デイリーマガジン【29】タイポ

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

みなさん、「タイポ」って知っています?

まあ、タイプミスのことなのですが。

タイプミスの対策をしている人ってかなり少ないんですよね。そもそもタイプミスの対策を、どうすればいいか分からないという人もいるのですが。

(ちなみに今回のテーマは、「自分のタイプミスをなくす」というものではなく、タイプミスして検索をしてきた読者をどうやって自分のサイトに誘導するかという方向性の話です。)

 

具体的に話していきますね。

私が、この経験をすることになったのは、「ワードプレス」を「ワールドプレス」と呼び続けている人に出会った時です。

 

その人が言うには

「ワールドプレスって検索してるのに調べたいことが全然解決しないんですよ」

って。

 

まあ、そりゃそうです。。。。

だって、違うものですものそれ。

 

ただ、その時に思ったんです。

「私のブログは、ワールドプレスと間違えて検索してしまうような人でも分かってもらえる内容だったかな?」と。

 

もちろん「ワードプレス」を見て、「ワールドプレス」と検索する人の本人の責任もあるでしょう。

だからといって、全く検索に引っ掛からずに問題が解決できない世の中というのは、あまりにドライすぎませんか?

ちなみに、最近は検索エンジンが進化してきているので、勝手に変換されて検索をかけてくれます。

例えば「ワールドプレス」と検索すると、「ワードプレス」と検索したときの結果を表示してくれるようになっています。

 

でも、私は思うのです。

そもそも「それって、ワールドプレスじゃなくてワードプレスだよ!」って伝えるようなブログ記事が一つくらいあってもいいのでは?と。

 

例えば私は最近、人狼の実況動画などを見るのが好きなのですが、
(謎な例ですみません。(笑))

「妖狐」という用語があるんですね。

これは「ようこ」と読みます。

 

ただ、私の友人はこの漢字を見て「ようき」って何故かずっと読んでたんですよね。

狐(きつね)だからですかね。良く分かりませんが。

 

ただ、目の前で彼が「ねえ!ようきって打って変換できない!」とか言っていたので、「いやいや、それ『ようこ』だから。」って言ったら、衝撃受けてました。

でも、こういう間違いって誰かに教えてもらわないと、なかなか自分で気づくのって大変だったりしますよね?

 

こういう「読み間違い」に気づかせてくれるブログがあってもいいんじゃないかな?と思うわけです。

で、話を戻して「ワールドプレス」と検索する人なんて、ほとんどがそもそもワードプレス初心者なので、初心者向けの記事に見出し1個分とかでいいから「ワールドプレスじゃなくてワードプレスですよ!」とか書いてあげて欲しいのです。

 

始まりはタイプミスの話ですが、これは「相手のレベル感」に通じるかなり重要な話です。

今日は、タイプミス問題について話しました。

相手のレベル感をしっかり考えて、コンテンツ制作をしていきたいですね。

 

それでは、本日もお疲れさまでした!