ダイレクトレスポンスマーケティングは本で学ぶ!【4冊を厳選】

こんな悩みに答えます。

ダイレクトレスポンスマーケティングの勉強をしたいんだけど、どの本がおすすめかわからないから教えて欲しいなぁ。

できれば、すぐに使えるテクニックが書いてある本もあると嬉しい。

この記事では、ダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶ際におすすめしたい本+ダイレクトレスポンスマーケティングを今この瞬間から活かせるテクニック本を合計で4冊紹介していきます。

紹介している本は、この記事内からAmazonや楽天のページに移行して、購入することが可能なので、気になった本があったら、気が変わらないうちに今すぐ購入することをおすすめします。

5分ほどで読める内容となっていますから、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

スポンサーリンク

ダイレクトレスポンスマーケティングのおすすめ本4選

ダイレクトレスポンスマーケティングは本で学ぶ!【4冊を厳選】

ダイレクトレスポンスマーケティングのおすすめ本を4冊紹介していきます。

実際にダイレクトレスポンスマーケティングの基礎を勉強できる本から、今日この瞬間から活かせるテクニックが詰め込まれた本を紹介しています。

  1. ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門
  2. 実践ダイレクト・マーケティング
  3. 「ダイレクトレスポンス広告」を使って高額商品をバンバン売る法
  4. ザ・マイクロコピー

 

ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

 

1冊目は、世界的にも名前が知られている、マーケティングの巨匠ダン・ケネディの本である「ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」です。

ダン・ケネディは特にダイレクトレスポンスマーケティングのエキスパートとして有名で、年に1度だけ開催されるカンファレンスには世界中から起業家が1200人以上も殺到するほどの大盛況ぶり。

ダン・ケネディほどにマーケティングに優れている人物はいないのです。

この「ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」は、ダイレクトレスポンスマーケティングを活用して、小売店や飲食店から、専門職やサービス業まで幅広いジャンルにおいて活用できる知識が紹介されています。

 

実践ダイレクト・マーケティング

 

2冊目は「実践ダイレクト・マーケティング」です。

イギリスのダイレクトマーケティングの権威として知られている「ドレイトン・バード」が著者を勤めている1冊です。

ドレイトン・バードが実際に検証をしてきたダイレクトマーケティングの数々を事例として紹介していきます。

顧客の消費動向は急速に変わりゆく昨今の世の中において、揺るぐことがないダイレクトマーケティングの手法を確立することができます。

ダイレクトマーケティングの基本から成功させるための知識までが詰め込まれています。

 

「ダイレクトレスポンス広告」を使って高額商品をバンバン売る法

 

3冊目は「『ダイレクトレスポンス広告』を使って高額商品をバンバン売る法」です。

この本では、ダイレクトレスポンスマーケティングを使った広告戦略のノウハウが公開されています。

なぜこの本を薦めるかと言うと、実践的な内容を学ぶことができるからです。すぐにダイレクトレスポンス広告に活かすことが可能なノウハウが書き込まれているため、ダイレクトレスポンスマーケティングを勉強しながら、実践することもできる本なのです。

また、ダイレクトレスポンス広告は一般的な広告と違う部分もあり、「『ダイレクトレスポンス広告』を使って高額商品をバンバン売る法」では広告の違いについても触れられています。

 

ザ・マイクロコピー

 

4冊目は「ザ・マイクロコピー」です。この本は、僕も特におすすめしたい1冊です。

なぜおすすめなのかと言うと、今からすぐに実践できるテクニックやコツが詰まっているからです。

ダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶ本というよりかは、実践しながらダイレクトレスポンスマーケティングを勉強することに特化していると言えます。

例えば、

  • 化粧品店が通販サイトの購入ボタン周辺の文章を変えただけで、売り上げが60.1%も上がった事例
  • 会員登録の際の「登録」をある3文字の言葉に変えただけで、売り上げが年間で300億円も増えた事例

など、部分的に言葉を変えるだけで売り上げがアップした事例を紹介しています。

成功事例だけではなく、言葉を変えて売り上げが下がってしまった失敗事例も紹介されていますが、失敗事例も紹介し「次はこうやって変更してみよう」という新しいマーケティングを考える際のヒントも隠されています

消費者の反応を見てマーケティング施策を変えることこそが、ダイレクトレスポンスマーケティングの強みなのです。

 

スポンサーリンク

ダイレクトレスポンスマーケティングの基本

ダイレクトレスポンスマーケティングは本で学ぶ!【4冊を厳選】

ここでダイレクトレスポンスマーケティングの基本に触れておきます。

ダイレクトレスポンスマーケティング=消費者から直接(ダイレクト)反応(レスポンス)をもらって行うマーケティング

と覚えておいてください。

消費者からの反応を元に、マーケティング施策を組むため、より消費者の求めている商品やサービスを提供することができますし、無駄な広告費をかけなくてもよくなるのです。

従来のマーケティングは、あくまでも企業側のリサーチだけを元にしたマーケティングなので、どうしても実際の消費者の声や意見を取り入れることはできていませんでした。

そうなると広告費や制作費の垂れ流しになってしまいます。

ダイレクトレスポンスマーケティングならば、消費者の本当に求めている内容を、適切に消費者に届けることができるため、広告費も制作費も最小限に抑えることができるのです。

 

まとめ:ダイレクトレスポンスマーケティングは本から学ぶ!

ダイレクトレスポンスマーケティングの勉強は、実際にマーケティングの権威やマーケティングの実践者から学ぶことが最もおすすめです。

その中でも本は、制作においても編集においても時間やコストをかけて作られているため、非常に信頼度が高い点が大きな特徴です。

今回の記事では、ダン・ケネディのマーケティング本から、実際にマーケティングで使える知識やテクニックを詰め込んだ「ザ・マイクロコピー」などを紹介しています。

本でダイレクトレスポンスマーケティングの勉強をしながら、実際に活用しダイレクトレスポンスマーケティングを自分自身の身につけてください。

ダイレクトレスポンスマーケティングは本で学ぶ!【4冊を厳選】



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。