デイリーマガジン【18】検索ニーズの把握の仕方

いつもありがとうございます。

web+運営部です。

 

今日は、検索ニーズの把握の仕方についてお伝えしていこうと思います!

一応ですが「検索ニーズ」という言葉の意味について解説しておきますね。

検索ニーズを別の言葉で表現すると「検索する時に、検索キーワードから、どんな情報を知りたくて検索しているか」です。

 

例えば、「パソコン 安い」という検索キーワードがあったとします。

もしあなたが、このキーワードでGoogleで検索をするとしたら、それはどういう時ですか?

  • 安いパソコンを買おうとしている時
  • パソコンの安く買える場所を知りたい時
  • パソコンを安く買う方法について調べる時
  • 調べているパソコンが安すぎて不安な時

などなどイメージが湧きそうですよね。

 

これらはつまり「検索する時に、どんなことを考えて検索するか」であり、これを「検索ニーズ」と言います。

シンプルに言えば「何を調べたくて検索してるか」ですね。

「パソコン 安い」
「パソコン ハイスペック」
「パソコン 画像編集」

など、それぞれのキーワードに対して、検索ニーズが異なってくるのが分かりますか?

 

1分程度で良いので、上のキーワードで想像してみてください。そして、この検索ニーズが分かると、一気にコンテンツ制作が楽になるのです。

「この人は安いパソコンを探しているのか。だったら、安いパソコンのおすすめとそのパソコンの購入方法や注意点についてまとめればいいな」となるはずです。

 

その方針が記事の骨格となり、プラスαであなたが持っている知識を入れていけばいいでしょう。

検索ニーズが分かれば、記事の作成方針がすぐに作れるのが分かってきたかと思います。

 

では、「検索ニーズはどう調べるの」でしょうか。

さっきのような

「パソコン 安い」
「パソコン ハイスペック」
「パソコン 画像編集」

などであれば、ある程度想像できるかもしれません。

 

ただ中には「パソコン 安い オフィス」などという、把握しにくいキーワードもあります。

これはオフィス製品のことなのか、オフィスで利用することなのか、なかなか把握しにくいですよね。

 

こんな時は、一度そのキーワードで検索することをおすすめします。すると、上位に出てくるのは「オフィス製品」の方です。

つまり、このキーワードで検索されるのは、オフィス製品搭載パソコンを調べている時で、それにマッチしているコンテンツが上位表示されています。

そのため、おおよそ検索ニーズは「オフィス製品搭載パソコンを安く買いたい」であっているなと判断できます。

 

検索ニーズの把握ができると記事の方針がスムーズに決められますので、慣れていない内は記事を書く前に一度検索にかけてみるようにしましょう。

今回は、検索ニーズの把握方法でした。

 

それでは、本日もお疲れ様でした!