YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IFTTTというものを知っていますか?これは、SNS連携アプリケーションみたいなものですが、このIFTTTを使うだけで、普段やっていた作業の大半を省略できます。

時間を損することなく、いろんな仕事ができるのでオススメです。



IFTTTを使えばシェアが楽になる

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

IFTTTは、YoutubeやFacebook、Twitterを含めて様々なSNSをお互いに連携させてくれるアプリケーションを手軽につくれるツールです。もちろん無料です。

昔、Yahooが提供していたMythingsというアプリの強化版みたいなものです。実際に使ってみましょう。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

まずは、Sign upしましょう。Googleのアカウント連携で僕は登録しました。

今のところ、変な投稿をされたりもしないので、大丈夫でしょう!むしろ、Googleと連携させるとYoutubeなどがデフォルトで自分のアカウントが設定されるので助かります。

TwitterのつぶやきをFacebookに連携する

例えば、Twitterのつぶやきを自動的にFacebookに連携したいと思ったとします。そんな時は

1.My Appletsを押します。

まずは上に表記のあるMy Appletsをクリックします。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

2.New Appletsを押します。

次は、New Appletという黒背景のボタンを押します。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

3.thisで、「Twitter」を選びます。

+this という表記が青くなっているので、そこをクリックします。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

その後、Twitterのアイコンがあると思うので、Twitterを選びます。

4.New tweet by you を選び、create triggerを選びます

New tweet by you(あなたの新しいツイート)を選びます。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

その後、create triggerを選択します。

5.次のthisでfacebookを選びます

次の選択で、facebookを選びます。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

6.create status messageを選びます

create status message(投稿)を選びます。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

7.Add ingredientsから、入れたい要素を入れていきます。

最後に投稿内容のフォーマットを決められます。ここでは、Add ingredientsを使うことで、スムーズに終わります。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

Youtubeの投稿をTwitterに連携する

同様にして、Youtubeの投稿をTwitterに連携することも出来ます。

新着動画が合った際に、自動でTwitterに連携してくれます。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

このページはMy Appletsで確認できます。Onを切り替えてOffにすると、そのトリガーをオフにできます。

Twitterの投稿を検索して、Discordなどに通知する(技術ある人向け)

エンジニアの知識がある人は、Slackやdiscordなどのwebhookとの連携も可能です。My Appletsの選択時に通知先を選ぶ時(2回目のthis)で、webhookを検索して下さい。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

ここで、通知させたい先のアプリケーションにあった方式で指定します。

例えば、postかgetか、jsonかtextか、などかです。

1例として、僕のdiscord用の通知スタイルを貼っておきます。discordに通知したい方はお使い下さい。

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

YoutubeやSNSを利用する人は、上手くIFTTTを活用した方がいい

URLは偽物を貼っていますので、不正利用はできません。

このように

{

“content”:”~~~”

}

とすれば、discordでも普通に通知してくれます。

まとめ

少人数や1人でSNSの更新などを行っていると、どうしても手が回りきらない時が存在します。

そんな時は、こういうIFTTTのようなツールの力を借りて、作業をどんどん効率化していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加