デイリーマガジン【24】読者のレベル感

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

今日は「読者のレベル感」についてお伝えしようと思います。

この知識は「より相手に読まれやすいコンテンツ」を作るために役立つ知識だと思います。

 

ちなみに、この内容を読んだ上で、今までの内容の内容も含めて「私のレベルに合っていない!」という場合は、サポート宛にご連絡いただきたいです!

 

【読者のレベル感とは?】

読者のレベル感を他の言葉で表すと、「相手の知識量」になります。

例えば、以下の2つのキーワードがあるとします。

  1. 「枕 おすすめ」
  2. 「枕 そば おすすめ」

ちなみになのですが、「そば」というのは枕の中に入っている素材の話で、そば殻のことを指します。

「そば」以外には「羽毛」や「パイプ」などがあります。

 

話を戻して、上の2つのキーワードで調べている人の知識量が違うことが分かりますか?

1のキーワードは、漠然と「おすすめの枕」について調べています。

ですが、2のキーワードは、そば殻の枕が良いというのをどこかで調べた上で、より深く調べるためのキーワードです。

 

そのため、枕に関する知識量は、2のキーワードの読者の方が多いでしょう。

これをレベル感と表現しています。

 

【キーワードによってレベル感を変える】

さて、このレベル感が違う時には、執筆するコンテンツ内容も変えるべきです。

  1. 「枕 おすすめ」
  2. 「枕 そば おすすめ」

1のキーワードには、『枕の素材には「そば」「羽毛」「パイプ」などがあります』という話は役に立つかも知れません。

一方で、2のキーワードの人たちにとっては、「そんなこと知ってるよ」という話かもしれません。

 

だからといって絶対に書いてはいけないということではないですが、自分がネットで調べ物をしている時に、記事の大半が既に知っている内容だったり、基本的な内容だったりすると「読みにくいなあ」と思ってしまいますよね。

同じようなことにならないように、読者のレベル感を考えてコンテンツを作る必要があります。

なかなか大変ですが、こういった気遣いも読者に伝わるので大切です。

 

今回は「読者のレベル感」についてお話いたしました。

それでは、本日もお疲れ様でした!