デイリーマガジン【51】「集中投下」が効果的

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

それでは、昨日の続きについて書いていきましょう。

記事を早く書いてくための「リサーチ」を早くする方法ですね。

 

先に答えを言います。

解決策は、「同じようなカテゴリーの記事を 集中的に書いていく」ことです。

 

簡単に言えば、似た検索ワードの記事をまとめて書いていくイメージです。

なぜこれが有効なのか?

リサーチをしているときに、自然と周辺知識も頭に入ってくるからです。

 

そして、感覚として

「どういうところがポイントなのか」
「どういう悩みがあるのか」

が分かるようになるからです。

すると、次の記事を書く時にもそれが前提知識となり、スラスラ書いていくことが出来ます。

 

ただ、意外とこの「集中的に書く」って難しいんですよね。

私もそうなんですけどかなり飽きっぽいので、色んなカテゴリーの記事に手を回したくなってしまいます。

そんな時に思い返している言葉があります。

 

「Webサイトには、あなたが書きたいことではなく、ユーザーが知りたいことを書け」という言葉です。

 

これは、どこで聞いたか正直覚えていないのですが、SEOでかなり成果の出ている人がぼそっと言っていた言葉です。

「あー違うカテゴリー書きたい」

このように思った時は、この言葉をいつも思い出すようにしています。

 

とりあえず、上の言葉は置いておくとして、この「集中投下」テクニックは、結構いろんなところで使えます。

ぜひ、似たようなカテゴリーのコンテンツを連続で書いてみてください。

意外とスムーズに執筆できるはずです!

 

それでは、本日もお疲れさまでした。