なぜあの人は、新しい仕事に積極的に挑戦できるのか?

なぜあの人は、新しい仕事に積極的に挑戦できるのか?

ビジネスをしていると、たまに自分の能力を超えるような仕事が舞い込んでくることがあります。そのような仕事が回ってきたとき、あなたはすぐに「やります!」と自信を持って言えるでしょうか?

残念ながら、このように新しい仕事に果敢に挑戦していける人は多くないでしょう。多くの人は、「本当に自分にこの仕事ができるのだろうか」と不安に思うはずです。

ですが、これではせっかくのチャンスや自分を成長させる機会をみすみす見逃すことになってしまいます。そこで今回は、”できない”を”自分なら絶対にできる!”に変える、行動力を高める思考法をご紹介します。

この思考法を知ることは、もしも今の自分に”行動力が欠けているな”と感じる人にとって、人生を大きく変えるヒントとなるでしょう。

”できない”が口癖なのは当たり前

パズル 難易度

一般的に「できない」と口にする人は、ビジネスマンとして能力が低いという評価を与えられる傾向にあります。

しかし、人はそもそも危険を極力排除して、現状維持を好むという特性を持っているのですから、新しいことへの挑戦を拒むのはごく自然なことなのです。

一方で、大きなリスクのあることにも、積極的に挑戦を続ける人がいるのも事実です。

リスクを恐れて現状維持を選択する人と、果敢にチャレンジを続けて失敗しながらも多くの利益を手に入れる人には、一体どのような差があるのでしょうか?

”できない”を”やってみる”に変えるたった1つの思考法

不可能 可能

先に結論から言うと、何事にもチャレンジする人とリスクを恐れて行動しない人の最も決定的な違いは、「前提が違う」という点にあります。

例えば、自分にとって未知の仕事を任された場合、行動できない人の大半は「できない理由」を真っ先に考え始めます。

自分が初めて挑戦するような仕事を”できない理由”はいくらでも考えられるでしょう。経験がない、能力が足りないかもしれない、リスクが高すぎる、結果が予測できない、などなど。

このような状態では、ネガティブな条件だけに目が向いてしまうので、挑戦することのリスクが高すぎるような錯覚に陥ってしまいます。

チャレンジする人は”やる前提”で考える

一方で、何事にも果敢に挑戦する人は、どんなに新しいことでも「とりあえずやってみる」という考えから出発しているのです。

やるかやらないかという選択で迷うことなく、「やる前提」で話を進めるので、思考は必然的に「どうやったらこの仕事がうまくいくだろうか」を考えるようになります。

すると、こんな方法でやるといいかもしれない!といった実践的なアイデアがどんどん思い浮かぶので、結果的に「自分にも出来る!」という意欲が湧いてくるのです。

やる理由、やらない理由

いろんなところで言われていることですが、結局のところ、「できない」と思えばできない理由を、「出来る」と思えば出来る理由を人は勝手に探し始めるものなのです。

もちろん、あまりにもハイリスクなものに関しては、時に「できない」という判断を下すことも大切になるでしょう。

しかし、私たちはリスクを恐れるあまり、頑張れば出来ることすら「できない」と決めつけていることが非常に多いことは知っておくべきではないでしょうか?

いきなり、やるやらないで判断に迷うのではなく、「とりあえずやってみる」という積極性を持つことで、自分自身のレベルアップにつながる成長も加速することができるでしょう。

行動力を高めるHOW思考を活用する

やり方 方法 HOW

新しい仕事にどんどんチャレンジする人の思考は、「HOW思考」と呼ぶのがわかりやすいでしょう。

つまり、WHY(なぜやるのか)や、WHAT(何をやるのか)ではなく、HOW(どのようにやるか)を考えることが、新しいことにどんどん挑戦し、自分のスキルや能力を高める人の特徴です。

時代がどんどん成長を続けている現代において、現状維持に甘んじることは相対的な「後退」を意味します。ぜひ、HOW思考で新しいことに積極的に挑戦し、自分のレベルを高めていきましょう。

あなたの能力は決して低くはないはずです。あと、ほんの少しの勇気さえあれば、あなたのできることは劇的に増えていくのは間違いありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です