webライターのバイトをする際に必要なスキル・仕事の探し方とは?

副業やフリーランスへの第一歩としても非常に取り組みやすいwebライターを、バイトから始めてみるというのは賢い選択肢の1つと言えるでしょう。

そこで今回は、webライターとしてバイトをするにはどのように仕事を見つければいいのかや、活動する際に身につけておきたいスキルなどをまとめました。

ちなみに、一般的な「バイト」とwebライターの「バイト」だと、「稼ぎの計算」が若干異なります。この点は非常に大きな違いなので、あらかじめ知っておいた方がよいでしょう。

バイトとしてwebライターをやるに当たっての特殊な側面も交えながら、この記事ではwebライターのバイトについて紹介していきます。

スポンサーリンク

webライターのバイトはどこでもできる!

その名の通りweb上で仕事をすることになるので、基本的にはインターネット環境さえあれば、場所を選ぶことなくどこでも仕事をすることができます。

場合によっては出社が必要になるバイトもありますが、「リモートOK」のバイトが用意されているケースも多々あります。

ですので、会社員として働きながらwebライターとして活動をスタートするというのも、可能なのです。

また、webライターをやるに当たって特別な学歴や資格は必要ありません。未経験でも簡単に始められるのがwebライターの強みでしょう。

webライターのバイトをする際に必要なスキル

では、実際にwebライターとしてバイトをする際には、どんなスキルが必要になってくるのでしょうか?学歴や資格が必要ないと先述しましたが、多少のスキルは兼ね備えておく必要があります。

とはいえ、そのスキルも難しいものではありません。誰もが身につけられて、なおかつwebライターに必須ともいえる代表的なスキルを2つ紹介します。

文章力

まず必要になってくるのは「文章力」です。当然ながら、webライターは記事・文章を書くのが仕事ですから、正しい文章を書いたり長文を書けるだけの力が必要です。

仕事の内容にもよりますが、おおよそ1記事あたりおおよそ2,000文字程度を求められるケースが多いので、求められる文章量を書き、なおかつ読者にとって読みやすい記事を書けると良いでしょう。

また、日本語として正しい文章を書いたり、誤字脱字がない文章に仕上げたりする必要もあります。総合的に見て「文章力」が必要と捉えておくと良いですね。

依頼主の意向を汲み取る力

次に、依頼主の意向を汲み取る力が必要になってきます。バイトといえども、仕事は仕事。依頼主が求めている仕事をこなす必要があります。

そのためには、依頼主が「どんな内容を欲しているのか」「どんなメッセージを読者に届けたいのか」を把握する力が必要なのです。

webライターのバイトで得られる収入

実際にwebライターとしてバイトをしていくとなった時に気になるのが、収入の仕組みですよね。

通常のアルバイトでは主に「時間給」が適用されています。例えば、「時給1,000円だから8時間労働で8,000円」といった形で、飲食店や小売業でバイトをするときはこのパターンが一般的です。

しかし、webライターは「文字単価」が収入の基準となっていることが多くあります。例えば「文字単価1円」であれば、1記事2,000文字の記事を1つ書けば2,000円が報酬としてもらえる、というケースです。

基本的にwebライターの収入は、「どれだけの時間働いたか」で決まるわけではなく、「どれだけの記事を納品したか」に左右されるとイメージしてください。

とはいえ、依頼主によっては「時間給」を設定しているケースもあるので、必ずしも文字単価が基準になった仕事しかないというわけではありません。

ライターが知っておくべき「文字単価」に関する基本知識まとめ。

2019年2月25日

webライターの案件はどうやって見つけるの?

