情報販売

あなたも騙されるかも!マルチ商法(ネットワークビジネス)の仕組みと勧誘された時の対処法

「今すぐ簡単に稼げる」こんな言葉を見たりしたことはありますか?この言葉のほとんどはマルチ商法やネットワークビジネスに関係してます。

この『簡単に稼げる』という言葉につられて、少しそのサイトに興味が湧いてしまった経験をしてしまったことはないでしょうか?

この記事を読んで内容を理解することで、このような言葉を見た時に、どうすれば良いのか冷静に判断できるようになります。

ここでは、「マルチ商法(ネットワークビジネス)とはどういうものなのか知りたい、仕組みを知りたい。マルチ商法の良いところと悪いところはなんなのか」ということについて紹介します。この言葉を初めて聞く人のために、わかりやすく理解できるように簡単な言葉で紹介します。

マルチ商法とは

Multi-level-marketing(マルチ・レベル・マーケティング)通称、マルチ商法と言います。マルチ商法は会員が商品を販売しながら新規会員を誘い、会員を増やしていき商品を販売していく商法です。

この商法では、化粧品や健康食品など色々なものが売られています。また、メールなども利用して勧誘・販売を行うようになりました。

親戚、知人、友人などを引き込んで、人間関係が崩れてしまうことや商品が売れなくて赤字や借金を抱えてしまうことなど問題になっています。

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスもマルチ商法と同じ連鎖販売取引です。マルチ商法と別物だと思われがちですが、呼び方が違うだけで中身は同じです。

このようにネットワークビジネスやマルチ商法は、上にいるもの(A)が会員(B、C…)に商品を売って、得た報酬は上の方にいくので、上にいるものが得をし下のものはどんどん借金が増えていく仕組みになっています。

だからマルチ商法(ネットワークビジネス)は先に始めた者が儲かって、後から勧誘されて始めた者の大体の人は全然儲からないし、借金を背負うことになるので勧誘されても入らないことをおすすめします。

マルチ商法(ネットワークビジネス)とネズミ講の違いとは

マルチ商法は連鎖販売取引で、ネズミ講は無限連鎖講です。この二つは全くの別物です。簡単に言うと、マルチ商法合法に対して、ネズミ講違法です。

連鎖販売取引は物を普及するためにやっています。普及には口コミなどを使っています。一方、無限連鎖講はお金自体を流通させるのが目的でやっています。いわゆる「金銭配当組織」です。

ネズミ講は破綻する仕組みですが、マルチ商法はきちんと取り組めば経済活動になります。

マルチ商法(ネットワークビジネス)のメリット・デメリット

マルチ商法は悪い印象が強いかもしれませんが、良い点もあります。

メリット

  • 資本力がなくても、すぐにビジネスを始めることができる
  • 時間、場所に拘束されない
  • 在宅でできる
  • 自分のペースで行うことができる
  • 広告、宣伝費が一切かからない
  • 好きな時にやめることができる
  • ある程度、大きなネットワークができれば、権利収入を得ることができる(権利収入とは働かなくても所得を得られる仕組みを指しています。)

マルチ商法にメリットはあります。しかし、メリットがあればデメリットもあります。

デメリット

  • 誰でも始めやすいが成功者が少ない
  • 印象が良くない
  • 勧誘によっては、人間関係が悪くなる
  • 権利収入を得るまでに、かなり時間がかかる
  • 借金してしまう場合がある

このようにメリットもあれば、デメリットもたくさんあります。

ネットワークビジネスの起業により、失敗して300万の借金を背負った人もこの世にはいます。その起業に失敗して借金してしまうだけではなく、勧誘の仕方で、友人、親戚、知人の信頼が消え、人間関係が失敗します。

始めるのは簡単ですが、権利収入を得るまでに何十年もかかってしまったり、社会的信用を失ってしまうこともあるというデメリットの大きさから自分が思うにマルチ商法は時間・お金の無駄だと考えています。副業をするなら他の副業を選ぶことを強くお勧めします。

マルチ商法の勧誘の断り方

マルチ商法の勧誘の言葉は色々あります。「簡単に儲かるいい話がある」とか「お金を増やして幸せになろうよ」「俺はこれですぐに40万稼いだから、一緒にやろうよ」などといった言葉で勧誘してきます。

そういった、勧誘にどう断ればいいのか見ていきましょう。

  1. 製品や会社の質が良くても、自分には興味がないとハッキリと伝える
  2. イメージが悪い仕事はしたくないとハッキリ伝える
  3. 「もうやっている」と嘘をつく
  4. 自分の会社は副業禁止だと言う

この他にも色々断り方はあります。

「友達だから断りずらいなぁ」という気持ちは必要ありません。自分の身は自分で守ることが大事です。

商品を買ってしまった時の対処法

「マルチ商法に加入して物を買ってしまったが、お金を取り戻したい。」こういう方はクーリングオフ制度中途解約制度を使いましょう。

クーリングオフをする

クーリングオフとは一定期間契約を無条件で解約できる制度のことを言います。訪問販売などで冷静ではない状態のまま、物を買ってしまった時などに使える制度です。

訪問販売や電話勧誘販売などは契約書面を受け取った日から8日目までがクーリングオフ期間ですが、マルチ商法の場合、20日目までクーリングオフできます。

中途解約制度を使う

クーリングオフ期間を過ぎてしまっても心配は入りません。連鎖販売取引には中途解約制度というものがあります。引渡しから90日以内であれば、クーリングオフのように契約を解除できます。

中途解約制度を利用するには以下の条件が必要になります。

ア 入会後1年を経過していないこと
イ 商品の引渡しを受けた日から起算して90日を経過していないこと
ウ 商品を再販売していないこと
エ 商品を使用又は消費していないこと(商品を販売した者が使用又は消費させた場合を除く)
オ 自らの責任で商品を減失又はき損していないこと
なお、商品を返品する時の解約料の上限は、返品する商品価格の10%以内です。

引用元:中途解約権(特定商取引法)-消費生活豆知識

まとめ

今回はマルチ商法(ネットワークビジネス)のことについてご紹介しました。マルチ商法は一部の人しか儲からない仕組みですし、友達や親戚の信頼が薄れて人間関係が崩れることがほとんどです。そのようなことをやるくらいだったら、自分の本当にやりたいことを学んで、自分の理想を叶える人生を送った方が幸せです。

マルチ商法は良いこともあるだろうけど大抵はデメリットしかありません。もしマルチ商法の広告や勧誘に出会った時は、すぐに加入せずに、色んな人に相談したり、自分で調べてから加入するかしないかを冷静に考えましょう。

ABOUT ME
太田龍
20歳で事業を起こした大学生。SNSを使った恋愛相談事業や小学生向けの個別水泳指導塾を開講。現在はweb+の営業代行業、ライティング業やりながらゆるゆるTwitterで副業や事業相談乗ってます。

「ブログを始めて半年。20記事書いたのに収益が全く出ない」というあなたへ。web+からの提案があります。

10分だけお時間をいただければ、あなたがブログから毎月5万円を稼ぐためのお手伝いをさせていただきます。

詳しい内容はコチラをご確認ください。