【厳選】ライターが”今読むべき”web+の必読おすすめ記事10+1選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、「Webを活用した事業化に向けた、スキルと具体的なアクションを提供していくフリーランス向けのポータルサイト」であるweb+がこれまでに提供してきた中でも、特にライターに読んで欲しい記事をご紹介します。

初心者向けのものから、プロのライターの方に読んで欲しいハイレベルな内容までを幅広く網羅しているので、文章を書くことが仕事の人は、この機会に有益なライティングノウハウを学んでください!



【文賢】誤字脱字に加えて、読みやすい文章を徹底サポートしてくれるこのツールがすごい!

スクリーンショット 2018 02 11 21 02 26

最近、多くのライターが注目している最新ツールが公開されています。それが「文賢」という文章の校閲(こうえつ)、推敲(すいこう)ツールです。

校閲とは、文章の誤字脱字や文法的におかしい部分などを修正することを言います。一方で、推敲とは、文章をより良いものにすることを言います。

あなたも文章を書いた後、誤字脱字がないかをチェックしたり、読みやすい文章になっているかを確認するために自分で文章を読み直す作業をしていることでしょう。

それらの面倒な作業を、正確かつ素早く処理できる機械が全てを代わりにやってくれるのです。ライターやマーケッターなら一度はお世話になっているであろうウェブライダー社のツールなので信頼感も抜群です!

今すぐに、「【文賢】誤字脱字に加えて、読みやすい文章を徹底サポートしてくれるこのツールがすごい!」をチェックして、あなたの文章力をさらに向上させましょう。

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

本 積ん読

文章力を鍛えるために、もっとライティングの知識を学びたい。そんなあなたにオススメな記事が「独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!」です。

プロのwebライターが数十冊の中から「これは本当に読んでよかった!」というライティングの本を厳選して、5冊にまとめたものを紹介した記事です。

何も情報を得ずに、いきなり書店の「文章力コーナー」に足を運ぶと、多すぎる本を前に「一体どれが良い本なんだ」と悩むことになるでしょう。

そのような無駄な時間を過ごさないためにも、あらかじめ「独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!」を読んで、最短最速でライティングスキルを極めてください。

【完全保存版】より速く質の高い記事を書くため4つの下準備

文章 下書き


文章を書くのが遅くで疲れてしまう。内容は良いはずなのに、多くの人に読んでもらえる記事が書けない。

そんなお悩みを持つライターは、ぜひ「【完全保存版】より速く質の高い記事を書くため4つの下準備」の記事を読んで見てください。

実は、記事の上手い下手は、記事を書き始める前の段階で8割決まると言われています。

いきなり文章を書き始めるのではなく、しっかりとした”下準備”を行うことで、結果的に短い時間で多くの人に読んでもらえる記事をかけるようになります。

独立後の「こんなはずじゃ…」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方

パソコン ライター 独立ご

ライターとして仕事をしているのであれば、文章を書く仕事で独立を目指している人も多いのではないでしょうか?しかし、ライターとして独立するのは、かなり大変なことが多いのも事実です。

ライターとして独立してから、「あれ?こんなはずでは?」とならないためにも、今の内からライターという仕事の現状や働き方を知っておくべきでしょう。

今は副業としてライターをしているけど、いずれは独立したいと考えている人は、「独立後の「こんなはずじゃ…」を防ぐ、ライターの仕事内容・働き方」の記事に必ず一度は目を通してください。

現役のプロコピーライターが教える、コピーライティング4つの基礎

【厳選】ライターが今読むべきweb+の必読おすすめ記事10+1選

多くの人に読んでもらえる文章を書くためのスキルに「コピーライティング」というものがあります。

現役のプロコピーライターが教える、コピーライティング4つの基礎」という記事では、実際にセールスレターなどの執筆も手がけるプロのコピーライターが普段から使っている珠玉のライティング術を丁寧に解説しています。

まだライティングに自信がない人はもちろん、すでにプロのライターとして活躍している人も「復習」として、最後読むべき記事になります。

この記事で開設されている通りに文章を書くだけで、プロ顔負けの記事を書けるようになります。様々な依頼主からの執筆依頼が舞い込む未来を想像してニヤニヤしちゃいましょう。

