デイリーマガジン【88】全力キーワード選定

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

キーワード選定という表現、何度か聞いたことありますよね。

これは「サイトの目的に合わせてキーワードを選ぶ」ということですが、後々大きくする予定のメディアであれば、割とどうでも良かったりします。

検索ボリュームさえわかれば、全てを記録しているだけで十分なことが多いからです。

むしろ、記事数があまり増やせない個人ブログなどの場合は、このキーワード選定はめちゃくちゃ重要です。

 

まず、意外と知らない人が多いのですが、Googleの検索アルゴリズムとして「キーワードによって上位に表示する記事のタイプ」が異なります。

用語の説明するようなサイトが上に来ることもあれば、比較サイト・ランキングが上に来ることもあります。

これは、Googleが実際のユーザーの動向を反映しているからだと思います。

とすると、この動向を「キーワード選定」の時に考えないといけません。

 

例えば、あなたが何かアフィリエイトで商品を売ろうと思っているのに、用語説明系のキーワード(「〜とは?」系の記事)を狙っても意味が無いからです。

なので、私がキーワード選定をする場合は、各キーワードに「メモ」欄を設けます。

  • このキーワードはどういうタイトルの記事が多いか
  • その記事の内容はどんなものか
  • 記事の長さはどれくらいか
  • サービスのサイトがでてきているか

などなど、こういったことをメモします。

そして、あとでそのメモを見返して、キーワードに対して、自分のしたい意図があっている場合だけ、そのキーワードで記事を書きます。

 

ここまでしっかりキーワード選定をすると、自分の意図と同じ記事を書けるのは数十個とかその程度なので、個人レベルではちょうど良かったりします。

以上の内容は、「全力でキーワード選定をやる」という場合に限った話です。

大きいメディアや雑多なブログでは、ここまでやらなくても良いと思います。

 

もし、あなたが次にサイトを立てる場合には、ぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは、本日もお疲れさまでした!