インフルエンサー

tiktokでインフルエンサーになるためには?機能面も徹底解説!

あなたはtiktokを使っていますか。tiktokでインフルエンサーになるために何が必要なのかわかりますか。tiktokは近年収益化もできるようになり大変注目されているSNSです。

そんなtiktok内でインフルエンサーになれたらどんなメリットがあるのか。逆にデメリットは何があるのか。これらを今回解説するのでtiktokに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

<a href=”https://pixabay.com/ja/users/antonbe-633106/?utm_source=link-attribution&amp;utm_medium=referral&amp;utm_campaign=image&amp;utm_content=5064078″>antonbe</a>による<a href=”https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&amp;utm_medium=referral&amp;utm_campaign=image&amp;utm_content=5064078″>Pixabay</a>からの画像

そもそもtiktokとは?

tiktokの特徴

TikTokは15秒〜1分くらいの動画を投稿したり作成するのがメインのプラットフォームです。このプラットフォームはただ動画を投稿するのではなく、作成する際にアプリ内に備わっている効果を動画を作る時に使ったり、速さを調節しながら撮影できたりします。

他の要素としては顔の輪郭を細くできたり肌を滑らかに加工できるカメラが機能として備わっており、盛れる動画を簡単に作れるのが特徴です。

アプリ内でBGMをつけることができるのも大きな点です。

他のSNSとの違い

Thomas UlrichによるPixabayからの画像

Twitterの投稿はテキストメインで、インスタグラムは写真投稿がメインなのに対し、tiktokは動画投稿がメインです。

なぜTwitterやインスタグラムも動画投稿できるはずなのにtiktokが動画メインであるかと言うと、tiktokには動画のテンプレートが用意されているからです。

テンプレートがあるおかげでユーザーはBGMや投稿のネタをわざわざ用意する必要がなくなり、ただ選ぶだけになるので、誰でも気軽に投稿することができます。

この気軽に動画投稿できるという特徴が他のSNSとの大きな違いと言えます。

tiktokでインフルエンサーになるメリット

継続しやすい

tiktokは既に音楽やネタが用意されており、動画撮影機能や加工機能も用意されています。つまり投稿までがtiktok内で完結しているので投稿のハードルが低くなります。

投稿のハードルが低いことで、インフルエンサーにとって必要不可欠な投稿が、無理なく継続できるようになります。

また継続できる他に投稿する動画自体が曲に合わせて動いた動画がほとんどなので、誰かが投稿する動画を真似すればいいので、特にクリエイティブさも必要がないので、誰でも投稿しやすくハードルが低いです。

反応を得やすい

tiktokは自分が投稿したものにいいねやフォロワーが伸びやすいのも特徴です。なのでインフルエンサーを目指すならtiktokは目指しやすいSNSと言えます。

中にはTwitterのフォロワーより数倍ものフォロワーをtiktokだけで得たユーザーもいるほどです。

これは、おすすめの投稿がtiktokのファーストビューで表示されるので、自分の投稿がおすすめに載ると動画の再生回数が伸びやすい仕組みになので、自然と有名じゃなくても投稿の反応が伸びやすくなるのです。

tiktokでインフルエンサーになるデメリット

投稿に差が生まれにくい

Markus WinklerによるPixabayからの画像

tiktokは既にBGMやネタ、動画撮影機能、動画加工機能が設備されているので、どうしても他のユーザーと似たような動画が多くなってしまいます。なので他のSNSより差別化が難しいのがデメリットとしてあげられます。

それに加えて用意されたネタから投稿するので、投稿する条件に大きな差が生まれづらいので、似たような動画が多くなってしまうという面もあります。

収益化までのハードルが少し高い

tiktokは日本でも近年動画回数が伸びることで収益が発生するという仕組みができました。その収益化する方法は広告収入やPR投稿、投げ銭制度があります。

これらは他のSNSでも実装されているような仕組みですが、ある程度フォロワー(ファン)がいないと依頼されないので、依頼が来るようになるまでフォロワーやいいね数を伸ばし続けないといけないという特徴があります。

これらは投稿を継続する、どのように運用するかなどの戦略が求められるので、参入するにはハードルが少し高いと言えるでしょう。

tiktokでインフルエンサーになるために何が必要なのか?

投稿の継続

tiktokは15秒ぐらいの動画を投稿するのでユーザーに認知されるためには、投稿の数も多くしなければいけません。そして動画が再生され終わったら次の動画へと流れてしまうので、定期的に投稿して認知度を上げる努力が必要になります。

SNSで継続して自分の投稿するというのは心理的に負担がかかりやすいですが、継続して投稿できれば、十分インフルエンサーを狙えるでしょう。

ビジネス知識・経験

Photo MixによるPixabayからの画像

tiktokはユーザーが増えていっているので、他にもインフルエンサーになろうと思っているユーザーが多くいます。

このようなライバルより自分の投稿がどうやったら反応を多く得れるようになるのか、再生数が伸びるのかを考えなければいけません。

そしてそこには必ずtiktokの知識も必要になりますが、自分自身のビジネス知識・経験も同時に必要不可欠です。ビジネス知識や経験があることでtiktokでの戦略が考えられるようになるので、仮説を立てて施策を打っていきましょう。

まとめ

今回はtiktokの特徴やtiktokでインフルエンサーを目指す上で必要になる要素について解説しました。tiktokは近年市場が伸び続けているので大変注目されているSNSです。

tiktokは他の動画系SNSより投稿するハードルが低いのが大きな特徴であり、インフルエンサーを目指す上でメリットにもデメリットにもなる特徴です。

今後も伸び続けるSNSなので、あなたもぜひtiktokでインフルエンサーを目指してみてはいかがでしょうか。