ライターは未経験だから”こそ”伸びる!稼ぐ人の3つの共通点も公開

ライター
ライター未経験だけど、仕事はできるものなの?あと、ライターは稼げないってよく聞くけど、実際のところはどうなのか、稼ぐライターになるためにはどうすればいいのか教えて欲しい!

上記の悩みを抱えている人にとって、この記事はぴったりの内容となっています。

未経験ながらライターに挑戦しようとしているあなたのために、ライター歴3年以上の僕が、稼ぐためのコツなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

未経験でもライターは務まる

まず初めに言ってしまうと、未経験であってもライターは務まります。

Webライターの仕事は、国家資格でもなんでもないですし、公認の試験などもないので、「ライターです。」と名乗れば、その時点であなたはライターになれるのです。特別な資格も必要ありません。

しかも、ライター経験が全くない人向けの仕事も用意されているため、経験がないからと言って不安になる必要はありませんよ。

スポンサーリンク

「ライター未経験」と言う強み

ちなみにですが、僕自身は「ライター未経験」は大きな強みであると思っています。と言うのも、自分でブログを書いたり今までに記事を書いていたわけではないので、「変なプライド」がないんです。

勉強すれば勉強したことがどんどんと吸収されていきますし、ライターとしての力の成長も早いでしょう。

もちろん経験があっても学んだ内容を吸収することは可能ですが、「ここは俺のやり方があるから」などと言った変なプライドを持っていると厄介です。

「ライター未経験」であると言うのは、大きな強みの1つだと認識しておいてください。

未経験のライターは何から始めるべき?

ではここから、実際に未経験のライターが何から始めるべきなのかを紹介していきます。

最初にすることは「勉強」・・・ではありません。多くの未経験・初心者ライターがやってしまいがちなのですが、独学で「勉強」をすることはおすすめできません。

なぜ勉強するのがおすすめできないのか、その理由は以下の記事で紹介しています。

ライターとしてスタートすることを決めたら、勉強をするのではなく実際に仕事を請け負ってみましょう。ライティングは、実際に体験した方が学べること・感じることが多くあります。

ライター
でも、ライター未経験だし、こんな自分が仕事をしていいのかな。そもそも仕事を任せてもらえないかもしれない。

もしかしたら多くのライターが、仕事を取った方がいいと言われるとこのように感じるかもしれません。しかし、実際に仕事をしないとお金を稼ぐことはできないですし、「ライター未経験」を脱することはできませんよ。

未経験者向けの仕事もクラウドソーシングサイトには、たくさん掲載されています。まずは仕事を探してみてください。

スポンサーリンク

初月で5万円を稼ぐのは一握りのライターだけ

「お金を稼ぐため」「副業として」ライターを選んだ人もいることでしょう。ここまでの内容を読んでくれたあなたはライターは未経験でも務まることがわかりましたし、仕事を取ることも可能だとわかりました。

ただ、事実を述べておくといきなり稼ぐライターになることは不可能です。「初月5万円」を稼ぐライターは、ごくごく一部、一握りの人間だけだと言う認識を持っておいてください。

少し言葉は厳しいのですが、初めのうちは稼げません。コツを掴んでくると、早い人で3~6ヶ月後から徐々にお金を稼げるようになっていきますので、まずは3~6ヶ月の間ライターとして頑張ってみてください。

すると、記事を書くスピードも早くなり1記事あたりの報酬も高くなるので、結果的に稼げるお金の額も増えていきますよ。

「ライターが稼げない」と言われている理由

僕は3年以上Webライターの業界にいるのですが、今でも「ライターは稼げない」と言われています。前章でもお伝えしましたが、確かにライターを初めたばかりの頃は思ったよりも稼ぐことができません。

しかし、慣れてくればライターは自分で毎月の収入をコントロールすることができるので、頑張れば頑張った分だけ稼ぐこともできるのです。

それなのになぜ「ライターは稼げない」と言われているのでしょうか。その理由はたった1つです。

稼げるようになるまで続けていないから。

前章で「3~6ヶ月頑張れば稼げる金額も増えていく」と言う旨の話をしましたが、「稼げない」と言っているライターの多くはライター1ヶ月目・2ヶ月目で諦めて辞めていきます。

3年以上ライターを続けている僕からすると、ライターは誰にでもチャンスのある仕事だと感じています。諦めない限り、自分が頑張った分だけお金を稼ぐことのできる仕事なのです。

「稼げないならライターは辞めよう」と思っていた人も、諦めずに3ヶ月頑張ってみてください。

3ヶ月頑張ってある程度稼げるようになれば、それから先はライターを続ける限りお金を稼ぎ続けることができますよ。

スポンサーリンク

覚えておきたい稼ぐライターの3つの共通点

前章にて「稼げないライターは諦めている人」だとお伝えしました。要は、稼ぐライターは諦めずに続けている人であるとわかりましたね。

実際のところ、稼ぐライターはそのほかにもいくつか要素を持ち合わせています。稼ぐライターの共通点を3つ紹介します。

SEOに関する知識をしっかりと持っている

1つ目の共通点として挙げられるのは「SEOに関する知識をしっかりと持っている」と言うことです。

ライター未経験の人であれば、ほとんどの人がそもそも「SEO」が何かわからない人もいるかもしれませんね。

後ほど「特にSEOに関する知識は必須」と言う見出しにて詳しく紹介しますので、そちらも併せてご覧ください。

文字単価が高い

2つ目の共通点として挙げられるのは「文字単価が高い」と言うことです。

文字単価と言うのは、簡単に言うと「1文字当たりの料金(報酬)」のことです。後ほど「未経験のライターでも文字単価アップの交渉は嫌でもやるべき」と言う見出しでも詳しく紹介します。

