【1】ライティングコース確認テスト







    これは、ライティングコースの基礎知識確認テストです。
    今までのインプットがきちんと頭に入っているのかを確認するために行っています!

    正解、不正解で何かペナルティなどがあるわけではありませんので、
    知識が確かについているのかをチェックするために行ってくださいね。

    Q1:2020年に発表された「検索順位ごとのクリック率」のデータでは、1位にある記事・コンテンツのクリック率は何%と記されているでしょうか?

    30.2%28.5%25.8%21.12%

    Q2:Googleからの評価を獲得するために、誰の利便性を最優先に考えるべきでしょうか?

    GoogleGoogleのユーザー自分自分のサイト・ブログ

    Q3:検索ボリューム(月間検索回数)は、何回以上あるキーワードが望ましいでしょうか?

    0-10回10-100回100-1,000回1,000-10,000回

    Q4:キーワード選定を行う際、検索インデックス数が何件以下のキーワードが望ましいでしょうか?

    100万件以下500万件以下1000万件以下5000万件以下

    Q5:「web+」のように英語表記のキーワードで記事を書いていきたい際には、検索ボリュームと検索インデックス数はどのように調べるのが望ましいでしょうか?

    英語表記・カタカナ表記カタカナ表記・ひらがな表記英語表記・カタカナ表記・ひらがな表記英語表記のみ

    Q6:Googleの検索結果ページ上では、記事タイトルは何文字目まで表示されるでしょう?

    28文字40文字140文字2,000文字

    Q7:「web+ SEOライティングBook」で紹介している、記事タイトルを作成する際に意識すべきコツは何個あるでしょうか?

    3個5個7個10個

    Q8:見出しはどのタグで作るのが望ましいでしょうか?

    h1~h3タグ(見出し1~見出し3)h1~h4タグ(見出し1~見出し4)h2~h3タグ(見出し2~見出し3)h2~h4タグ(見出し2~見出し4)

    Q9:h2やh3のタグは、どの順番で使うのが好ましいでしょうか?

    h2→h3→h3→h4h2→h4→h4→h3h2→h3→h2→h4h4→h3→h2→h4

    Q10:「フリマアプリA 使い方」というキーワードで検索する人の検索意図を考えたときに、記事内に入れておくことが最も望ましくない見出しは次のうちどれでしょう?

    フリマアプリA とはフリマアプリA 出品方法フリマアプリA 配送方法フリマアプリA 売れるジャンル

    以上で確認テスト項目は終わりです。下の送信ボタンを押して答え合わせをしましょう。