インフルエンサー

Twitterアナリティクスの使い方とは!?利用するためのコツも解説!

Twitterアナリティクスをあなたはご存知ですか。もしあなたがビジネスのためにTwitterを利用していたり、インフルエンサーとして影響力を伸ばすためにTwitterを利用しているなら、Twitterアナリティクスは必要不可欠です。

そこで今回はTwitterアナリティクスの使い方や利用するためのコツを解説したいと思います。

 Twitterアナリティクスとは?

Twitterアナリティクスとは、Twitter社が公式で提供する分析ツールです。Twitterアナリティクスはユーザーであれば誰でも無料で利用できます。

無料版と有料版の二つがありますが、無料版でも十分に分析ができます。

Twitterアナリティクスで見れる数値

ツイート数
ツイートインプレッション
プロフィールアクセス数
フォロワー数
1ヶ月以内のその日ごとのインプレッション
過去の月ごとのそれぞれの数字
過去のツイートごとのインプレッションやエンゲージメント率など

無料版でも以上の数字が見れるので十分に分析ができるようになっています。

 Twitterアナリティクスでデータ分析をする理由

Twitterアナリティクスでデータ分析をすることはとても重要になります。アナリティクスを分析することで以下の要素が確認できます。

分析ができる要素

自分が指定した期間のアカウントの変動
月ごとの自分のトップツイートが
フォロワーの年齢や性別、興味があるジャンルなどの属性など

他にも分析できる項目は多数ありますが、これらをデータとして見れるのがアナリティクスです。これらのデータは数字としてみることが重要です。

その理由は数値で見ないと主観が入るからです。例えば自分がこのツイートいいと思ってツイートしても実際は反応率は良くなくて違うポイントに原因があったことなどです。

しかしアナリティクスでこれらをデータとして見ることができれば、自分の主観が入らず客観的にこのツイートの反応がいいや、今月のツイートのインプレッションが悪いから何かを変えなければいけない、などの仮説が立てやすくなります。

アナリティクスの数字を見て自分のアカウントの改善をするために必要不可欠と言えるでしょう。

 Twitterアナリティクスの使い方

アナリティクスを利用する目的

まず最初に利用する前に、なぜTwitterアナリティクスを利用するのかという目的を明確にしましょう。ただ漠然と利用するだけでは意味がありません。自分のツイートの反応をあげたい。自分のアカウントがどの層に見られているのかを把握したいなどです。

目的は厳密には決めなくていいので、自分がTwitterアナリティクスを利用する目的を明確にしましょう。

ログインする

まずGoogleやYahoo!などで「Twitterアナリティクス」と検索しましょう。検索したら検索上位にTwitterアナリティクスのページが表示されます。

アナリティクスのページをクリックしたらログインです。ログインするためにはTwitterで設定したユーザー名とパスワードが必須です。ログインした後はアナリティクスの画面に飛びます。

そしてアナリティクスの画面に飛べたら自分がチェックしたい項目の数字が書かれている箇所に移動しましょう。アナリティクスのページはシンプルなのでどこにどの数値が書かれているかはすぐ把握できるようになっています。

Twitterアナリティクスを利用するためのコツ

現状数値の把握

まず現状の数値をアナリティクスから把握しましょう。現状数値を知らなければ改善しようがありません。Twitterアナリティクスは月ごとの合計した数値しかアーカイブに残らないので、もし1日ごとの数値を取りたいのであれば、事前にスプレットシートなどで数値を記入できるものを用意するのも必要です。

数値から仮説を立てる

aymane jdidiによるPixabayからの画像

現状数値を把握したら、自分の理想の数字と現状を比べてどうなのかを判断しましょう。そして現状数値が理想と比べて悪いならなぜ悪かったのかという理由を自分が考えられる範囲まで徹底的に考えましょう。

そして徹底的に考えた後にこれらの原因が解決できるであろう解決策を考えましょう。

仮説検証する

仮説を立て後に実際に自分が考えた仮説が本当に現状を打開できるのかを確かめましょう。この時のポイントとしては自分が立てた仮説が合ってるかどうかを確かめるために、自分が行う施策以外は同じように運用することが大事です。

例えば、自分のプロフィールアクセス数が納得いかない数値である原因はツイート頻度のであると仮説を立てたとして、ツイート頻度上げる以外の行動をしてはいけません。具体的にはプロフィール自体を変えたり、アイコンを変えたりなどです。

仮説検証を繰り返す

ある程度の期間施策を実行した後は自分の仮説があっていたかどうかをもう一回Twitterアナリティクスを開いて数値がどう変化したかを見ましょう。よかった場合はさらによくするためにはどうすればいいかともう一回考えて、悪かった場合はなぜ仮説がずれていたのかを考えましょう。

この仮説検証を繰り返すためにアナリティクスの数値は常に把握するのが鉄則です。

仮説が合う精度を高めるためには、仮説検証をひたすら繰り返すことが必須です。つまり経験していきことが1番の勉強になります。

まとめ

今回はTwitterアナリティクスの使い方や利用するためのコツについて解説しました。Twitterアナリティクスは使い方がとてもシンプルな上、必要なものもパソコンだけであり、最初なら特にマーケティングの知識も必要ありません。

しかしアナリティクスをただ漠然とみるだけでは何も改善されないので、アナリティクスの数値から仮説検証を繰り返す必要があります。仮説からマーケティングの知識が必要だと感じれば、そのタイミングで勉強すればいいでしょう。

Twitterアナリティクスを有益に利用するのも、ただ意味もなく利用するのもあなた次第ですが、Twitterを伸ばすには確実に必要になるものなのでぜひあなたもこの機会に利用してはいかがでしょうか。