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら…

【厳選】ライターが今読むべきweb+の必読おすすめ記事10+1選

クラウドワークスやランサーズといったフリーランス向けの求人サイトを覗いてみると、「初心者でもOK」という表記が目につきます。

なので、このような案件を狙って行くことで、ライター未経験者でもライターの仕事を始めることは可能です。

ライターという仕事に興味はあるけど、未経験だから不安という人は、「未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら…」という記事を読んでもらえれば、安心してライターデビューをすることができます。

また、未経験ライターが知っておきたい、「ライターに必要な文章力”以外”のスキル」などについても触れているので、合わせて参考にしてもらえればと思います。

平均的なライターの1時間当たりの執筆文字数、気になりませんか?

【厳選】ライターが今読むべきweb+の必読おすすめ記事10+1選

平均的なライターの1時間当たりの執筆文字数、気になりませんか?」は、1時間あたり2,500文字を執筆するライターが、どのような工夫を行なっているかを解説した記事です。

実際、当記事で紹介している内容以外の方法で、執筆速度を上げる方法はないといっても過言ではありません。それくらい、記事を早く書くコツというのは、実はシンプルなんですね!

この記事を読んで、しっかりと”実践”してもらえれば、あなたでも時速2,000文字の高速ライターになることは十分に可能です。

ライティングの極意!記事を書く前に考えたい3つのこと

【厳選】ライターが今読むべきweb+の必読おすすめ記事10+1選

せっかく一生懸命書いた記事なのに、誰にも読まれない。そんな悲惨なことはできれば避けたいですよね?

ライティングの極意!記事を書く前に考えたい3つのこと」という記事では、誰にも読まれない記事の3つの特徴を解説しています。

加えて、多くの人に読んでもらえる記事を書くコツについてもしっかり解説しているので、自分の書いた文章はアクセスが伸びないとお悩みのライターに読んで欲しい記事となっています。

ライティングの基礎を復習!初心者ライターの文章はなぜ読みにくいのか?

【厳選】ライターが今読むべきweb+の必読おすすめ記事10+1選

いろんな人の記事を読んでいると、すんなりと頭に入ってくる記事もあれば、読むのが苦痛ですらある記事もあります。これらの違いは一体どこにあるのでしょうか?

多くの人は「内容が簡単か難しいか」を原因にあげるかもしれません。

ですが、読みやすい記事と読みにくい記事の差はもっと基本的なところ。「正しい日本語」の使い方にあるのです。

ライティングの基礎を復習!初心者ライターの文章はなぜ読みにくいのか?」で紹介している正しい日本語を徹底するだけで、スキルがなくても読みやすい文章が書けるようになるのです。

1記事で網羅!ブログの立ち上げからアフィリエイトの収入獲得まで

【厳選】ライターが今読むべきweb+の必読おすすめ記事10+1選

1記事で網羅!ブログの立ち上げからアフィリエイトの収入獲得まで」という記事では、アフィリエイトのやり方について、”具体的なやり方”を踏まえて、懇切丁寧に解説しています。

ライターというよりはブロガー向けの記事ですが、「文章を書くことでお金を稼ぐ1つの手段」としてアフィリエイトを取り入れるのは素晴らしいアイデアです。

一般的な「アフィリエイト解説本」では解説されていないような「痒い所に手が届くきめ細やかさ」をモットーに執筆された記事なので、アフィリエイトに興味がある方は必ず読んで欲しい記事です。

ちなみに本記事は、16390文字もある大ボリュームな記事なので、時間があるときにゆっくりと読むことをお勧めします。

今以上に本格的にライティングを学ぶなら?

キーボード 文字列


今回紹介した10のライティング記事を読むだけでも、そこらのライターが太刀打ちできない「凄腕ライター」になることができるはずです。

しかし、それでもまだ自分のライティングスキルに不満がある、もっと上を目指したいという方は、ぜひ「「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい」で紹介している本を購入して見てください。

この本を読まずにライターを名乗ってはいけない。それくらい、文章を書く仕事をする人にとっての「必読本」です。まだ読んでいない人は、今すぐ上の記事を読んで「現代広告の心理技術101」を手に入れてください。

この記事が、少しでもあなたのライターライフを豊かにする助けになっていれば嬉しいです!