在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

スポンサーリンク

この記事では、在宅で仕事をする際に知っておきたい「ライティングの案件」の探し方についてご紹介します。

さらに、これからライティングの仕事をしようと考えている人のための、「求められているライティングの基準」についても触れています。

ライティングは基本的に、単価との勝負です。1記事300円の仕事をいくら頑張っても、残念ながらあなたが満足できる収入を手に入れることができません。

この記事を最後まで読んで、「在宅で仕事をする際の優良なライティング案件の取り方」をしっかりマスターしてください。

在宅の仕事として大人気「ライティング」

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

在宅で仕事をしている人の中には、「ライター」として活動している人が多いでしょう。

そして、ライターに必須なのが文章を書くスキル。つまり、「ライティング」のスキルです。

一方で、副業・本業を問わず、ライティングに関する仕事は人気も高く、すでに多くの人がやっているため、とても競争率の高い仕事でもあります。

特に「ライティング」で、高額の案件や、割の良い条件の仕事をなかなか見つけられず、ライターとして満足のいく収入を得られていないという人も多いのではないでしょうか?

在宅仕事で「ライティング」の仕事をとるには?

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

そこで、在宅の仕事として「ライティング」を選んだあなたが、まず最初に知っておくべきことは「仕事の取り方」です。

すでに、仕事のつてなどで、クライアントがいるという人は別ですが、在宅で仕事をしようと考えている方にとって、このような人脈を持っている人は少ないはず。

であれば、「どうやってライティングの仕事をとるか」を学ぶことは、絶対に必要な知識になるはずです。

とはいえ、いきなりフリーランスなどが集まる交流会に顔を出して、積極的に営業をするというのはハードルが高いのではないでしょうか?

そこで、もっと簡単にライティングの仕事をとる方法として、ここでは3つのクラウドソーシングサイト(仕事の依頼や受注を仲介するサイト)をご紹介します。

ライティングの仕事を探すなら?
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • shinobiライティング

それぞれ特徴が異なるので、もう少し詳しく解説していきます。

クラウドワークス

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

(クラウドワークスより)

フリーランスのライターの多くは、まず最初に「クラウドワークス」というサイトで仕事を探します。

クラウドワークスは、数あるクラウドソーシングサイトの中でも国内最大級の規模を誇ります。

それだけ多くの案件が集まりますし、初心者でも可というライティング案件もあるので、在宅でライティングの仕事をする人なら必ず登録しておきたいサイトの1つです。

在宅で仕事をするなら、とりあえず「クラウドワークス」に登録するのは基本です。

ランサーズ

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

(ランサーズより)

クラウドワークスと並んで、フリーランスの人によく利用されるクラウドソーシングサイトが「ランサーズ」です。

ランサーズも登録は無料で行えるため、在宅で仕事をするなら必ず登録しておくべきサイトになるでしょう。

クラウドワークスとさほど大きな違いはないため、2つのサイト両方に登録して、案件探しの幅を広げるのがオススメです。

shinobiライティング

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

(shibobiライティングより)

在宅仕事で「ライティングの案件」を探しているなら、「shinobiライティング」というクラウドソーシングサイトにも登録しておきましょう。

上記の2つほど規模は大きくないものの、ライティング専門の求人サイトなので、自分にあった仕事を見つけやすいという利点があります。

クラウドワークスやランサーズは有名なだけあって、たくさんの人が利用しているので、良い案件もすぐに他の人に取られてしまう可能性が高いです。

その点、少し知名度の点で劣るshinobiライティングのようなサイトの方が、案外良い案件が見つかることも良くあります。

どれくらいのライティングスキルが求められる?

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

在宅の仕事として「ライティング」を行う際、依頼主はどの程度のライティングスキルをあなたに求めているのでしょうか?

実は、クラウドソーシングサイトからの案件くらいであれば、そんなに難しいレベルは求められていないのです。

せいぜい、以下の3点を意識すれば、ライティングスキルの面で「落第」することはないでしょう。

求められているライティングの基準
  • 読みやすい文章になっているか?
  • オリジナルの記事か?
  • 目的が明確になっているか?

読みやすい文章になっているか?

ライティングの仕事といっても、そこまでハイレベルな要求は普通はされません。

それよりも、文章の誤字脱字はないか、読んでいて意味が分かるかといった「読みやすいかどうか」という基本的な点さえ守れていれば、大抵の依頼主は満足してくれるはずです。

僕も昔、100人以上の人に文章の添削をしてきたことがあるのですが、案外「日本語としておかしい文章」を書く人が実に多いのです。

例えば、主語と述語が一致していなかったり、句読点が全くなかったり、助詞「てにをは」の使い方がおかしかったり、などなど。

逆に言えば、このような必要最低限の日本語をしっかり書けるだけでも、自信を持ってライティングの仕事を引き受けても大丈夫です。

オリジナルの記事か?

ライティングの仕事を受ける際に絶対にやってはいけないのが「他の人の文章の丸パクリ」です。

ライティングの仕事を引き受けたからには、必ず「オリジナルの記事」を書いてください。

とはいっても、何も1から全て書く必要はありません。むしろ、上手い人の文章を”参考”にするのは積極的に行うべきです。

コピペなどはもってのほかですが、上手い人の文章を”参考”にして自分の言葉で記事を書けば、基本的には問題ありません。

目的が明確になっているか?

ライティングの初心者がよくやりがちなミスとして、「あれもこれも書こうとする」というものがあります。

ですが、ライティングの世界では「1記事1テーマ」という言葉があるように、「この記事では何が言いたいのか?」という目的をしっかり定めることが大切になります。

逆に「あれもこれも」と内容を詰めすぎてしまうと、文章のテーマが複雑になって、読みにくい文章になってしまいます。

文章をいきなり書き始めるのではなく、まず最初に「この記事はどんな人に向けてどんなことを伝えるために書くのか」という目的を明確にすることで、依頼主に喜んでもらえる質の高い記事が書けるようになります。

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選 まとめ

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

今回は、在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方や、最低限知っておきたいライティングの基準についてご紹介しました。

特に、ライティングはライバルの多い仕事なので、スキルを磨くのももちろんですが、「仕事の取り方」を知っておくことも必ず必要です。

最後に一言だけ付け加えておくと、在宅で仕事をする際はライティングのスキルだけではなく、「フリーランスとしての心構え」の方がはるかに大切だったりします。

フリーランスのライターとしての心構えは以下の記事で詳しく解説しているので、在宅でライティングの仕事をしている人は、こちらの記事も必ず目を通してください。

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

ライターがアルバイトを在宅でするときの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

2017.08.16




在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です