「ここまでの内容を読んででwebライターのことはなんとなく理解できたけど、実際にどうやって仕事先を見つければいいの?」

ここまでの内容を読んできて、このように疑問を抱いたかもしれませんね。ですのでここからは、webライターとしての仕事先を見つける一般的な方法を紹介します。

その方法は、大きく分けると「クラウドソーシングサービス」と「求人サイト」を利用するケースです。

次章から、2つのクラウドソーシングサービスと、求人サイトについて紹介します。

ライターの仕事はクラウドソーシングサービスを利用して探すケースが、かなり一般的です。ですので、今回はライターに人気のクラウドソーシングサービスを2つ紹介します。

人気のクラウドソーシングサービス ①クラウドワークス

まず最初に紹介するのは、日本で最大のクラウドソーシングサービスを提供している「クラウドワークス」です。

クラウドワークスの特徴はなんといっても圧倒的な案件数です。2021年2月現在、クラウドワークスでライティングの案件を調べてみたところ60万件近くの案件がありました。

また、優良クライアントもとても多く、安心して案件を受けられるのがクラウドワークスの特徴です。

人気のクラウドソーシングサービス ②ランサーズ

次に紹介するクラウドソージングサービスは、「ランサーズ」です。ランサーズはクラウドワークスに比べると案件数は少ないですが、その分一つ一つの質が高いことから評判のサービスです。

ランサーズの特徴として、高単価の案件が多いことが挙げられます。高単価の案件ということは、執筆者に求められるレベルもそれに応じて上がるということです。

ランサーズで安定して案件を取得しようと思うと、スキルが必要になります。そのため、未経験の方はなかなか案件取得まで至らないのが現状と言えるでしょう。

「クラウドワークス」と「ランサーズ」は、基本的に「文字単価」を基準とした仕事が多くあります。

求人サイトを使ってwebライターのバイト探しも可能

続いて紹介するのは、求人サイトを使ってバイトとして採用してもらうという方法です。

アルバイト先を探す際に利用することの多い「マイナビ」や「Indeed」などの求人募集サイトをみてみると、webライターで求人募集をしているのが場合があるとわかるでしょう。

求人サイトは、先述したクラウドソーシングサービスなどと比較しても「時給」の仕事を掲載している場合が多くあります。ただ、その分「ライター経験がある人」を求める傾向にあります。

人によって1記事を納品するまでにかかる時間は異なります。例えば、同じ内容だとしても初心者が5時間かかるところを、経験者なら2~3時間で書くというケースもあるのです。

仮に8時間働いた場合、上述した条件で考えてみると初心者は1記事しか仕上げられないものの、経験者は2~4記事ほど仕上げられることになります。

となると、「成果物」は圧倒的に経験者の方が多いのに、働いた時間が同じだからということで給料が同じになる「時給」は、不公平とも言えるでしょう。

このように考えてみると、仕事を発注する側としてはライターに対して時給を発生させるのは、少し勇気がいることなんです。

webライターとして収入アップをさせたいなら

未経験でも仕事ができるのがwebライターの良いところではありますが、その一方でスキルがある人の方が高単価の案件を取りやすく、稼ぎやすいという現状もあります。

自分でも高単価の案件を取得するために、先述したスキルとは別の専門性の高いスキルを身につけておくことをオススメします。

優秀なwebライターとして活躍するためにオススメなスキルは「SEO」と「Webライティング」です。

この2つとライターという職業は非常に相性がいいので、身につけておくと大変役立ちます。高単価の案件がもらえるようになると収入の安定にもつながるので、勉強してみることをおすすめします。

webライターとしてバイトをする際の注意事項

webライターのバイトについてここまで紹介してきましたが、最後にバイトをする際の注意事項を説明していきます。

それは安すぎる案件には応募しないということです。未経験の場合、スキルがないから最初は実績作りのためにどんな安い案件でも受けなきゃと思ってしまう気持ちもわかりますが、それは間違いです。

安全性が高いクラウドソージングサービスでも中には、未経験の方の悩みにつけ込んで安い記事を大量に買い叩くことを目的に案件を流している依頼主もいるのです。

案件に応募するときは自分の中で基準を決めておいて、それ以下であればいくら実績を作るためとはいえ、応募しないようにしましょう。

webライターのバイト:まとめ

ここまで、webライターとしてバイトで働いていくことについて詳しく紹介していきました。

webライターのバイトは、誰でも未経験から始められるため、今注目の副業バイトです。クラウドソージングサービスや求人サイトを使えば案件を獲得することができます。

また、SEOやキーワード選定などのさまざまなスキルを身につけることでより高単価の案件を獲得することにも繋がってくるので、勉強しておいて損はありません。最後まで読んでいただきありがとうございました。