【働かずに稼げる!?】初心者でも作れる不労所得を紹介!

 

一切働かずしてお金が入る、不労所得ってとても魅力的ですよね。でも、ビジネス初心者が不労所得を作る方法なんてあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

不労所得とは

 

不労所得:〘名〙 働かないで得る収入。配当金、利子、地代など
(出典:https://kotobank.jp/word/%E4%B8%8D%E5%8A%B4%E6%89%80%E5%BE%97-622446)

シンプルに働かない(不労)で収入を得る(所得)ことです。もう最高ですよね。「働かざる者食うべからず」が、「働かざる者食うてOK」になります。

昔の人が聞いたら「甘えるな馬鹿たれが!」といわれるようなことかもしれませんが、今は皆さんが思っている以上に不労所得が存在しています。(ちなみに昔から地主は不労所得で稼いでますよね)

「確かに!!あれも不労所得か!」と思うようなものもあるかもしれません。この記事で、不労所得を知ってさっそく今日からコツコツと不労所得を作る為に時間を使っていけたらいいですね!

 

不労所得の例

https://pixabay.com/photos/puzzle-money-business-finance-2500328/#content

実際に、不労所得ってのはどんなものがあるのかを紹介していきます。意外と、身近なところに不労所得があるんだと気が付くと思います。

 

不動産による家賃収入

 

一人暮らしの人が毎月払う家賃は、大家さんにとって「不労所得」になっていますよね。不動産投資は色んなモノがあると思いますが、一番シンプルなのが家賃収入です。

 

自動販売機の設置場所提供

 

外に出たらたくさん見つかる自動販売機も、配置した人にお金が入っています。ほぼ放置で収益が入ってくるので、可能でさえあれば理想の不労所得だと思います。

 

ウェブサイトの広告料

 

ブログなどのGoogleアドセンス広告や、アフィリエイト広告なども不労所得になります。ブログ、サイトを作成する瞬間は労力が必要になってきます。

ですが、一度完成して世に出してしまえば寝てる時も誰かがその記事を読んで、広告をクリックしてお金が発生するってことになります。

 

書籍出版による印税

https://pixabay.com/photos/library-books-knowledge-information-1147815/#content

書籍も出版前の執筆労力は大変ですが、一度本屋さんやネット上に出してしまえばあとは放置で勝手にお金が発生します。

 

株式投資による配当金

 

一番メジャーな不労所得かと思います。ある企業の株式を保有する事で、その企業が多く利益を出した時に、配当金としてお金がもらえます。

月曜から夜更かしで有名な「桐谷さん」は株式の優待券を使って生活していますね。配当金の他にも、商品やサービスを受け取れる優待券とかもあります。

 

 

不労所得が作れるまで

 

不労所得は確実に存在しますが、もちろん簡単に手に入ることはありません。この不労所得がどのぐらいで手に入るかを考えておかないと、いざ簡単に入らなかったときにショックを受けてしまいます。

ほとんどの不労所得は、不労所得といえるようになるまではむしろ労働時間が多いです。将来の不労の為に今を頑張るものが多いです。始めればすぐに不労所得ということは少ないので注意しましょう。

 

初心者におすすめの不労所得①ブログ、アフィリエイトの広告料

スマホかパソコンさえあれば、だれでも始められるのがブログ、アフィリエイトの広告料による不労所得です。ブログ、ネット記事も僕たちが寝ている時間に寝ているなんてことはありませんよね。

僕たちが寝ていても、誰かがそのサイトを訪問してその広告から商品を購入したら、報酬として何%かのお金を頂くことができます。

そのブログ、サイトを作った人は寝ているときにお金が発生してるっていうのは、まさに不労所得状態です。実際、一度構築できれば基本的には半永久的に24時間自分の代わりにお金を生み出してくれます。

ブログ自体も有料でも、無料でも始める事ができます。文章を書くというのは、何か特別なスキルはいりませんから初心者に最もお勧めできる不労所得の作り方になりますね。

 

初心者におすすめの不労所得②Youtubeの広告料

https://pixabay.com/photos/youtube-laptop-notebook-online-1158693/#content

広告を貼って、その広告料としてお金を頂くという点ではブログ、アフィリエイトとほぼ同じです。Youtubeは記事、ライティングではなく動画であるという点が大きな違いですね。

