デイリーマガジン【30】英語対策

正直、今日のテクニックは本当に教えたくないです。私の中では、超王道のテクニックなので。

でも、教えます!

人数限定なので、泣く泣くですが!

 

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

あなたは、英語のキーワードに対する対策ってどうしていますか?

  • Twitter
  • Instagram
  • WordPress

とかですね。

多分ですが、ほとんどの人は「Twitter」ってそのまま書いてるんじゃないですかね。

 

はい。

では、テクニックをもう話します。

 

文字数が許すのであれば「ツイッター(Twitter)」と表記してください。

 

理由を話します。

冷静に考えて欲しいのですが、自分が検索するときにカタカタの方が楽じゃないですか?

 

もっと考えていくと、40代、50代といったそもそもネット慣れしていない層の方が、律儀にスマートフォンの入力形式を切り替えて、英語で調べるとは思わないのです。

ツイッター、インスタ、ワードプレスって調べている可能性の方が高くないですか?

つまり、英語表記だけだと、カタカナで検索してくる人たちを取りこぼす可能性があるのです。

 

検索ボリュームが大きいのは英語表記だと思うのですが、カタカナで検索する層も狙いたいというのが本音でしょう。

だから、両方入れてください。

私は、見出しにも基本全部入れます。

 

ただもちろんですが、そのせいでやたらタイトルが長くなってしまったり、見出しが改行されてしまう場合は別です。

今日は完全にテクニックなので、この辺にしますね!

 

英語対策についてでした!

それでは、本日もお疲れさまでした!