ライターを仕事にするなら絶対に抑えておきたい4つの基本まとめ

フリーランスの仕事の中でも、比較的簡単に始められるのがライター系の仕事です。文章1つでたくさんの読者に楽しんでもらったり、役に立つ情報を発信できるのがライター系の仕事の面白いところでもあります。

しかし、実際に仕事をするとなると「どういった文章を書けばいいんだろう?」「自分なんかが文章を書いていいの?」といった不安も出てくるのではないでしょうか?

そこで今回は、フリーランスの中でもライターとして仕事をしている人たちが行っている仕事の内容や、ライターとしてやっていく上で押さえておきたい基本的な内容を解説していきます。

この記事さえ読めば、自信をもってフリーのライターとして仕事をこなすことが出来るようになります。しっかりと基本的な情報を抑えたうえで、ライターとしてのスタートダッシュを切りましょう。

スポンサーリンク

ライター系の仕事の分類

ライターと聞くと、真っ先に思い浮かぶのは、コピーライターやジャーナリストではないでしょうか。しかしライターと一言で言っても、扱うジャンルや媒体によってさまざまな種類が存在します。

例えば、雑誌やガイドブックと言った紙媒体に載せる記事をメインに書く人もいれば、ブログなどのWEB上で発信する記事をメインに書く人もいます。

また、旅行系・グルメ系・医療系・エンタメ系といった記事の内容によっても、名称が変わってくることも多くあります。それを踏まえてここでは、代表的なライター職種をいくつかご紹介します。

WEBライター

WEB上での情報発信を専門に行うライターのこと。主に、ホームページやブログ上で発信する記事の作成が仕事です。現在では、主流のライター仕事の1つになっています。

ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトで、簡単に仕事を受注できるため、特に初心者におすすめのライター仕事と言えるでしょう。

ゴーストライター

芸能人や各界の著名人たちの本や情報発信を密かに代筆するライターのこと。その性質上、自分からゴーストライターであると名乗る人はほとんどいません。

文章を洗練さはもちろんのこと、本人が書いたかのような文体や口調での執筆技術や守秘義務の徹底などが求められるため、ライターの中ではかなり難しい仕事であると言えます。

トラベルライター

旅行に関する記事を専門に扱うライターのこと。旅先の名物や観光名所、食事や穴場スポット、宿泊先などをいかに魅力的に伝えられるかが勝負になります。

自分が旅行に行った場所を記事にして紹介することが主な活動なので、旅行が好きな人にとても適した人気のライター職種と言えそうです。

グルメライター

食事や料理に関しての記事を書くライターのこと。特にラーメン専門や中華専門など自分のこだわりを活かした仕事をするならお勧めの仕事になるでしょう。

しかし、読者も同じようにそのテーマの食にこだわりのある人も多いため、記事を書くにもかなりの勉強が不可欠なジャンルでもあります。

ジャーナリスト

社会問題や事件などに関しての記事を書くライターのこと。ルポライターと言った呼び方をされることもありますが、厳密には明確な使い分けがされていないのが現状です。

一般的なライターは依頼主の要望に応じて記事を書いていくのに対して、ジャーナリストは自分の視点で書いた記事を出版社などに売り込むといったプッシュ型のオファーをする人も多いのが特徴です。

スポンサーリンク

ライターとして目指すべき方向性とは?

ここまで見てきたように、ライターと一言で言ってもその記事のテーマによって、様々な特徴があります。しかし中には、フリーライターとしてジャンルやテーマにこだわらないタイプのライターも存在します。

私たちはライターとして仕事をするうえで、自分の得意なジャンルに絞った方が良いのでしょうか?それとも、幅広い仕事をこなせるフリーライタ―を目指すべきなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、最初のうちは仕事を選ばずにたくさんの仕事をこなすことを優先するべきです。なぜなら、そうしなければフリーランスのライターとして生活費を稼ぐことすらままならないという現実的な理由があるからです。

また、最初のうちはライターとしての実績を積む、スキルを磨くといった修業期間でもあるため、仕事をえり好みせずに量をこなすことが、より早くスキルアップする事にもつながります。

しかし、ある程度ライターとして実績を積み、文章力に自信がついてきたころからは、自分の得意なジャンルを2,3個に絞って知識の先鋭化を図ることが、あなたのライターとしての武器になるでしょう。

