【脱・低単価ライター】文字単価1円の案件に挑む自信の付け方

こんなお悩みはありませんか?

「文字単価0.5円前後の案件が中心だけど、労力の割に収入が少ない」
「もっと高い文字単価で仕事をしたいけど、自分のスキルだとちょっと怖い…」

一つの基準として「文字単価1円の仕事をして一人前のライター」という風潮がありますが「自分なんかが文字単価1円なんてもらっていいのだろうか?」とためらう人も多いことでしょう。

特にクラウドソーシングサイトなどのライター案件は、文字単価0.5円前後あたりが相場のため、文字単価1円の案件を提案するのにためらう気持ちもわかります。

そこでこの記事では、文字単価0.5円前後のライターが「文字単価1円の案件なんて任せろ!」と言えるようになる『自信の付け方』をご紹介します。

この記事を読み終えた頃には「文字単価1円がそこまで高いハードルではない」ことがわかるはず。ライターの収入を増やすためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

文字単価1円は決して「特別な案件」ではない

クラウドソーシングサイトなどの案件を見ていると、文字単価1円以上=高収入な案件というイメージを持つかもしれません。

ですが、実は文字単価1円というのは、そこまで高い単価ではありません。優秀なライターの中には、文字単価3円、5円、10円で仕事を引き受けている人たちもいるのです。

0.5円前後の案件がメインになっていると、文字単価1円はレベルの高い案件に見えますが、実際は何か目をみはるスキルがないと受けられない「特別な案件」ではないのです。

文字単価0.5円と1円の案件で求められるスキルは変わらない

あなたが、文字単価1円以上の仕事を受ける自信がない一番の理由は「自分には文字単価1円の記事を書けるほどのスキルがないから」ではないでしょうか?

ですが、文字単価0.5円の案件も、文字単価1円の案件も、実は求められるスキルにほとんど差はありません。一般論になりますが、文字単価1円の案件でも、依頼者がライターに求めるのは以下のような内容です。

文字単価1円の案件でライターに求められる内容
  • 社会人として当然のマナーが守れること
  • 基本的な文章が書けること

こうしてみると文字単価0.5円くらいの案件と、求められる内容がほとんど同じことに気がつきますね。

もちろん、SEOライティングなどのスキルがあるに越したことはないですが、そういったスキルがなくても文字単価1円の記事を書くことは可能なのです。

「文字単価1円」をためらう一番の原因は自分のメンタル

文字単価1円の案件をためらう理由は、以下のような部分が大きいのではないでしょうか?

  • 自分のスキルで文字単価1円の案件なんて受けていいんだろうか?
  • 期待通りの記事が書けずに、相手に迷惑をかけたらどうしよう…
  • 自分なんかが提案しても、どうせ落とされるに決まっている

こういった気持ちはとてもよく分かります。ですが、これらの内容は厳しい言い方をすると「失敗したくない」という一言に集約されるのではないでしょうか?

つまり、挑戦する前から「失敗した時のこと」を考えてしまい、その結果、文字単価1円の案件に挑戦するのをためらう。これが、文字単価1円の案件へのチャレンジに踏み切れない一番の原因です。

こういった不安は、実際に起こってから考えると良いでしょう。

  • 実際に文字単価1円の記事を書いてみて「ライティングスキルが足りない」と思ったら、よりスキルアップを目指す。
  • 相手の期待通りの記事が書けずにクレームが入ったら、謝罪とともにどの点が至らなかったのかを聞いて次に生かす。
  • 文字単価1円の案件にオファーして、受かるか落ちるかは実際にやってみなければ分からないので、そもそもやる前に悩むべきことではない。

「行動しない理由」を考え続けるくらいなら、思いきって行動してみましょう。それでたとえ失敗したとしても「何もしない」よりはマシだと思いませんか?

自信は経験した後にしか手にできない

先日、プロのWebライターとして活動している人と話をしたときに「ライターとしての自信は、仕事をした後に初めてつくものだよね」という話題が出ました。

あなたが初めてライティングの案件を受けた時のことを思い返してみてください。最初は「自分に記事なんて書けるのかな?」という不安があったのではないでしょうか?

でも、何記事もライティング案件をこなすうちに「自分でもライティングの仕事ができるんだ」という自信が芽生え始めたことと思います。

そして、それは文字単価でも同じなのです。最初は「文字単価1円なんて怖い」と思うのが当然です。しかし、一回やってみると「意外と自分のスキルでも文字単価1円いけるな」という自信が出てきます。

1回でも文字単価1円の案件を受けると、そのレベルの文字単価の案件を受けることにためらいがなくなる場合が多いです。まずは開き直ってでも「1記事でいいから文字単価1円の案件を経験する」ことを強くお勧めします!

先輩ライターからのアドバイス

最後に、現在プロのライターとして活動する先輩ライターたちからのアドバイスをご紹介します。

先日、僕のTwitterで以下のような発信をしました。

すると、プロのライターの方々から様々なアドバイスのリプをいただくことができました。(リプならびに記事への掲載許可をくださった方、ありがとうございました。)

そこでここからは、上記のツイートについたアドバイスをご紹介します。

先輩ライターのアドバイス:単価が低い案件は執筆環境も悪い傾向にある

こちらのツイートでは「文字単価が低い方が執筆環境が悪い」という意見をいただきました。

やはり一部にはライターを「安いお金で記事を書いてもらえる道具」と考えている人がいるのも残念ながら事実です。

逆に、ライターをメディア運営のパートナーとして丁重に扱ってくれる依頼者もおり、このような依頼者ほど接し方も待遇も心地よい場合が多いでしょう。

また、文字単価1円の案件は無理だが、0.5円ならいけるという「考えの甘さ」に関する指摘も。金額の多い少ないはあるにせよ、お金をもらう以上は「プロ」として振る舞う覚悟が必要ですね。

先輩ライターのアドバイス:低単価で疲弊する前の決断が大事

こちらのツイートでは「文字単価によって求められることは変わらない」「低い文字単価に慣れて疲弊する前の決断が大事」というアドバイスをいただけました。

僕だけでなくプロのライターでも「文字単価によって求められるスキルに変わりはない」という意見であることがわかりますね。

また、低い文字単価の案件だけだと「文字単価が低い→たくさん記事を書く必要がある→余裕がなくなる」という負のループに陥りがちです。

心に余裕を持ち「依頼者に良い記事を納品」するためにも、自分を追い込みすぎない程度の文字単価の案件を獲得することが大事ですね。

まとめ:文字単価1円の案件に挑む自信の付け方

今回は、文字単価0.5円前後で仕事をしているライターに向けて「文字単価1円の案件を受ける自信の付け方」をご紹介しました。

文字単価1円の案件が未経験だと「高度なスキルが要求されるレベルの案件」というイメージを持ちがちですが、実は求められていることは、あなたが普段手がけているライティング案件と変わりはありません。

文字単価1円の案件に躊躇しているのであれば、それは「自分のスキル」ではなく「自分のメンタル」が邪魔をしている可能性が高いです。

求められるスキルが同じだからと言って手を抜くのは論外ですが、あまりハードルを上げ過ぎずに、ドンドン挑戦していきましょう。

ライター 仕事 取り方

【経験者向け】文字単価2円のライターが実践した直取引の仕事の取り方

2019年3月30日


ABOUTこの記事をかいた人

SEOライター兼セールスコピーライター。文章術やコピーライティングの話になると3時間くらいは話が止まらないので取扱注意。休日はもっぱらゲーム。好きな食べ物はジャガイモです。