たった4つのステップで読みやすい文章を”ラクラク”書けるPREP法を徹底解説!

たった4つのステップで読みやすい文章を”ラクラク”書けるPREP法を徹底解説!

自分が書いた文章を読み返して、「なんだか意味がわかりにくいな」と感じた経験はありませんか?

インターネット上に掲載される記事は、一般的な本などと違い、読者は「片手間」に文章を読むことが多いです。

そのため、少しでも引っかかる文章や読みにくい文章で書かれた記事は、すぐにブラウザバックされてしまうわけです。

そのような事態を回避し、PV数や閲覧時間を増やすための「明確で読みやすい文章」を書く方法としてPREP法(プレップ法)というものがあります。

あなたもこの記事を読んでPREP法をマスターし、読者がストレスなくスムーズに最後まで読める記事を書いてみませんか?

プレゼンテーションでよく使われるPREP法

プレゼンテーション プレゼン

PREP法は、もともとプレゼンテーションの場面で使われる方法として考案されました。

プレゼンテーションは、限られた時間で聞き手にわかりやすい説明をすることが求められます。よって、できるだけシンプル且つ論理的でわかりやすい文章構成が好ましいのです。

このようなわかりやすい文章構成を誰でも簡単に作るために考案されたのが、PREP法です。

このような理由から、PREP法をウェブライティングに応用することで、読者にとって読みやすくわかりやすい文章を書けるようになるわけです。

論理的で分かりやすい文章が作れるPREP法の4要素

構造 要素

そういえば、まだ「PREP法」とは一体どんな方法なのかについて説明していませんでした。

PREP法とは、主張をわかりやすく伝えるための論理構成を抽出した要素(以下、参照)の頭文字をつなぎ合わせたものです。

  • P(Point):結論
  • R(Reason):理由
  • E(Example):具体例
  • P(Point):再び結論

それぞれの要素について、もう少し詳しくみていくことにしましょう。

P(Point):結論

他愛のない会話は別として、一般的には「まず最初に結論を述べる」ことが推奨されています。

例えば、あなたが他のだれかの相談に乗る際に、前置きや言い訳を最初からダラダラと聞かされると、次第にイライラしてくるはずです。

思わず、「で?結局何が言いたいの?」と口を挟みたくなってしまいますよね。

よって、文章を書く際もまず最初に「この記事の結論は何か」を述べることで、読者へのストレスを最小限にすることができるようになります。

情緒や間が大事な文学作品ならともかく、情報伝達を目的とする文章を書く際は、「結論ありき」で書き始めるのが良いでしょう。

R(Reason):理由

冒頭で結論を述べることで、読者は「この文章が何について書かれたものなのか」を把握することができます。

しかし一方で、「なんでその結論になるの?」という疑問を持つことになるでしょう。そのため、次に「なぜその結論に至るのか」という理由や説得材料を示す必要が出てきます。

最もシンプルな使い方としては、「結論はこれです。なぜなら〜」という繋げ方で話を進めるのがスムーズですね。

さらに、証拠を示す場合は、データや数字など客観的な要素を述べることができると、文章の説得力が非常に高くなります。

E(Example):具体例

数字やデータを主とした理由付けは、説得力を増す一方で、「なんかイメージが難しい」と思われやすいのがデメリットです。

そこで、これまでに示した結論や理由を、身近なものに例えるなどして、「相手にイメージさせる」ことが大切になってきます。

例えば、1日という言葉を説明する際にも、24時間、1440分、86,400秒と様々な表現が可能です。全て示すものは同じですが、単位を変えるだけでかなりイメージの捉え方が変わるのが判ると思います。

具体例を示す際に目指すべきポイントは、「相手の腑に落ちる」ような説明を心がけることです。だって、人は自分の腑に落ちたことを疑うことはまずないのですから。

P(Point):再び結論

ここまでで結論→理由→具体例と一通りの説明がなされたことになります。ですが、理由や具体例を聞いている(読んでいる)うちに、人は当初の「結論」が頭から滑り落ちていることがほとんどです。

そこで、最後にもう一度、記事の総まとめとして「再度、結論を主張する」ことが重要になります。

文章の最後に示す結論は、冒頭で述べた結論とは違い「理由」や「イメージ」を読者に伝えた上での結論となるため、よりインパクトのある主張として読者に届くことになります。

結論を整理して文章を終わらせることで、読者にスッキリとした後読感を感じてもらえます。

また、最初と最後に同じ結論を持ってくることで、書き手としても話の脱線を防ぎ一貫した主張ができるので、文章を書きやすくなるのもメリットですね。

PREP法とPASONAの法則

コーヒー ライティング

ところで、文章のテンプレートといえば、神田昌典さんの「PASONAの法則」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ちなみに「PASONAの法則」は、コピーライティングに興味がある人は絶対に知っておくべき法則なので、詳しくは「【例文つき】セールスライターの王道「新・PASONAの法則」を使いこなせ!」をご覧ください。

PREP法とPASONAの法則の一番の違いは、「ウェブライティングのテンプレート」か「セールスコピーのテンプレートか」です。

PREP法は、論理的でわかりやすい文章を書く目的で使用されるのに対し、PASONAの法則は、読者の購買意欲を高める目的で使用されます。

よって、ブログやメディアに掲載するような価値提供の記事を書くライターはPREP法を、セールスレターなどの販売目的の文章を書くセールスライターはPASONAの法則を活用するのが良いでしょう。

最も両者の法則には、それぞれ学ぶべき点も多いので、文章を書く仕事をしている人なら、両方とも確実に押さえておきたいノウハウです。

PREP法で「読みやすい文章」を量産しよう

学校 school 塾

この記事では、「最後にもう一度結論を書く」というPREP法を紹介した手前、当記事でも最後に結論をまとめておくべきでしょう。

PREP法はつまるところ、結論→理由づけ→具体例→総まとめという順番で文章を書いていくという方法です。これだけ聞くと、かなりシンプルな構成になっているのが分かるかと思います。

冒頭でも述べたとおり、ネット上の文章は”片手間”に読まれることがほとんどです。ということは、あまり複雑な構成の文章よりも比較的シンプルでわかりやすい文章構成の方が適しているということです。

いかに相手を説得するかが問われるプレゼンテーションの際に用いられる手法ということもあり、説得力のある文章を書く際にも有効なノウハウなので、次に文章を書く際はぜひ「PREP法」を意識してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です