100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

フリーランスは自分に合ったスタイルで仕事ができる自由さが魅力です。その反面、サラリーマンに比べて社会的信用が著しく低いという欠点があります。

収入があることを証明するためには、常日頃から書類の管理などをしておく必要もあり、非常に手間がかかります。

そこで今回は、フリーランスが収入を証明するために必要な証明書などについて解説をします。

今回の記事に書いてある証明書をきちんと管理しておけば、いざという時に収入証明が出来ずに思わぬトラブルに巻き込まれることも無くなります。

スポンサーリンク

収入の証明が必要な場面とは?

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

フリーランスが収入の証明を求められる場面としては、ローンやクレジットカードの審査、賃貸マンションの契約などが中心となるでしょう。

つまり、収入証明が出来ないということは、引っ越しの手続きや車、マイホームと言ったローンが必要となるものが根こそぎ出来なくなってしまうということです。

特に高額なローンの審査などになると、同じ条件でもサラリーマン以上に多くの収入証明を請求されるなど、フリーランスという働き方はまだまだ信用されていません。

このような点からも、いざという時に慌てないで済むように、収入の証明書などは日ごろからしっかりと管理しておくことが重要であることが分かりますね。

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

フリーランス独立直前マップ。自力で生きていく覚悟を決めたあなたへ。

2018.07.30
スポンサーリンク

フリーランスにとって収入の証明となるのは?

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

では、実際に収入があることを証明するものとしてどのようなものを管理しておけば良いのでしょうか?

代表的なのは、以下のような市役所や税務署が発行する納税証明書になります。

▪ 住民税課税証明書

▪ 納税証明書

▪ 確定申告時の控え

住民税課税証明書

住民税課税証明書とは、市役所(区役所・町村役場)が発行する、前年の所得に応じた住民税課税額が記された証明書の事です。

課税証明書の発行には、印鑑と身分証明書、証明書交付の手数料(300円が一般的)が必要になります。課税証明書を交付してもらう際には、あらかじめ用意をしておきましょう。

納税証明書

納税証明書と一言で言っても、実は市役所で発行されるものと税務署で発行されるものの2種類があります。

市役所が発行する納税証明書は、主に住民税に関しての項目が、税務署が発行する納税証明書には、主に所得税に関しての項目が記載されています。

したがって、収入の証明書となりえるのは、所得税が記載されている税務署発行の納税証明書となります。市役所が発行する納税証明書は収入の証明書にはならない場合があるので注意が必要です。

審査先に問い合わせるなどして、証明書として有効な書類を確認しておくのが良いでしょう。

納税証明書を交付してもらう際には、証明書交付の手数料(370円が一般的)と身分証明書が必要となります。

確定申告の控え

フリーランスとして仕事をしている以上は確定申告を行っていることでしょう。その際に受け取る確定申告の控えを、収入の証明として使える場合も多いです。

確定申告をした際は、控えを必ず保管しておくようにしましょう。

万が一、控えを紛失してしまった場合は、源泉徴収票での代用が可能かどうかを審査先に確認をしてみましょう。代用が不可能な場合は、税務署に開示請求をする必要があります。

収入証明書の作成について

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

会社員であれば、このような手続きは全て、会社が代わりに行ってくれていました。しかし、フリーランスの人は、これらの書類を自分で作成する必要があります。

基本的には、ネットで検索すればいくらでも収入証明書のフォーマットが出てくるので、そちらを参考にすることになります。

そうはいっても一から書類を作るとなると、細かい規定など面倒な手間が多いのもまた事実です。そこでおすすめなのが、既にフォーマットを用意してくれているフリーサイトを活用する方法です。

そういったサイトとしては、例えばbizoceanみんエク!と言ったページがあるので、ぜひ活用してみてください。

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

2018.11.19
スポンサーリンク

とりあえず聞いてしまうのも可

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

特にフリーランスになって、初めて収入証明書などが必要になった時などは、どのような書類をどこで発行してもらえばよいのかなどが分からず、困惑することも多いかと思います。

そんな時は、審査先に直接、手続きの方法を確認したり、市役所や税務署などに相談に行ってしまうのも良いでしょう。基本的に、そういった機関ではまともに確定申告や納税を行っている限り、親切に対応してくれるはずです。

また、補足ですが、厳密には収入証明書というものは存在しません。収入を証明できる書類の総称を便宜上、そう呼んでいるにすぎません。

そのため、自分に必要な書類がなんという名称のものなのかを把握しておくと、自分で調べたり、人に聞いたりするときにもスムーズに事を運ぶことが出来ます。

まとめ:収入があることを証明するために

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

繰り返しになりますが、フリーランスは会社員と違って、収入の証明を自分で行う必要があります。

しかし、いざ必要になった時に確定申告をしていなかったといった事態になってしまっては、非常に面倒なことになってしまいます。

基本的に確定申告をしておけば、大体の所得税や住民税に関してしっかりと通知が来るはずなので、しっかりと確定申告及び納税は行っておくように心がけておきましょう

100%審査に通るために必要な、フリーランス収入証明の書類まとめ

【無料】初心者ブロガー”だけ”の為の「SEO対策7つのコツ」

100記事書いたのに、PV数が6,000。そんな悲惨な状況を打破したいブロガーがすべき対策とは?

意外と知らないSEO対策のコツをまとめました。


web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。