また、文字単価に関しては以下の記事で詳しく紹介しているので併せてご覧ください。

納期を必ず守る

3つ目の共通点として挙げられるのは「納期を必ず守る」と言うことです。

基本的に、仕事の発注先があなたに対して「この日までに納品してください」と期限を設定してきます。仮に納期を守れない場合には、あなたは信頼できない人だと思われてしまい、仕事を依頼してもらえなくなります。

納期を守る人=信頼できる人でもありますので、仕事を継続的に受注したい場合にはどんな相手であっても納期は必ず守るようにしましょう。

設定された納期よりも、少し早めに納品できるととてもいいですね。

特にSEOに関する知識は必須

ここからは先ほど紹介した、稼ぐ人の共通点の1つでもあるSEOに関する知識について、紹介していきます。

SEO(Search Engine Optimization)は日本語に訳すと「検索エンジン最適化」のことを指します。「SEO対策」とも言いますが、検索結果の上位に表示させるために必須の知識なのです。

なぜこのSEOに関する知識が必須なのかと言うと、それは仕事を発注する相手に関わってきます。

Webサイトを通して申し込みや購入を促したい

それではまず、仕事を発注する人たちの狙いを考えてみましょう。

記事を書いて欲しいWebサイトの担当者は、そのWebサイトを通して自社サービスの申し込みや購入を促すことが1つの狙いです。

そのためには、Webサイトに人を集める=集客をしなければなりません。そして、Webサイトへの集客の代表的な方法の1つがGoogleやYahoo!などの検索エンジンからの流入になります。

しかしながら、ただWebサイトをネット上に置いておくだけでは人を集めることはできません。世の中には情報が無限に溢れているため、全く見向きもされないと言うのが現実です。

読者の目に付く場所にWebサイトを用意する

世の中には情報が無限に溢れており、全く見向きもされないその理由は「検索エンジンの上位に表示されていないから」です。そのほかにも、知名度も関係してきますね。

この「検索エンジンの上位に表示されていない」場合に何をすればいいかと言うと、それこそが「SEO対策」になってくるわけです。

SEO対策を施すことで、検索エンジン上でWebサイトが表示される順位(位置)が徐々に高くなっていき、多くの人に見てもらえるようになるので、結果的に集客ができるようになります。

かなり細かい部分は省いて説明してきましたが、簡単に言うと

読者の目に付く場所にWebサイトを表示させるためにSEOの知識が必要不可欠
となるのです。

SEOの知識を持っているライターは重宝する

ここまでの流れから「仕事を発注する人たちは、SEO対策を施せるライターを大切にしてくれる」と言うことがなんとなくわかったのではないでしょうか?

しかしながら、実際にライターをしている人のほとんどはSEOに関する知識を持っていません

だからこそ、今のうちからSEOに関する知識を身につけておくと、様々な場所で重宝するライターになるでしょう。

未経験のライターも文字単価アップの交渉は嫌でもやるべき

稼ぐライターの共通点の2つ目に紹介した「文字単価が高い」と言う点にも触れていきましょう。

初心者・未経験ライターの文字単価の相場は、だいたい¥0.5ほどと言われています。もっと低い文字単価で文章を書いている人もいますが・・・。

この文字単価をどんどんと高くしていくことが、稼ぐライターになるために大事なことです。しかし、ただ待っているだけでは文字単価は上がっていきません。

仕事の取引先に「文字単価アップの交渉」をすることが大切になってきます。未経験のライターであっても、ある程度の期間付き合いがあり、実績を認めてくれる取引先がいるのであれば、交渉は必ず行いましょう。

未経験ライターにおすすめのクラウドソーシング

未経験のライターは、何よりも仕事を取ることが優先です。そこで、ここからは未経験のライターにおすすめしたいクラウドソーシングサイトを3つ紹介します。

基本的には以下の3つに登録をしておけば、ライターとして仕事を始める事前準備は完了です。

「ランサーズ」と「クラウドワークス」に関しては日本国内でも代表的なクラウドソーシングサイトでして、「サグーワークス」はライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。

ちなみにですが、サグーワークスには「プラチナライター」と言って、一般的なライターよりも高い報酬をもらえる案件に応募できるサービスがあります。

プラチナライターになるにはテストに合格する必要がありますが、無料で何度でも受けられるので、まずは1度腕試しだと思って挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

未経験のライターに最適な環境

前章で「クラウドソーシングサイト」の紹介をしてきましたが、クラウドソーシングサイトにもメリット・デメリットが存在します。

ですので、必ずしも未経験ライターにとって最適な環境であるとは言いにくいのが実情です。そこで僕がおすすめしたいのが、以下の条件が揃っている環境です。

  • SEOの知識を身につけられる。
  • プロのライターに教えてもらうことができる。
  • 評価が積み上がる。
  • 文字単価が上がる。
  • 文字単価アップの条件が公開されている。
  • 継続的に案件がもらえる。
  • 実績を公開させてくれる。

クラウドソーシングサイトで仕事をしながら、この条件に当てはまる場所も探してみてくださいね。

まとめ

今回は未経験のライター向けに仕事の始め方や、稼ぐライターになるためのコツなどを紹介してきました。この記事の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • ライターは未経験でもできる。
  • まずはいきなり仕事をクラウドソーシングで取ってみる。
  • 3~6ヶ月頑張れば稼げるライターになれる。
  • SEOに関する知識を身につけておくと重宝される。

これらの内容を参考にし、ライターとしての第1歩を踏み出してください。まずは仕事を獲得してみないと、あなたのライターとしての活動は始まりませんよ。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。