リード文の書き方を4つのポイントで解説&今すぐ使えるテンプレートも紹介!

あなたは「リード文にどんなことを書けばいいのか分からず、気がついたら1時間が経っていた」といった経験はないでしょうか?

昨今の記事では、リード文があることが当たり前になっています。しかし、リード文の具体的な書き方については意外と語られていません。これではどうやってリード文を書けばいいのかが分からないのも当然ですよね。

そこでこの記事では、『リード文を書く際の4つのポイント』や、誰でもすぐに真似できる『リード文の作成テンプレート』をご紹介します。

今回の記事で紹介している内容を押さえることで、今まで以上に多くの読者に記事を最後まで読んでもらえるようになります。記事のアクセス数もグッと伸びることでしょう。

最後まで記事を読んでもらうという点において、リード文は非常に大切なので、ぜひ最後までこの記事を読んでリード文の書き方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

リード文とは?

リード文とは

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97-%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E6%89%8B-820274/#

リード文とは、記事の冒頭にある文章のことを言います。リード文では、その記事の概要や誰に向けて書いた記事なのか、記事を読むメリットなどが書かれていることが多いです。

例えば、この記事では以下の内容がリード文となっています。

あなたは「リード文にどんなことを書けばいいのか分からず、気がついたら1時間が経っていた」といった経験はないでしょうか?

昨今の記事では、リード文があることが当たり前になっています。しかし、リード文の具体的な書き方については意外と語られていません。これではどうやってリード文を書けばいいのかが分からないのも当然ですよね。

そこでこの記事では、『リード文を書く際の4つのポイント』や、誰でもすぐに真似できる『リード文の作成テンプレート』をご紹介します。

今回の記事で紹介している内容を押さえることで、今まで以上に多くの読者に記事を最後まで読んでもらえるようになります。記事のアクセス数もグッと伸びることでしょう。

最後まで記事を読んでもらうという点において、リード文は非常に大切なので、ぜひ最後までこの記事を読んでリード文の書き方をマスターしましょう。

本記事のリード文より

いきなり本題に入るのではなく、最初にリード文を提示することで、読者により興味を持ってもらった状態で記事を読んでもらうことができます。

スポンサーリンク

リード文は読者を本文に誘導することが目的

リード文 本文への誘導

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA-%E5%A3%81-%E7%9F%B3-%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%A8%99%E8%AD%98-468074/

リード文の”リード”を英語で書くと、Lead(=導く)となります。つまり、読者を記事本文に誘導するのが、リード文の役割なのです。

Webの記事を読む読者は、ページを開いて数秒でその記事を読むかどうかを判断すると言われています。

つまり、記事を最後まで読んでもらいたければ、読者が最初に目にするリード文は特に念入りに作る必要があるのです。

良いリード文とは、読者が思わず記事本文を読みたくなるような文章のことを言います。まずはこの本質をしっかり覚えておいてください。

リード文では万人ウケを狙わないことが大切

リード文 万人ウケ 狙わない

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E5%BA%83%E5%91%8A-3460039/

先ほど、『良いリード文とは読者が思わず記事本文を読みたくなるような文章のこと』とお伝えしました。

しかし、必ずしも全ての読者に記事本文を読んでもらう必要はありません。『記事のターゲット層となる読者にさえ記事本文を読んでもらえればOK』なのです。

例えば、この記事では「リード文の書き方がわからない」という人に向けて記事を書いています。よって、「リード文の書き方には困っていない」という人には記事を読んでもらう必要はないわけです。

リード文は全ての人に記事を読んでもらうためのものではありません。『記事を読んで欲しい読者を離脱させないため』にリード文があるのです。

ここまでのまとめ
  • リード文の目的は、読者を記事本文に誘導すること。
  • ただし、全ての読者を記事本文に誘導する必要はない。大事なのは、記事を読んで欲しい読者を離脱させないこと。
スポンサーリンク

リード文を書く際の4つのポイント

リード文 4つのポイント

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%BB%E7%90%83-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88-%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%AF-2692247/

ここからはリード文を書く際の4つのポイントをご紹介します。今後リード文を書くときは、必ず以下の4つのポイントを意識してください。

リード文の4つのポイント
  1. 誰に向けた記事なのかをはっきりさせる
  2. 記事の内容を簡単にまとめる
  3. 何を解決するのかを明確にする
  4. 読者に寄り添い、共感する

この4つのポイントさえ押さえれば、あなたも今すぐに読者を記事本文に誘導するリード文が書けるようになります。

とはいえ、ポイントを羅列しただけだと、具体的にどうやってリード文を書けばいいか分からないと思うので、それぞれのポイントについて詳しく解説しますね。

リード文のポイント① 誰に向けた記事なのかをはっきりさせる

リード文を書く際は、『誰に向けた記事なのかをはっきりさせる』ことが大切です。

例えば、この記事は『リード文をどうやって書けばいいのかよく分からない』という人がターゲットです。そこで本記事では、以下のようなリード文を作りました。

あなたは「リード文にどんなことを書けばいいのか分からず、気がついたら1時間が経っていた」といった経験はないでしょうか?

