デイリーマガジン【55】買いたい人、知りたい人

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

今日は昨日に引き続き、SEOに関しての話です。

ただ、どちらかというと、SEOというよりもマーケティングに近い話になります。

 

今日特に伝えたいのは「買いたい人、知りたい人」について。

これは超単純化した話ですが、何か調べ物をするときって

  • 買いたい
  • 知りたい

のどちらかですよね?

ワードプレスのテーマを「買いたい」
SEOについての情報を「知りたい」
iPhoneを「買いたい」
ブログの運営方法を「知りたい」

などなど。

 

で、これによって記事の書き方を変えるのがおすすめです。

ちなみに、明日の内容でお伝えしますが、細分化すると4タイプになります。

今までの内容をきちんと読んでいる人は

  • 買いたい → CA、RA
  • 知りたい → LA、RA

とすればいいなと分かるはずです。

 

もし、LA、RA、CAについてわからない人は、再度LINEを見返してみてくださいね。

どの記事にしても、あなたが使っているチェックリストは役に立つはずです。

どの記事の場合も、検索順位を上げるのに非常に役立ってくれると思います。

 

「知りたい」の場合はそれだけで十分なのですが、問題は「買いたい」のときです。

意外と、この「買いたい」タイプの記事の書き方が上手くない人が多いんですよね。

 

理由は単純で「そのノウハウは出回っていないから」だと思います。

ネットで手に入るSEO情報のほとんどは「ブロガーによるブロガーのための」みたいな情報が多いです。

アフィリエイターも書いてくれているのですが、どちらかというと「SEO」ってカテゴリーじゃないので、なかなか見つかりません。

なので、アクセスを集めるだけの運営はできても、ECサイトや、自社商品の販売に対しては全然役に立たなかったりします。

 

コンテンツマーケティングという用語が流行ったとき、「オウンドメディア」というものも一緒に流行っていきました。

(※オウンドメディアは、会社で持っているメディアサイトのこと。)

でも、そのオウンドメディアが「自社商品の販売に繋がらないケース」が非常に多いのです。

 

なので、あなたはこのキーワードが、

「買いたい人」向けなのか
「知りたい人」向けなのか

を判別して、ちょっと記事の書き方を変えてみてください。

 

「んー、どう書き換えるか」と分からないという方は、LINEをさかのぼってLA、RA、CAを見直してみてくださいね!

それでは、本日もお疲れ様でした。