【データ消失!?】Googleアナリティクス、保存期間の仕様変更!

【データ消失!?】Googleアナリティクス、保存期間の仕様変更!

スポンサーリンク

緊急なお知らせです!あなたの運営する大切なメディアのデータが失われてしまうかもしれません。

というのも、WEBサイトを運営する人なら誰しもが導入しているであろう「Googleアナリティクス」のデータ保存期間の仕様がもうすぐ変わるのです。

あなたのメディアをより発展させていくためには、過去のアクセスデータの分析が欠かせません。

今の内に、Googleアナリティクスの設定を見直して、大切な分析データを失わないようにしてください。

Googleアナリティクスのデータ保存期間の仕様変更

データ 統計

最近になって、Googleアナリティクスのヘルプページにて、

Google アナリティクスのデータ保持コントロールを使用すると、保存されたユーザー単位やイベント単位のデータがアナリティクスのサーバーから自動的に削除されるまでの期間を設定できます。

という文章が掲載されるようになりました。

一見何の不都合もない変更のように見えますが、実は初期設定のデータ保存期間が26ヶ月となっている点で注意が必要です。

今まで通り、過去のデータを全て残しておきたい場合、今の内にデータの保存期間の設定を変えておく必要があります。

 

今回のGoogleアナリティクスのデータ保存期間の変更の要点は、以下の通りです。

  • 初期設定のままにしておくと、直近の26ヶ月以前のデータが削除されてしまう。
  • 設定を変えれば、今まで通り無期限にデータを残しておくことは可能
  • この仕様変更は、2018年の5月25日から実施される。

Googleアナリティクスのデータ保存期間の設定方法

設定 歯車

メディアを運営する人にとって、アクセス解析は必要不可欠です。特に長期的な視野に立ってメディア運営を考えている場合は、過去のアクセスデータも重要な分析データになります。

過去の分のアクセスデータを引き続き残しておきたいのであれば、今回の仕様変更が適用される2018年5月25日までに、以下の手順に従ってデータの保存期間を伸ばす手続きを行う必要があります。

 

1、Googleアナリティクスにログインする

スクリーンショット 2018 04 20 14 14 28

まず最初に、普段から利用しているGoogleアカウントで、「Googleアナリティクス」にログインします。

 

2、トラッキング情報をクリックする

スクリーンショット 2018 04 20 14 22 25

アナリティクスのページにログインしたら、まずは左下にある「歯車マーク」をクリックして、設定画面を開きます。(上図青色)

その後、プロパティの欄にある「トラッキング情報」をクリックします。(上図赤色)

 

3、「データ保持」をクリックする

スクリーンショット 2018 04 20 14 21 41

手順2の「トラッキング情報」をクリックすると表示される「データ保持」をクリックします。

 

4、データの保持期間を変更する

スクリーンショット 2018 04 20 14 29 51

「ユーザーデータとイベントデータの保持」の右側にあるタブを開いて、任意のデータ保持期間(特に意図がなければ、一番下の自動的に期限切れにならないを推奨)を設定します。

最後に「保存」ボタンをクリックすれば、設定完了です。ちなみに、データ保存期間変更が反映されるまで24時間かかります。

 

忘れないうちに、Googleアナリティクスの設定を変えておきましょう

アナリティクス Google

この手の設定は面倒くさくて、ついつい後回しにしがちです。ですが、いずれはやらなければいけない設定なので、どうせなら今この瞬間にパパッと設定を終わらせてしまいましょう。

ちなみに、今回のデータ保存期間の設定変更は、ほんの1〜2分で行うことができました。

さあ、あなたも今すぐに「Googleアナリティクス」にアクセスしてデータ保存期間の変更をしてください。あなたの大切なメディアのデータを失いたくないのであれば今すぐに。




【データ消失!?】Googleアナリティクス、保存期間の仕様変更!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です