本記事のリード文より

この一文を入れることによって、リード文の書き方に困っていた人が「この記事は自分のための記事だ!絶対に読もう!」と思ってくれるようになるのです。

リード文を書く際は、ターゲットとなる読者層を確実に記事本文に誘導するためにも、誰に向けた記事なのかを明記しましょう。

リード文のポイント② 記事の内容を簡単にまとめる

リード文を書く際は、記事の内容を簡単にまとめください。記事の内容をまとめることで「この記事にはどんな内容が書いてあるのか」を読者が把握できるようになります。

例えば、以下の2つの例文を見比べてみてください。

  • 例文1)この記事ではリード文についてご紹介します。
  • 例文2)この記事では、記事にリード文を入れなければいけない理由や、リード文の具体的な書き方についてご紹介します。

この2つの例文を見比べた時に、おそらく例2の方が「具体的で詳しい内容が書いてありそう」と思ったのではないでしょうか?

また、記事の内容を簡単にまとめておくことで、読者が頭の中を整理するのに役立ったり、自分に必要な内容かどうかを判断できるようになります。

つまり、記事の内容をまとめた方が、より読者の興味を引きつけることができるのです。

リード文のポイント③ 何が解決するのかを明確にする

読者が記事を読む理由は、『なんらかの問題を解決したいから』です。つまり読者は、記事に『問題の解決策』を求めているのです。

読者のニーズの例
  • リード文の書き方の記事を読む→リード文の書き方を知りたい
  • ダイエット法の記事を読む→(楽して簡単に)痩せたい
  • ワードプレスの使い方の記事を読む→ワードプレスを使いたい

よってリード文では、記事を読む事で『何の問題が解決するのか』をしっかりと明記する必要があるのです。

さらに、その問題を解決することでどんな未来が待っているのかまで示すことができれば、読者はワクワクして記事本文を読まずにはいられなくなるでしょう。

リード文のポイント④ 読者に寄り添い、共感する

読者は記事に、問題の解決策を求めているという話をしました。しかし一方で、読者は「自分の気持ちをわかって欲しい」と思ってもいるのです。

例えば、以下の2つの例文を読み比べてみてください。

例文1

この記事ではリード文の書き方について解説します。とはいえ、リード文の書き方くらい、自分で身につけられないようではライターとしてやっていくのは難しいですよ。

自分でろくに調べもせずに、この記事を読んでいる時点でセンスがないですが、そんなあなたでも理解できるように解説するので、絶対に最後まで記事を読んでください。

例文2

この記事ではリード文の書き方について解説します。実は僕も、ライターを始めたばかりの頃は、リード文の書き方がよくわからずに苦労したことがあるんです。

リード文って記事の冒頭のちょっとした文章なのに、いざ書こうとすると結構難しいですよね。

でも大丈夫です。ライター初心者でもしっかりとしたリード文が書ける方法をこの記事で分かりやすく紹介していきます。最初は少し大変かもしれませんが、ぜひ僕と一緒にリード文の書き方を学んでいきましょう。

どちらも『リード文の書き方を分かりやすく解説する』という内容ですが、例文1と例文2で記事の印象がかなり違いますよね。この違いは、共感があるかないかによるものです。

記事を書くにあたって、確かに解決策の提示も大切ですが、それ以上に相手の悩みに共感するという姿勢が大切です。

リード文の書き方をテンプレートで紹介

リード文 テンプレート

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%AE%E3%82%A2-%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB-2125169/

ここまでは、リード文を書く際の4つのポイントをご紹介しました。次にこれらのポイントを踏まえた具体的なリード文の書き方をテンプレート形式でご紹介します。

今から紹介するリード文のテンプレートを使うと、読者の興味を引くリード文を短時間で書けるようになりますよ。

特に『リード文を書くのが苦手…』という人は、ぜひ今回紹介するリード文のテンプレートを使ってみてください。

1、問題提起

読者が記事を読む理由は、『何らかの問題を解決したいから』です。つまり、読者は記事を読んでいる時点で、『何らかの問題を抱えている』のです。

そこでまず最初に、読者が抱えている問題に触れて、読者の興味を引いてください。この記事のリード文では、以下の部分が『問題提起』に当たります。

あなたは「リード文にどんなことを書けばいいのか分からず、気がついたら1時間が経っていた」といった経験はないでしょうか?

