしたくない方はしっかりと読んでくださいね!

スポンサーリンク

ニーズリサーチを仕上げるまでの流れ

ニーズリサーチは難しくありません。コツさえ掴めば誰でも質の高い深掘りを1項目3分~5分くらいで書くことができるでしょう。「できない」と思っている人も実はやり方を知らないだけであって本当はできるんです。

今回は僕が実際にニーズリサーチをした流れと、どういうところに気を付けてリサーチ・深掘りをやっているのかについて書いていきたいと思います。ニーズリサーチをしていく場合、僕はこの流れでニーズリサーチを行っています。

  1. ニーズリサーチの原文をTwitterやヤフー知恵袋から探す
  2. リサーチした原文から悩み・わがままポイントの核を見つける
  3. 悩み不安・わがままポイントの核に主観で情報を肉付けする

文字にすると改めて簡単に見えちゃいますね。実際簡単なんですが…

ニーズリサーチの原文をTwitter・ヤフー知恵袋から探す

まず初めにやつことは悩み不安の原文集めです。そこで使われるのが「Twitter」「ヤフー知恵袋」です。僕はどちらも使いますが事業によって原文を集めやすい媒体も違うというのも理解しておきましょう。

原文集めの裏技
あなたがペルソナと連絡をとれるのであれば【TwitterのDM・親・友達・親戚・知り合いなど】
ペルソナから直接リサーチができるので、一番濃い悩み不安・わがままポイントを見つけられます。またペルソナが過去の自分であれば、「過去の自分はどんな悩み不安を持っていただろう」と想像して原文を書き出すこともできます。

悩み不安の原文集め

例:ダイエット事業

  1. まずは自分の事業でメインになってくる単語で検索 「ダイエット」など
  2. 次にペルソナの願望で検索 「痩せたい」など
  3. 最後に単語の掛け合わせで検索 「デブ・嫌だ」「太る・会社」「運動・嫌い」「食べたい・痩せたい」など
    *3番で検索するときはキーワードを絞り2単語を掛け合わせて調べます。

僕がリサーチするとき1番に考えるのは「ペルソナならどんなつぶやきをしているか」です。自分のペルソナならこういう風にツイートするだろう、知恵袋に書き込むだろう…と予測を立てて様々な方向から原文を集めていきます

わがままポイントの原文集め

例:ダイエット事業

わがままポイントを調べるには少しコツが必要です。基本的には単語の掛け合わせですが、悩み不安とは違って「わがまま」です。「痩せたい・けど」「痩せたい・でも」のように「願望+でも、けど」と検索します。また「○○したくない」などでもわがままポイントは検索できます。

リサーチした原文から悩み・わがままポイントの核を考える

原文を集め終わったら、その原文の悩み不安・わがままの「核」を考えます。
例:ダイエット事業

悩み不安

悩み不安の原文:太っていますか今日親戚のおじさんにデブっていわれショックでした。

核:親戚からデブと言われて「もしかして友達もそう思っているのか?」と不安になった。

わがままポイント

わがままポイントの原文:昔の写真漁ってて思った。 痩せたいでも目の前にあるお菓子見て思った。 食べたい。

核:痩せたいけどお菓子を食べたい
*わがままポイントの核は「○○したいけど✕✕したくない」「○○したいけど✕✕したい」の形で書くと書きやすいです。

ここでもただ書いてあることをそのまま書き写すのではなく、重要な部分を見つけ、この人にはこんな背景があるのでは?と想像しながら書くとより良い核を見つけられると思います!また悩み不安・わがままポイントの核に正解はありません。あなたが「これが大事だな」と思っているものを核にしましょう。

悩み不安・わがままポイントの核に主観で情報を肉付けする

悩み不安・わがままポイントの核を考え書き出したら後は情報の肉付けです。肉付けといってもより細かく詳しく情報を加えていくだけです。核の文章に5W1H【なぜ・なに・どうやって・いつ・だれ・どこ】を投げかけて文章を具体化していきます。

具体的な5W1Hの使い方

悩み不安の核:親戚からデブと言われて【いつ?】「もしかして友達【どんな友達?】もそう思っている【なに?どう思っている?】のか?」と不安になった【なぜ不安になった?】

ここで投げかけた5W1Hを元に深掘りをしていきます!

深掘り:親戚のおじちゃんがあった瞬間に「お前昔に比べて太ったな」と言ってきた。もしかして男子の友達や仲の良い女子の友達も言わないだけで「太ってるのは生理的に無理」「最近~ちゃん太ってる、痩せろよ」とか思っているのではないか、陰口を言われているのではないかと思った。自分の体型は維持しているつもりだったが本人が思っている以上に維持できていないのでは、と不安になった。

わがままポイントの核:痩せたい【なぜ痩せたい?】けどお菓子を食べたい

深掘り:はみ出たお腹を無くすためにダイエットや食事制限を頑張って50キロ代まで痩せたいがお菓子や夜食がどうしても食べたい、お腹が減りすぎて我慢できそうにない。

メモ
深掘りをする時は1人称で独り言のように書くと書きやすいです。また「セリフ」「気持ち」を入れるとその場のイメージ、その人がどう思っているかが詳細にイメージできるのでおススメです!

ニーズリサーチで超簡単にわがままポイントを探し出すコツ

ニーズリサーチをたくさんしていく中で「悩み不安は見つかるけど、わがままポイントが見つからない」
こういう悩みを良く聞きます。わがままポイントは調べづらく、リサーチするにも一苦労です。
しかしそれはコツを知らないからです。そのコツとは「リサーチから主観で想像する」です!

「リサーチから主観で想像する」の具体例

原文:甘い匂いは食欲が抑えられるから、ダイエットに良き! 昔バニラエッセンス手首につけるダイエット流行ったよね~

一見どこがわがまま?という感じですが、主観で想像すると下のようになりますが…

深掘り:皆がやっているダイエット方法・流行りのダイエットは自分に合っているか分からないからやりたくないけど、ダイエットは絶対成功させたいから自分の体質に合ったダイエット方法を見つけて実践したい。

このように多少無理やりではありますが、リサーチした文からわがままポイントを作ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?ニーズリサーチするときの流れはうまく掴めましたか?
大まかな流れとしては

  1. ニーズリサーチの原文をTwitterやヤフー知恵袋から探す
  2. リサーチした原文から悩み・わがままポイントの核を見つける
  3. 悩み不安・わがままポイントの核に主観で情報を肉付けする

肉付けするときは5W1Hを核に投げかけ読んでいる人が詳細までイメージできるような文章にしましょう。
伝わりやすい文章を書けるようになれば、商品の成約率リスト流入率商品満足度など様々なところに良い影響を与えてくれるので、その練習もかねてニーズリサーチを進めていきましょう!