たった30文字で読者を操るタイトル作成3つのノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一瞬で読者を記事に引き込むタイトルのつけ方を知りたくはないですか?

この記事では、多くの人が興味を抱かずにはいられない3つの心理トリガーをご紹介しています。

30文字のタイトルの中で、これらの心理トリガーを活用すれば、読者をあなたの思い通りに行動させることができるようになるでしょう。



読者が絶対に抵抗できない3つの心理トリガー

心理 脳

少し想像してみてください。なぜ読者は、顔も知らないあなたが書いた文章を、時間をかけて読むのでしょうか?

その答えは、「この記事を読むことで何かしらメリットがある」と判断したからです。もしくは、「この記事を読まないと、大きな損ををする」と感じたからです。

つまり、この記事を読むメリットや読まないことによるデメリットを感じたときに初めて、読者はあなたが書いた文章を読む気になるのです。

中でも、「金銭的にお得な情報」、「ためになる情報」、「限定的な情報」は、多くの人の興味を引きつけやすいテーマとされています。

これら3つの心理トリガーを用いて、読者を思い通りの行動させるテクニックを、詳しく解説していきます。

タイトル作成ノウハウ1:金銭的にお得な情報

Okane

記事を読み進めてもらう上で、最も多くの人に影響を与える要素が、「金銭的にお得な情報」です。

あなたも、「割引」や「無料」といった言葉には、少なからず反応してしまうのではないでしょうか?

現代において、お金を必要としていない人は一人としていません。つまり、どんな人にとっても「金銭的にお得な情報」には興味があるのです。

では、金銭的にお得な情報を、うまく記事のタイトルに盛り込むためにはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか?

「金銭的にお得な情報」であることを読者に知ってもらう手段として、以下に3つのパターンをご紹介します。

割引情報

金銭的にお得な情報の中で最もよく目にするのが、「割引情報」です。効果的な表現としては、「◯%OFF」や「お得」といった使い方をすることで、読者の興味を引くことができます。

その際、できるだけ数字を具体的に示すことで、さらに”お得で信ぴょう性の高い演出”することが可能です。

例えば、「年間で約20万円お得」よりも「年間で190,710円お得!」と伝える方が、リアルな表現となり、読者の興味を強く引きつけることができます。

無料情報

金銭的にお得な情報の中でもひときわ効果の高い情報が「無料」であることを伝えるメッセージでしょう。直接的に「無料」という言葉を用いてもいいですし、「0円」「タダ」という表現を用いるのも効果的です。

無料ではない情報を提供する場合も「実質無料」といった表現を使うことで、読者の目を釘付けにすることも可能です。もちろん、実質無料の”理由”を明確に伝える必要はありますが。

ただし、あまりにも無料を強調しすぎると、逆に怪しさや不信感を読者に抱かせてしまうこともあります。非常に強力な文言であるがゆえに、使い所は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

条件情報

直接的に「お金の節約」には結びつかない場合でも、「金銭的にお得な情報の効果」を利用する方法があります。それが、「条件情報」を伝えることです。

条件情報とは、商品に付随する特典でお得さをアピールしたり、分割支払いなどに対応しているなどの「条件」を全面に打ち出した情報のことを言います。

例えば、テレビ通販などで「さらにこちらもお付けして、お値段変わらず9,800円!」というセリフを聞くことがよくありますよね。

このように、値段は変わらなくても「お得さ」を感じてもらう方法は様々あります。

どのような表現をしたら、読者がお得感を感じてくれるかを考えながら、読者を引きつける記事タイトルを作ってみましょう。

タイトル作成ノウハウ2:ためになる情報

パズル ノウハウ

世の中には、「ノウハウ」や「方法」といったためになる情報を求めている人がとても多いです。よって、これらの単語をタイトルに盛り込むだけでも、読者の興味を引くことができます。

