独立後の「こんなはずじゃ…」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、フリーランスという自由な仕事のスタイルが人気を集めています。特に初心者でも簡単に参入できるという点でライターへの転職・独立を考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、あなたはライターがどんな仕事や働き方をしているかを知っていますか?もしかしたら、今の仕事を続けた方が幸せなのかも…

そんなわけで、今回はライターという仕事の全体的な仕事内容や働き方、収入面や仕事の探し方などの基本的な内容をおさらいします。

思い切ってライターとして独立した後に、「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、今一度ライターという仕事について理解を深めて欲しいと思います。



ライターの仕事内容

独立後の「こんなはずじゃ&」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

ライターと一言で言っても、webライター、雑誌ライター、コピーライターなど様々な仕事が存在しますが、共通しているのは文章を書く仕事だという点です。

今では、フリーランスとして個人でライターをしている人や、空いた時間を使ってライターのバイトをしている人なども多くなってきています。

基本的には、ひたすら文章を考えて書き続ける仕事なので、デスクワークや文章を書くのが好きな人に適した仕事と言えます。

ライターとして仕事をするのに必要な資格

独立後の「こんなはずじゃ&」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

ライターの専門学校なども存在するため、ライターとして仕事をするためには何か資格が必要だと思っている人も多いかもしれません。

しかし、フリーランスやバイトとしてライターをしている人もいるように、ライターという仕事をすること自体には資格は必要ありません。

逆を言えば、誰でもライターとして仕事をすることが出来てしまうという事でもある為、ライターとして生きていくためには、それなりの経験や実績、スキルが必要になります。

ライターの働き方

独立後の「こんなはずじゃ&」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

ここからはライターのワークスタイルについて見ていきましょう。

現在ライターとして仕事をしている人は、以下の働き方のどれかに該当します。

会社員

会社員として働くライターは、広告代理店や出版社などに多く存在します。ライターの中では固定収入があるという点では一番安定しています。

資格が必要ないライターとはいえ、流石に会社に就職してライターとして仕事をする以上は、ある程度のライター経験や実績が必要になります。

多くの会社では、原稿を書いた文だけ収入が増える歩合制を採用しているため、固定給に加えて+αの収入を得ることも可能です。

ただし、ライターとはいえ雇われている以上は、自分が書きたいと思った分野で文章を書けるとは限らない点が少し残念ですね。

アルバイト

アルバイトとしてライターをしている人の中には、実際にオフィスに赴いて規定時間内でライター業をする人も多いでしょう。

基本的には他のアルバイトと変わらず、指定された時間内で仕事(執筆)をすることになります。

同じ会社で仕事をするという関係上、一度雇われてしまえば、仕事を探さなくても良いのはライターとしてはありがたいですね。

初心者でも歓迎という会社もたくさんあり、ライティングの技術も教えてもらえることが多いため、ライター初心者にお勧めの働き方と言えます。

在宅

フリーランスのライターであれば、在宅で仕事をする人も多いのではないでしょうか?

在宅での仕事は、依頼された仕事の納品さえしっかりやっていれば、どの時間にどんなスタイルで仕事をしても問題ないので自由にライターをすることが出来ます。

しかし、在宅で仕事をする場合は、自分で仕事を取ってくる必要がありますし、一人でいるとつい怠けてしまうこともあります。

隙間時間にちょこっと副収入を得たい人か、逆に個人事業主としてがっつりライターをしたい人にお勧めのワークスタイルです。

気になる収入面は?

独立後の「こんなはずじゃ&」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

ライターという仕事に興味があっても、収入面が低かったら躊躇してしまいますよね。

基本的にライターは、オフィス内や自宅にこもって仕事をするため、意外とライターの収入事情などがつかめない人も多いことでしょう。

では、実際のところ、ライターの収入面はどうなっているのか?ちょっと覗いてみることにしましょう。

会社員の場合

会社員の場合は、ライターと言ってもサラリーマンという立場になる為、一般的な会社員の収入を想像してもらえれば大きく外れることはないでしょう。

求人・転職サイトのはたらいくが公開しているデータによると、ライター系業種の平均月収は18万となっています。

勤めている会社によっては増減もあるとはいえ、会社員としては一般的な収入なのではないでしょうか?

フリーランスの場合

フリーランスのライターの場合、稼げない人はまったく稼げない一方で、サラリーマンをはるかに超える収入を得ている人もいます。

よって、フリーランスのライターの平均収入は一概には言えず、ピンキリであるという表現をせざるをえません。

ただし、専業のライターとしてサボらずに仕事をしていれば、月10万くらいは平均的に稼ぐことは可能です。

それ以上の収入を目指す場合は、働く時間を増やすか、実績を積んで好条件で仕事を請けるといった工夫が必要になります。

ライターの求人と仕事の取り方

謙虚さ

特にフリーランスとしてライターをしている場合に不安になるのが、実際に仕事が取れるかどうかという点です。

ライターの場合は、実績や知名度が無い限り、自分から仕事を探しに行かないとなかなか仕事を請けることは難しいです。

そこで最初のうちは、クラウドソーシングサイトでライターの案件をこなして実績を積むことが最優先になります。

ライターにお勧めの求人サイトは、以下の記事で詳しく解説しているので、仕事の取り方が気になる方は、併せて参考にしてみてください。

在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

どうしてもライターの仕事が無い時は…

独立後の「こんなはずじゃ&」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

ライターとして長期的に仕事をしている中で、仕事がどうしても見つからない…というタイミングも残念ながらあります。

そんな時は、今までに仕事をしてきた相手に連絡をしてみたり、横のつながりから仕事をもらえないか頼んでみると良いでしょう。

また、仕事が無いときは、いっそのこと「長期休暇」として休みを取るという思い切った発想も結構効果があります。

仕事をした分だけ収入が増えるフリーランスはともすれば、働きすぎてしまうことも多いもの。このタイミングで休養を取ることも次の仕事に繋げるうえで重要です。

ライターをするなら最初は副業からがお勧め

独立後の「こんなはずじゃ&」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

最後に現在、会社員やアルバイトをしている人へのアドバイスがあります。それは、「ライターは副業から始めろ!」という事です。

昨今のフリーランスや個人事業ブームに影響を受けて、自分もライターとして独立しようと考えているかもしれません。

しかし、初心者のライターは労働時間のわりに収入も多くないのが現状です。

最初は隙間時間を使って、コツコツとライティングの仕事をこなし、ある程度実績や知名度を得てから独立するのが、賢い個人事業主ライターへの道なのです。