Googleのアップデート!スニペットの文字数増加がもたらすSEO対策への影響とは

Googleのアップデート!スニペットの文字数増加がもたらすSEO対策への影響とは

スポンサーリンク

今回は、昨年2017年12月にGoogleが発表した「スニペット表示が160文字から250文字以上に増加する」という内容に関して、SEO対策にどのような影響を与えるのかについて触れていきます。

そもそもスニペットとは

そもそもスニペットとは、SERP(検索結果ページ)で各検索結果の項目に表示される説明文のことです。

Googleのアップデート!スニペットの文字数増加がもたらすSEO対策への影響とは

(例えばこの写真の赤枠の中)

スニペットの設定はウェブサイトのmeta descriptionタグを設定することで変更できるようになっています。

スポンサーリンク

Googleのアップデート。スニペットの文字が増える

そのスニペットの文字数が増えるということをGoogleが発表しました。

標準的なオーガニック検索のテキストスニペットに表示される文章の適切な長さを公式に変更した

と。

この発表前までは基本的には165文字以下でした。そのため、165文字に収まらない場合には省略記号を用いて終わらせるというケースだったのですが、それを全て表示できるように改定がなされたようです。

スニペットの文字が増えることで変化するオーガニック検索

このスニペットの文字が増えることで、先ほども記したように今まで省略記号で終わっていたところが表示されるようになりました。そのため、今までは

ネットの中立性とは、AT&T、コムキャスト、ベライゾンなどのインターネットサービスプロバイダに対して適用する基本原則で禁じている行為には、接続速度を上げ下げすること、コンテンツや…….

で終わっていた部分が、そのあとの

…….アプリケーション、ウェブサイトを遮断したりすることなどがある。ネット中立性は、インターネットが常にうまく機能する状態にするための手段である。

ここまで表示されるようになったのです。

以前までのように途中で切れた状態だと、最後までスニペットを読みたくても読めないので、サイトに訪れないと読むことができませんでした。そうしなければ自分が知りたいと思って調べたことを詳しく知ることができないのです。

しかし、スニペットが長くなったことでスニペットを全て表示できるようになるため、中には(100%ではないが)スニペットだけで自分が調べたかったことを知ることができるようになるのです。

スポンサーリンク

GoogleアップデートがSEO対策に及ぼす影響は?

今回の改定がSEO対策にどのような変化をもたらすのでしょうか。

①マーケターによるmeta descriptionタグの記述及び最適化の変化

スニペットに表示できる文字数が増えるため、書き方が少し変わることになります。「ユーザーにクリックを促すのがマーケターの仕事」であるように、多くのユーザーにとって価値のあるサイトにする必要があります。サイトをクリックする前にユーザーが価値を感じることができる唯一のポイントがこのスニペット。このスニペットの内容で答えを提供するために、非常に誠実な姿勢が必要となります。

それによって、Googleが検索順位を上げてくれるというチャンスが生まれます。スニペットだけで解決するのであれば、クリックをするユーザーが減るかもしれませんが、それでもかなり重要です。

②クリックしてもらう確率が変動する

複雑ではないクエリ、シンプルなクエリほどスニペットだけで答えが完結してしまう場合があるので、クリック数が減るという可能性が出てきます。その一方で、一部の複雑なクエリの場合、250文字程度では説明が終わらない場合もあります。そうなるとクリックしてもらえる可能性が高くなります。

このようなクリックに関しての影響も考えられます。

③下位の順位のサイトほどクリックしてもらえなくなる

SEO対策を行う上で、とにかく上位に表示させるのはマストです。ですがそんなにいきなり順位が上がることはまずありません。SERPで1番上に出てくるサイトが最も見られるのは周知の事実です。そしてそれよりも順位が低い(ページ下部)場合にはクリックされる可能性も低くなります。

そして今回スニペットが長くなることで、今まで1ページに3つの検索結果が表示されていたところが、2つまでしか表示されなくなっているかもしれません。ということは、それよりも下位のページはより見られる可能性が低くなるのです。

SEOへの影響を考えてやったほうがいいこと

まずやることは各ページの確認・改修の優先順位リストを作ることです。このスニペットが関係してくるのはオーガニック検索なので、オーガニック検索でよくアクセスを獲得しているページの優先順位は高くなります。そのページのmeta descriptionの設定を変更しましょう。だいたい250~300文字程度が基準です。

スポンサーリンク

まとめ:Googleアップデートに対応したスニペットを設定すべし。

今回のスニペットの文字数が増えることがSEOに与える影響は少なからずあります。

スニペットの表示される文字数が増えたことに合わせて、あなたのサイトやブログのコンテンツのmeta descriptionを見直してみてください。

Googleのアップデート!スニペットの文字数増加がもたらすSEO対策への影響とは



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。