読者が抱えている問題・悩みに焦点を当てることで、相手に「ちょうど悩んでいた内容だ!せっかくだし、もう少し記事を読み進めてみよう」と思ってもらうことができます。

問題提起は言い換えると、「このような悩みを持っている人に向けた記事ですよ」と伝える内容なので、前述したリード文のポイント①『誰に向けた記事なのかを明確にする』に当たります。

2、共感

続いて、最初に提示した問題・悩みへの共感を入れましょう。読者の悩みに共感することで一気に読者との心の距離が縮まり、信頼感が生まれます。

相手に共感するという点は、リード文のポイント④『読者に寄り添い、共感する』そのものですね。この記事のリード文では、以下の部分が『共感』に当たります。

昨今の記事では、リード文があることが当たり前になっています。しかし、リード文の具体的な書き方については意外と語られていません。これではどうやってリード文を書けばいいのかが分からないのも当然ですよね。

相手に話を聞いてもらいたければ、まずは自分が相手の話を聞いてあげる必要があります。そのための信頼関係を生み出すのが『共感』です。

リード文を書く際は理論や根拠だけではなく、相手の感情も考えて文章を書くように意識しましょう。

3、解決策の暗示

続いて、相手が抱えている問題に対して、解決策があるということを伝えます。この記事のリード文では、以下の部分が『解決策の暗示』に当たります。

そこでこの記事では、『リード文を書く際の4つのポイント』や、誰でもすぐに真似できる『リード文の作成テンプレート』をご紹介します。

ただし、ここで解決策そのものを言ってしまうと、読者が記事本文を読む理由がなくなってしまうので、あくまで暗示(=解決策があるよ)にとどめることが大切です。

解決策の暗示は、リード文のポイント②『記事の内容を簡単にまとめる』と、ポイント③『何を解決するのかを明確にする』に該当します。

4、興味づけ

次に、この記事を読むことでどのような未来が手に入るのかを示します。つまり、問題を解決した後にどんな結果が待っているのかを伝えるのです。

例えば、この記事のリード文では、以下の部分が『興味づけ』に当たります。

今回の記事で紹介している内容を押さえることで、今まで以上に多くの読者に記事を最後まで読んでもらえるようになります。記事のアクセス数もグッと伸びることでしょう。

読者は何らかの問題を解決したいと思っていますが、実はその先に何らかの得たい結果があるはずです。

問題を解決した後に求める結果の例

リード文の書き方を知りたい

→記事を最後まで読んでくれる人を増やしたい

→ブログのアクセス数を増やしたい。など

よって問題の解決だけではなく、問題解決後の未来まで明記することで、読者はより記事本文に興味を持つようになるのです。

この興味づけは、リード文のポイント③『何を解決するのかを明確にする』の一部(=未来を示す)に該当すると言えるでしょう。

5、行動を促す

リード文の最後は必ず『明確に行動を促す一文』を入れてください。なぜなら『読者は指示がないと動こうとしない』からです。

リード文の目的は『読者を記事本文に誘導すること』でしたよね。つまり、この目的を達成するためには『記事本文を読んでください。』という一文を書いて、はっきりと行動を促す必要があるのです。

この記事のリード文では、以下の部分が『行動を促す』に当たります。

最後まで記事を読んでもらうという点において、リード文は非常に大切なので、ぜひ最後までこの記事を読んでリード文の書き方をマスターしましょう。

もちろん、わざわざ行動を促す一文を書かなくても、ちゃんと記事本文を読んでくれる人もいます。しかし、行動を促す一文が無いせいで、ページを閉じてしまう人も一定数いるのです。

どうせなら出来るだけ多くの人に記事本文を読んでもらいたいですよね。読者の取りこぼしを最小限にするためにも、絶対に『行動を促す一文』を入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

最後まで記事を読みたくなるリード文の書き方 まとめ

今回は、記事を書く際に絶対に知っておくべき『リード文のポイント』『リード文のテンプレート』についてご紹介しました。

残念ながら「リード文は文字数も少ないし、適当に書いておけばいい」と考えている人が一定数います。しかしリード文は、記事の本文以上に気を使って書かなければいけない部分なのです。

なぜならリード文が適当だと、せっかく頑張って書いた記事自体が全く読まれない(=本文の前に離脱される)からです。

なので是非この記事をブックマークしておき、リード文を書く際はこの記事で紹介したリード文のポイントやテンプレートを見返して活用してみてください。

リード文 アイキャッチ



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。