ただし、40代の男性が「メイクの方法」という情報を求めていないように、誰にでも効果のある「ためになる情報」は存在しません。

その点で、全ての人が興味を持つ「金銭的にお得な情報」よりは、限定的な効果になってしまうので注意が必要です。

ためになる情報は大きく分けて「技術情報」と「アドバイス情報」の2つに分類できます。それぞれの特徴について以下でより詳しく解説します。

技術情報

技術的な情報とは、ある特定のジャンルに関しての方法論を体型的にまとめた情報のことを言います。

この記事タイトルでもある「3つのノウハウ」というのも、この技術情報に分類できますね。

特に読者の大半は、そんなものが本当にあるかどうかはさておき「簡単で」「素早く」実践できる”裏技”的なノウハウを欲しています。

このような”裏技”のニーズを理解して、その需要にマッチしたノウハウや方法論を提供してあげれば、読者はたちまちあなたのファンになること間違いなしです。

アドバイス情報

前述した技術情報は、場合によっては”上から目線”と取られる場合もあります。そのような時に使えるのが、「アドバイス」を意識したタイトルを作るという方法です。

「〜でお悩みの人に伝えたいアドバイス」や「ここだけは抑えておきたいたった1つのポイントとは?」のような言い方をすることで、上から目線感を減らしつつ、読者に「ためになる情報」を伝えることができます。

技術情報が先生と生徒という関係性に近いのに対して、アドバイスは先輩と後輩といった関係性に近いかもしれません。

読者との関係性や、自分が発信する情報のテーマに合わせてうまく使い分けながら、読者に「ためになる情報」であることを伝えるのが”ポイント”です。

タイトル作成ノウハウ3:限定情報

卵 限定

人の行動に影響を与える要素の1つとして、偉大な力を持つのが「限定」であることを伝える方法です。

例えば、買おうかどうか迷っている商品を前にしたときに「これが最後の商品です。今度再入荷の予定はありません」という張り紙を見たら、「せっかくだし買っておこうか」と考えるはずです。

このように「限定」であるという情報を伝えることも、読者を思い通りに行動させるための1つの戦略です。

具体的には、「数量限定」「期間限定」「条件限定」という3つの表現の仕方が考えらます。それぞれについて、詳しく解説していきますね。

数量限定

「限定」という言葉を聞いて真っ先に思い出すのは、商品の数量が限られている場合ではないでしょうか?

「先着10名限定」であったり、「商品はこの1点限り」といった表現を用いることで、「今すぐに行動しないと、大事なチャンスを失う」という気持ちを読者に抱かせることができます。

どちらかというと、セールスライティング寄りの手法であるため、WEBライティングのテクニックとしては使いどころを選ぶ方法ですが、機会があれば是非取り入れたいライティングのテクニックです。

期間限定

数量ではなく、期間を限定するという方法も、読者の興味を惹きつける効果的な方法です。

例えば、「ライティングのノウハウを今月限り、全て公開します!」という文章を見たら、多くの人は「気になるから少し文章を読んでみよう」という気になることでしょう。

「今だけ」「今なら」「○まで」と言った表現をうまくタイトルに盛り込むことができれば、より多くの読者にあなたが書いた文章を読んでもらえるようになります。

条件限定

限定情報の中でも、特に特定のターゲット層に対して強くアプローチしたいときに有効なのが「条件限定」を使う方法です。

例えば、「社会人3年目の会社員必見!」というタイトルを見たら、社会人3年目の会社員にとっては「自分に向けて情報を発信している」という印象を受けます。

なんだかんだ言っても、人が一番興味を持っているのは「自分のこと」です。つまり、読者に「これは自分に向けた情報なのでは?」と思わせた時点で、とりあえず記事を読んでみようという意欲を引き出すことができるのです。

「条件情報」は、比較的簡単にタイトルに盛り込むことができるので、常に頭の片隅に留めておきたい表現方法です。

自分の発信する情報にあった心理トリガーを活用する

人口 人々

今回紹介した3つの心理トリガーは確かに強力ですが、闇雲に使っても最大限の効果を発揮することはできません。

例えば、高くてもいいから良いものが欲しいというニーズのある富裕層に向けて、「割引」や「無料」を全面に押し出すのはかえって逆効果となるでしょう。。

大事なのは、これらの心理トリガーの存在を知っておくことに加えて、自分の文章のターゲットに最もマッチした表現方法を使うことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加