Yahooグループも仮想通貨交換業への参加を表明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の4月13日に、Yahooのグループ会社であるZコーポレーションが、仮想通貨の交換業者である「ビットアルゴ取引所東京」に出資をすることを正式に発表した。

Yahooという大手が仮想通貨事業に参入するということで、その詳細についていち早くチェックしておくべきだろう。



Yahoohが仮想通貨交換業者へ出資

Yahoo

4月13日、Yahooグループの子会社「Zコーポレーション」は、株式会社シーエムディーラボの完全子会社であり、仮想通貨の交換業者である「ビットアルゴ取引所東京」への出資を発表した。

ビットアルゴ取引所東京のホームページでは、「当社へのZコーポレーションの資本参加について」と題して、

本日、当社は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)の100%子会社であるZコーポレーション株式会社(以下、Zコーポレーション)からの資本参加を受入れることを決定いたしました。

当社はZコーポレーションに対して第三者割当増資を実施すると共に、当社の親会社である株式会社シーエムディーラボ(以下、シーエムディーラボ)はZコーポレーションに対して株式譲渡を行います。

なお、本資本参加により、当社はシーエムディーラボの子会社であるとともに、Zコーポレーションの持分法適用会社となります。

当社は、本資本参加の結果、ヤフーグループの持つサービス運営やセキュリティのノウハウを活用することが可能となり、当社が運営する取引所サービスの開始準備や開始後の運営を充実させ、お客様にとって使いやすく安全な取引所サービスの提供を促進させることとなります。

という文が掲載されている。

Zコーポレーションとシーエムディー社、出資比率や出資額は?

ビル 会社

13日の発表で明らかになったビットアルゴ東京へのへの出資比率は、シーエムディーが60%、Zコーポレーションが40%となっている。出資額は非公開だ。

現在の時点ではまだ、ビットアルゴ東京は稼働していない。出資の実施が今年4月、サービスの開始が今年の秋を予定しているとのこと。

Yahooの持つサービス運営やセキュリティのノウハウを用いることで、より仮想通貨取引の安全性や利便性を高める狙いだ。

以下は、株式会社ビットアルゴ取引所東京のホームページに記載された文章。

スクリーンショット 2018 04 13 20 50 34

(引用:ARG(アルゴ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加