依頼者の視点に立った時に、フリージャンルのライターよりも自分の依頼する記事のジャンルに特化した専門ライターに任せたいと思うのは自然な考えなのですから。

ライターに必要な4つの基礎スキル

ここからは少し話を変えて、ライターとして仕事をするために必要なスキルについて見ていきましょう。

ライターとして仕事をするからには、人を引き付ける文章の書き方や、思わず目を引くキャッチコピーの作り方などについてのスキルが必要不可欠になります。

そのためにも是非、勉強しておきたいのがコピーライティングのスキルになります。しかし、ライティングのスキルさえあればいいかと言うと、そんなことはありません。

一般的にライターとして仕事をする以上、クライアントの要望を満たす記事を書く必要があります。つまり、クライアントが望んでいる記事のイメージをしっかりと理解する必要があるということです。

そのためには、お互いに納得できる仕事をこなせるように、事前にクライアントとしっかりコミュニケーションを取ることが必要不可欠になります。

また、より専門性の高い仕事の依頼に関しては、事前に扱うジャンルの専門的な知識を蓄えておくなどの努力が求められます。さらに。仕事を迅速にこなすためには、タイピング速度などのスキルもあるに越したことはありません。

ここまでの内容をまとめると、ライターとして必要なスキルは以下の通りになります。

・コピーライティング

・クライアントとのコミュニケーション

・扱うジャンルに応じた専門知識

・タイピング速度

ライターとしてこれから仕事をしていこうと思っている人は、まずは上記のスキルを身に付けることが、上達への近道になることは間違いありません。

もちろんこれは最低限のスキルであり、仕事内容や状況によってより柔軟に新しいスキルや知識を身に付けていくことが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

ライターとして厳守するべき仕事のルール

ここからはライターとして仕事をするなら、絶対に守らなければならないルールについてお伝えして行きます。

脅すつもりはありませんが、これから紹介するようなルールを犯した仕事をしていると、あなたに仕事を依頼する顧客は日に日に減少していき、収入は途絶え、フリーランスとして生きていくことが困難になる。

それほど重要な、仕事のルールが存在します。ここに書かれているルールは絶対に厳守して、プロのライターとしての仕事をこなしていきましょう。

ライターとして絶対に厳守するべき仕事のルールは以下の3つです。

締め切りの厳守

仕事の契約をするうえで大事なのが納期です。ライターとして仕事をする以上、いついつまでに記事を完成させてくださいという納期は必ず付きまといます。

当たり前のことですが納期に遅れてしまった場合は、あなたへの信頼度は一瞬で地に落ちる上に、仕事の報酬も受け取れないということになります。

ライターに限ったことではなく、仕事をするうえで締め切りを守るというのは最低限のルールです。

依頼通りの形式で記事を作成する

ライターとして仕事をする際に、クライアントから細かい条件を要求されることも少なくありません。例えば、文字数の下限や小見出しや画像の設置方法、SEOを意識したキーワードの挿入などがあります。

これらは、クライアントにとって必要不可欠な条件であり、その仕事の依頼を受注した以上は絶対に守る必要があります。

この条件に1つでも無視している場合は、間違いなく修正を要求されます。クライアントの信頼を損なうだけでなく、あなたにとっても余計な仕事が増えることになるので、依頼内容は事前にしっかり確認しておきましょう。

コンプライアンスの厳守

コンプライアンスとは法律をしっかり守っているかという意味です。ライターとしてこのコンプライアンスに引っかかりやすいのは著作権と秘密保持でしょう。

当たり前のことですが、記事を書く上で他のサイトなどの文章をコピーしてそのまま引用するのは著作権違反になります。

どうしても他サイトから文章を引用したい場合は、自分の言葉で書き直したり、最悪でもクライアントに確認をしたうえで、引用マークなどを使うなどの対策を講じましょう。

もう一つのコンプライアンスで意識するべきなのは、秘密保持・守秘義務に関してです。特に気密性の高い記事を扱う場合は、それを口外しない契約内容が含まれていることも多いです。

クライアントの信頼を損なわないためにも、守秘義務は犯してはならないタブーであることを心に刻んでおきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。