Webマーケティングをしている人はGoogleのSpeed Updateを絶対に知っておいて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleのSpeed Updateでモバイルの検索エンジンのアルゴリズムが大きく変更になることが明らかになりました。

【現在】

  • デスクトップ向け検索 = デスクトップ向けページの表示速度データを元に判断
  • モバイル検索 = デスクトップ向けページの表示速度データを元に判断

【アップデート後】2018年7月に導入予定

  • デスクトップ向け検索 = デスクトップ向けページの表示速度データを元に判断
  • モバイル検索 = モバイル向けページの表示速度データを元に判断



モバイルの高速化も必要になる

今まで、サイトの高速化は必要だと思いながらも、後回しにしてきたアフィリエイターなどはいると思います。実際、僕も最近まではそこまで意識をしていませんでした。

(高速表示をすると、あくまで体感ですが、全体的に検索順位が5位くらいはあがりました)

ただ、今回のアップデートで、「もしかしたら…」と思うような方は、この先も読んで、しっかり対策が必要が検討していきましょう。

導入予定の期間

このスピードアップデートは2018年の7月から行なわれていく予定で、一部の界隈では「あまり検索順位に影響が出ないのでは?」という話も出ています。

その理由が

The “Speed Update,” as we’re calling it, will only affect pages that deliver the slowest experience to users and will only affect a small percentage of queries. It applies the same standard to all pages, regardless of the technology used to build the page. The intent of the search query is still a very strong signal, so a slow page may still rank highly if it has great, relevant content.

まず、「slowest」という表現から、かなり遅いサイトということが読み取れることと、検索エンジンへの影響が小さい割合だということ。

また、最後には、「遅くても上位になるなら、それはめちゃくちゃ良いサイトだね」みたいなことまで付け加えてます。

どこからが「遅い」のか

さて、気になるのが、どこからが遅いのかという部分だと思います。実は、最近になって「PageSpeed Insights」の方で新しいアップデートがありました。

もしかしたら、これに合わせてのアップデートだったのかもしれませんが、同じ業界の「表示速度平均」が確認できるようになっています。

3段階で「良い」「普通」「悪い」で出ますので、この「悪い」に該当し、しかも平均より大きく離れている場合は、対策を考えておきましょう。

モバイルの表示速度を速めるために

まずはこのあたりの施策を考えましょう。上から順に優先して欲しいと思ってます。

  1. キャッシュを有効化する
  2. mod_pagespeedを有効にする
  3. 画像を圧縮する
  4. AMPに対応する
  5. js,CSSファイルを圧縮する

下に行くほど、技術的な内容になってきて、手こずるとけっこう大変です。以下の記事に詳細が書いてあります。

Webマーケティングをしている人はGoogleのSpeed Updateを絶対に知っておいて欲しい。
サイトの表示速度は、ユーザー体験はもちろん、実際のコンバージョンやSEOにまで影響していると言われています。実際に、表示速度が変わるだけでク...

まとめ

Googleのスピードアップデートは2018年の7月に実施されます。約半年有るので、今の時点で気になるほどモバイルの表示速度が遅い方はキャッシュやmod_pagespeedなどで対策しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加