チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

新サーチコンソール(新サチコ)が徐々に導入されはじめ、自分のサイトにも案内が来たという人は多いはずです。ただ、よくわからないから触れてないという方もいるのではないでしょうか?(僕のSEOコンサルティングのクライアントさんは、本当にそう言ってました。)

今回は、新サーチコンソールの使い方について解説していこうと思います。

新サーチコーンソールの案内はメールで

チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

新サーチコンソールの案内はメールで来ます。それまでは適用されていないので、慌てずにいきましょう。

もし、メールが確認できないアドレスで登録していた場合は、サーチコンソールを開いた左上に案内が出ています。

チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

「パフォーマンス」は今までの「検索アナリティクス」の強化版

チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

タブを押すと見れるパフォーマンスは、今までの「検索アナリティクス」の期間が伸びた版です。デザインもかっこよくなっています。(できることはあまり変わってません)

むしろ、リンクに直接飛べないので、ちょっとマイナスです。

インデックス登録の対象範囲

チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

インデックス登録の対象範囲では大きくこれらのことが確認できます

  • URLエラー
  • インデックスには登録されているが、サイトマップから漏れているURL
  • クロールしたがインデックスに登録してないURL
  • サイトマップを送信したがnoindexタグが付いているURL
  • 重複ページにcanonicalがない

 

エラータブ

これは、わかりやすくURLエラーがチェックできます。

URLを修正したら「修正の検証」を行っておきましょう。最終的にはfetch as googleがいいのだと思いますが、毎回実行していられないので、それで様子を見ます。

有効(警告)タブ

ここは、インデックスに登録するつもりがないのにサイトマップに載っちゃってるURLを教えてくれます。

多く有るのは、「noindex」指定をしているのにサイトマップを送ってしまっている例です。

有効タブ

ここでは、インデックス登録がされているURLが確認できます。

サイトマップとして送信されていないURLも確認できるので、チェックしておきましょう。

除外タブ

除外のタブでは、以下のことなどがわかります。

  • インデックス未登録
  • 送信された URL が canonical として選択されていません
  • ページが重複しています(canonical タグなし)
  • noindex タグによって除外されました
  • 見つかりませんでした(404)
  • クロールエラー
  • ページにリダイレクトがあります

インデックス未登録

インデックス未登録は、放置でも良いです。サイトマップは送信されているはずですので、まだインデックスされていないだけです。アクセスを増やしましょう。

送信されたURLがcanonicalとして選択されていません、ページが重複しています。

これらは、同じコンテンツでできたページにcanonicalタグを入れていないと出ます。

Googleはよく見ているのだなあという印象ですが、同じコンテンツが出て来るページにはcanonicalを忘れないようにしましょう。

WordPressの際には、タグページとアーカイブページに注意して下さい。

noindexによって除外されました

これは正常です。

見つかりませんでした

これは、なんらかの理由でURLが間違っている可能性があるので、チェックしましょう。

クロールエラー

これは、なんらかの理由でクローラーが回れなかったことを示しています。

条件分岐でリダイレクトや、エラーが発生するように設定していると、これが出る可能性があります。

ページにリダイレクトがあります

これ自体は、除外されていても悪いことではないので放置でも構いません。

ただ、本当は正しく表示されるはずのURLでリダイレクトが行なわれてないかを確認しましょう。

チェックしたら

チェックしておきたい新サーチコンソールの扱い方

チェックが終わったら、「インデックスに送信」を押して、インデックスに送信し、「検索結果として表示」を試してみましょう。

瞬間的にページがインデックスされることは無いので、あまり期待しないほうが良いですが、検索結果にでたらそのページは正しくインデックスされています。

まとめ

新サーチコンソールですが、今のところは、直感的に操作できるのが少なく微妙かなという印象です。

ただ、インデックス登録の対象範囲で、細かくインデックス登録の基準が分かってくるのは助かりますね。

最後には「Fetch as Google」をやり忘れずに!