「春」のオススメキーワードと、オススメのコンテンツ投下時期はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キーワードが思いつかない」こんなことで悩んでいるWebマーケターの方はいませんか?SEO対策をする上ではキーワードの選定は非常に肝の部分ですよね。常に頭を悩ませているはずです。

今回はそんな悩めるマーケターにオススメしたい、「春」のオススメキーワードについて触れていきます。


「春のキーワード」もう考え始めるの?

「3月に入ってからでも遅くないだろう」と考えているそこのあなた。コンテンツ量で勝負して内容には特に注力しない場合であれば春に入ってからでも遅くはないでしょう。しかしキチンと力を入れて春もキーワードをゲットするのであればこの段階から考え始めたほうがいいのです。コンテンツも作り込んでキーワード選定もしてマーケティングも組んで・・・。これらを行うためにも余裕を持って現段階から取り組み始めましょう。

「季節」「時代」の力をフルに活用

ベンチャー企業や、メディアを始めたばかりの人は特に「季節」や「時代の流れ」をフルに活用したマーケティングを組んでいくことをオススメします。コンテンツ力や企業、ブランドとしての知名度もない状態で自分たちが「やりやすい」キーワードばかりを追っていたらアクセスを集めることはできないでしょう。

春だったら卒業、入学、入社、新生活というキーワードが思いつきますよね。夏だったらプール、海、花火、フェスなどが思いつきます。実際にそれらの季節に合わせたマーケティングを大手も組んでいます。それはほとんどの人が季節には抗うことができないから。夏に暖房器具を買う人はいないでしょう。エアコンや扇風機を買いますね。物理的に考えて人は季節に沿って、そして時代の流れに沿って生活をしているからこそ多くの人の目に留まり注目を集めることができるのです。

春はどのキーワードをどの段階で投入するのがオススメ?

今回は「Google トレンド」というツールを活用し、どのキーワードがどの時期にどのくらい調べられているのかということを見ていきます。Google トレンドでは

数値は、特定の地域と期間について、グラフ上の最高値を基準として検索インタレストを相対的に表したものです。100の場合にはそのキーワードの人気度が最も高いことを示し、50の場合には人気度が半分であることを示します。0の場合はそのキーワードに対する十分なデータがなかったことを示します。

と表記されています。これからグラフを活用して説明をしていきますが、その時の参考にしてください。

<入学式>

まずは多くの人に関係してくる入学式です。お子さん(お孫さん)が入学される人、自分自身が入学する人多くの人に当てはまる内容です。特にこのキーワードでのターゲットは「入学する子供を持つ親世代」と思ったほうがいいでしょう。それでは以下のグラフをご覧ください。

「春」のオススメキーワードと、オススメのコンテンツ投下時期はこれだ!

このグラフは「<入学式>というキーワードの人気度の推移」を表したグラフです。最も人気度の高い100の数値を出している期間は「4/2~4/8」であることがわかります。この時期に入学式が行われることが大きく関係してくるでしょう。また、この1週間ほど前の「3/26~4/1」の期間では注目度が4/3なため、ここから爆発的に伸びていることがわかります。そして、以下のグラフをご覧ください。

「春」のオススメキーワードと、オススメのコンテンツ投下時期はこれだ!

これは「<入学式 服装>というキーワードの人気度の推移」を表したグラフです。ここでも「4/2~4/8」の期間が最も人気度が高いことがわかります。ということはこの時期に検索をしている人の多くのニーズは「子供の入学式で着ていく服装が知りたい」ということでしょう。特に初めての入学式の参加ともなると調べたくなりますね。なのでこのグラフから読み取ると、「子供の入学式に初めて行く」お母さんorお父さんが「入学式に着て行く服」を知りたいわけです。男性はおそらくスーツなので、基本的には女性ターゲットになるでしょうか。ここでは多くのメディアや企業、ブランドは服の販売を主としてマーケティングを組んでいくことになるでしょう。

そうなると莫大な広告費をかけることのできる大手が強いので、ベンチャーだと闘うことができなくなってしまいます。そんな時は服を売るだけでなく別の切り口から<入学式 服装>というキーワードを取り込んでいきたいですね。例えば、「入学式当日、服を着たまま作れる服を汚さない時短料理テクニック」とか。現代の入学式の服装のトレンドをまとめたコンテンツを配信するのもいいですよね。

そしてコンテンツを投下する時期は3月の最終週からをオススメします。

<花見>

続いては社会人になると特に関係してくるであろう<花見>というキーワードに触れていきます。それでは以下のグラフをご覧ください。

「春」のオススメキーワードと、オススメのコンテンツ投下時期はこれだ!

<花見>というキーワードにおいても「4/2~4/8」の期間に最も人気が集まっていることがわかります。この花見というイベントの特性を考えると新入社員の歓迎の機会として活用されたり、大学生ならサークルやゼミの新歓として行われたりもします。その時に気になるのはやはり「オススメの場所」ですよね。都内で言うと、新宿御苑や代々木公園などは例年多くの花見客でごった返し、楽しい中にも周りの目を気にしながら少し控えめになる方もいるはずです。事実、周りを気にしないで馬鹿騒ぎしていて近くの花見客とトラブルになったと言うケースもよくありますよね、僕も遭遇したことがあります。だからこそこの時は「満開の花見を全く混雑せずに見られるオススメのスポット」についてのコンテンツや、「外にずっといても缶のお酒をキンキンに冷やしてくれる機械」や「お酒のまとめ買い割」などといったサービスを提供することも1つのいい方法ですね。花見は<入学式>と言うキーワードよりもマーケティングを考えやすいと僕は考えます。

コンテンツを投下する時期は、断定できません。地域によって花見の時期や桜の満開のピークも異なるため、地域ごとに選ぶべきです。ご自身がビジネスを手掛ける地域、手掛けたい地域の花見の時期を調べてからコンテンツを投下することをオススメします。

<母の日>

続いては<母の日>と言うキーワードに関して触れていきます。それでは以下のグラフをご覧ください。

「春」のオススメキーワードと、オススメのコンテンツ投下時期はこれだ!

母の日は「5月の第2日曜日」のため、「5/7~5/13」の間に人気度が最も高くなっています。今年2018年の母の日は「5/13」なため、このグラフの通りに人気度が高くなることが見込めます。<母の日>で検索をする人は何を知りたいのでしょうか?このGoogle トレンドが出してくれる「関連キーワード」を見てみると、

  • 母の日 プレゼント 2017
  • 母の日 ギフト 2017
  • 楽天 母の日 2017

などのように、贈り物に関して調べられているとわかります。そのため贈り物に関してのコンテンツを発信することが大前提となってきます。その中での定番といえばお花ですよね。そこでお花に関してのコンテンツを発信しても大手が勝ってしまうので、一風変わった贈り物を提案してみましょう。今は「母の日おせち」や「プチリフォーム」なども流行っているようです。この5月の頭の時期は新生活が始まって少しづつ落ち着いてくる段階ですが忙しいのも事実。忙しい人でも簡単に贈り物ができるような工夫があると尚いいですね。

コンテンツの投下時期は5月に入ってすぐの段階がいいでしょう。

まとめ

以上のようなトレンドを参考に春のキーワード、コンテンツ投下時期を決めてみてはいかがでしょうか。本文中でもお伝えしましたが、季節や時代のトレンドには誰もが抗えません。その強力な「武器」を活用して自社の売り上げを伸ばしてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加