多くのYoutuberがこの広告料で大金を稼いでいます。彼らが一度撮った動画は、彼らが寝てる間も、新しい動画を撮影してアップロードしてる時もお金を生み出してくれます。

とても多くのYoutuberが誕生していますが、まだまだ活躍可能な領域はありますライバルのいないジャンルで価値のある動画を作り出すことができれば、初心者でも簡単に不労所得を作り出せるかもしれません。

ブログ同様、パソコンと動画撮影機材さえ手に入ればだれでも挑戦可能です。まず何かやってみたい人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

初心者におすすめの不労所得③株式配当

 

株式配当は昔、昔からある制度ですね。ブログ、Youtubeができる前より存在する不労所得です。簡単にいえば、会社にお金を提供して、儲かった見返りにお金をもらったり、何かサービスを受けたりすることです。

実際に、働いているのはその会社ですからもしお金を投資して、その会社が儲かって配当金(儲かったお礼にもらえるお金。利益の分配)がもらえたら、それは働かずしてもらったことになりますね。

儲かりそうな会社、伸びそうな会社を見極める時間、思考を抜きにして考えたら最も不労所得らしい不労所得かもしれないですね。

ただ、お金のない人がなけなしの小さなお金を投資してもリターンは小さいですから、それなりにお金を持っている社会人の人にお勧めな不労所得になります。

 

初心者におすすめの不労所得④不動産

不動産の不労所得というのは大家さんのことですね。主に家賃収入です。アパートを手に入れて、入居者を募れば彼らから毎月家賃収入が得られます。

普通に生活しているだけで、毎月入居者からお金がもらえるのでまさに不労所得ですね。ただ、そのアパートを綺麗に保ったり入居者からちゃんと家賃を受け取ったりっていう管理が必要にはなってきます。

これまで紹介した中でも一番初期費用が掛かるので、借金してまでも挑戦するのはお勧めできません。田舎の安いボロボロな不動産を安く購入し、自費で綺麗にして家賃収入を得るっていうやり方もあったりします。

 

初心者におすすめの不労所得⑤印税

 

最後は、印税です。最近売れに売れていた鬼滅の刃や呪術廻戦、そして世界で最も売れている漫画ワンピースなど、これらを生み出した作者には大量の印税が入ります。

書いてるときは締め切りに追われてしんどいとは思いますが、一度出版して売れてしまえばあとは寝てても地球の裏側で翻訳されて売られてたりもするので、まさに不労所得になります。

ただ、売れるものを作るのはそう簡単ではありません。お金欲しさ、不労所得欲しさに挑戦する世界ではないかもしれません。ですが、もし漫画や文章に自信があるのなら、一度挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

初心者が不労所得を作る際の注意点

https://pixabay.com/photos/calculator-calculation-insurance-385506/#content

ここまで魅力的な不労所得を紹介してきましたが、不労所得を作ることに関して注意点が二つあります。一つは「税金」です。

不労所得も立派な所得ですので、それには税金が発生します。年間20万円以上を超えると確定申告が必要になってくるので注意してください。

二つ目は「詐欺、悪質な勧誘」に要注意です。不労所得というと、お金が欲しい人は大量に集まってきます。それを狙って彼らを餌にする詐欺師などが集まってきます。

彼らは甘い話を持ち掛けてきますが、前述した通り不労所得といえどそれを構築するまでは骨が折れます。なので、「楽に稼げるよ」といった甘い罠には絶対に引っかからないようにしてください。

 

まとめ

 

今回は不労所得について解説しました。寝てる間も自分の代わりに、お金を稼いでくれるという魅力的な不労所得。ですが、その構築はそう簡単ではありません。

とはいっても、初心者には不可能というわけでもありません。まずはやってみない限りは始まりません。全然稼げないからといって諦めるのではなく、根気強く頭を使ってコツコツと努力してみてください!!

不労所得は、不労で手に入る所得といえるレベルまでに達するには時間がかかります。なので本業をやりつつ、スキマ時間で毎日コツコツやっていくといつか必ず結果がでます。頑張りましょう!

 


ABOUTこの記事をかいた人

hidechin

ひでちんです。ブロガー⇒習慣化系事業立ち上げ。お客さんを相手に毎日細々と暮らしています。時々、相談乗ったり、ビジネス・ブログのアドバイス、執筆やらをしてます。Twitterはゆるゆる。夢は北欧移住。