デイリーマガジン【87】コンサルライター

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

今日は、「私が実際に仕事を取る時に行っている戦略」について解説していこうと思います。

戦略というか、自然とそうなってしまうことが多いのですが。。。

この方法だと、わざわざ大変な価格交渉や提案をしなくても、自然と仕事になったりします。

言い値で良いことも多いので、文字単価2円などは余裕だと思います。

 

結論から言うと、「コンサルタントとして入る」のがコツです。

 

ライターとしてではなく、webマーケティング全般のサポートが出来る人として関わります。

最近は、SNSやブログなどを見ているとwebマーケティングに詳しい人ばかりの様に見えてしまいがちですが、実際はそんなでもありません。

まだまだ知識の浅い人は結構います。

そんな人たちに「こんな仕事をしているんです」というと、「アドバイスが欲しい!」みたいなことを言われたりするんですね。

 

そこで私は、普通にアドバイスをしていました。

当時は何も考えていなかったんですけどね。

ただ、いつの間にか「サイトを作る」って話になっていて、「やってくれない?」って話にまで進んでたんですね。

WordPressのインストールだけなのでさほど難しくなくて、それでもしっかりとした料金を頂きました。

 

そのうえで「更新とかも全然わからないんだけど、代わりにやってもらえたりする?」みたいな話にもなってました。

その結果、更新も結構割りの良い金額で代行するようになりました。

 

こういう風に依頼してもらえたのは、最初のアドバイスで「〇〇さんの会社の場合、こういう体制なので…」という感じで、

  • ブログがいいのか
  • それとも別の戦略が良いのか

であったり、

  • ブログをやるとしたらどういう運営体制が良いのか
  • 何をしないといけないのか
  • 他の戦略との違いは何か
  • もっと他に解決すべきことがないか(会社によっては、商品パッケージを変えれば十分みたいな時が結構あります。)

などを全般的にコンサルティングしました。

その結果、信頼して頂けて、その後の仕事は自然ともらえたのですね。

 

あなたも今はライターとして勉強していますが、今までの内容や資料で、webマーケティングの知識は比較的ついてきたのではないでしょうか。

その知識を活かして、思い切ってアドバイスをしてみると良いかと思います。

その結果、良い方向に転ばなくても最初は「どんまい!」という気持ちでやることをオススメします。

 

それでは、本日もお疲れさまでした!