フリーランスになりたての人にありがちな悩みと解決方法を3つ伝授!

あなたは自由なワークスタイルと収入アップを求めて、会社員を辞めてフリーランスになろうと考えていませんか?

フリーランスは業務内容や仕事の量はもちろん、働く場所や付き合う相手まで全て自分で決められるので、とても自由が効く働き方かも知れません。

しかし、自由な反面苦労することもたくさんあります。今回はフリーランスになりたての人がぶつかる主な悩みとその解決策を3つ、解説していきます。

フリーランスになりたいと思っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8E%B2%E7%A4%BA%E6%9D%BF-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3-3233643/)

スポンサーリンク

フリーランスとして働く人につきまとう苦労は主に3つ

フリーランスになったばかりの方が抱える主な苦労や心配事は、以下の3点が挙げられます。

  • 営業に関する苦労
  • お金に関する苦労
  • 社会的信用に関する苦労

自分の人生を豊かにするために始めたフリーランスですが、厳しい現実を知ると徐々に気分が落ち込んできますよね。

確かに一般的な会社勤めに比べると、フリーランスは時間・収入共に不安定なので、気苦労は尽きないかも知れません。

そんなお悩みをお持ちのあなたのために、次の項目から「フリーランスになりたての人が抱える、主な苦労の原因とその解決策」について詳しく解説します。

スポンサーリンク

フリーランスになりたての人が抱える悩みその①営業

いざフリーランスになってみたものの「継続して仕事を受けられるのか」「報酬の交渉はうまくできるのか」といった不安は、フリーランス初心者が考える一番の悩みではないでしょうか。

自分のスキルを活かすためにフリーランスの道を選んだのに、仕事がなければお金も稼げませんよね。

また、仕事を始めたばかりですと報酬の相場が分からなかったり、自分のスキルに自信が持てなかったりして、報酬交渉の際に安く設定してしまうこともあるでしょう。

そんな営業に関する悩みを解決する方法は主に2つ。「クラウドソーシングサイトを利用すること」と「フリーランスになるまでの人間関係を利用すること」です。順に解説します。

クラウドソーシングサイトを利用する

フリーランスになりたてで実績が少ないうちは、『クラウドワークス』や『ランサーズ』といったクラウドソーシングサイトに登録して、仕事を獲得しましょう。

クラウドソーシングサイトにはWebライターやプログラマーなど、在宅で働く方向けの案件が多数掲載されており、スキルや時間に合わせて仕事を選べるのでオススメです。

過去の人間関係を利用する

フリーランスになりたてだと公開できる実績もないので、高単価の案件を取ってくることは厳しいです。

そこで実績が乏しいうちは過去の仕事でお世話になった人々や、友人・親戚などの“リアルな繋がり”から仕事を受けることも考えてみましょう。

また、身内からのツテで仕事を依頼する人が現れる可能性もあるので、自分がフリーランスになったことと仕事を受け付けていることは、できる限りの友人・知人にアピールしておきましょう。

フリーランスになりたての人が抱える悩みその②収入・支出

フリーランスになりたてですと、収入や支出といったお金に関する悩みも尽きません。この項目では収入・支出それぞれの具体的な悩みとその解決策を紹介します。

収入

フリーランスとして働くと、会社員の平均収入以上に稼ぐことも可能ですが、毎月安定した収入を確保することは難しいです。

なので毎月どのくらい仕事を受ければ良いのか、単価をいくらで設定すれば良いのかといった点は、フリーランス初心者にとって悩みのタネになるでしょう。

解決策としては、“目標金額ありきで案件を探す”ことをオススメします。例えば月収20万円を目標にするとして、それを達成するために仕事に割ける時間を割り出します。

※仮に1日8時間で月22日働くなら、仕事に割ける時間は月間176時間ということです。

そして目標金額(20万円)を割り出した時間(176時間)で割り算すると、約1,136円になりこれが稼がなくてはならない時給になります。

後はこの時給を実現できるような条件の仕事を探して、毎回時給を超えるつもりで労働すれば、自ずと目標月収も達成しているでしょう。

支出

フリーランスになりたての方には「年金や保険料がちゃんと払えるか不安」「確定申告の方法がわからない」といった税金の支払いに関する悩みも出てきます。

税金に関する手続きは面倒ですが、放置しておくと後々トラブルに繋がってしまうこともあるので、早めに疑問点は潰しておきましょう。

税金に関する知識を身につけておけば、節税・減税対策や免除申請を行う際にも的確な行動が取れるようになります。

スポンサーリンク

フリーランスになりたての人が抱える悩みその③社会的信用

フリーランスは収入が不安定になるため、社会的信用は会社員に比べるとどうしても低くなってしまいます。

なので「クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりといった際に審査が通らなくなってしまうのでは?」という不安を抱える方もいらっしゃるでしょう。

フリーランスがお金に関する審査を通すことは「絶対に無理」ではありませんが、非常に厳しいことは確かです。

なので、クレジットカード作成や物件を借りるといった手続きは、フリーランスになる前に済ませておきましょう。

フリーランスとして働くなら、新米のウチにしっかり対策を!

今回はフリーランスになりたての方が抱えがちな悩みと、その解決策を3つ紹介しました。

フリーランスという働き方は時間の使い方や稼ぎ方が自由だからこそ、業務内容以外の部分の対策はしっかり行う必要があります。

せっかく自由な働き方を求めてフリーランスになったのに、営業や税金対策といった不自由なことをしなくてはならないのはストレスになりますよね。

しかし、その面倒な作業が後々あなたの身を助けることに繋がりますので、フリーランスとして働くなら今回紹介した悩み事には早めに向き合っていきましょう。


ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。