ネットビジネス初心者なら知っておきたいアフィリエイトの基礎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時代の変化と共に多くの人が取り組み始めているネットを活用したビジネス。

その中でも非常に多くの人が参入しているのがアフィリエイトです。あなたも言葉くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

ただ「言葉は知ってるけど実際どんなことをするのかあまり知らない・・・」

今回はそんな方のためにネットビジネス初心者が絶対に押させておきたいアフィリエイトの基礎を丁寧に解説していきます。



アフィリエイトというネットビジネス

アフィリエイトとは、ネットビジネスの1つの種類です。他社(者)の商品を多くの人に紹介して、売れた数に応じた紹介料を貰うことが出来ます。

自分の商品を持つ必要が無い。初期費用をほとんどかけずに始められる。このような特徴からネットビジネスの中でも取り組む人の多いビジネスモデルです。

アフィリエイト以外のネットビジネス

ネットビジネスの中ではアフィリエイトが有名ですが、その他にも様々なネットビジネスが存在します。

それぞれ稼ぎ方や難易度も大きく異なるので、自分のスキルや目的に合わせて、取り組むネットビジネスを決めると良いでしょう。

転売

アフィリエイトと並んで取り組む人の多いネットビジネス。それが転売です。

不要になったモノを売る不用品販売、商品を安く仕入れて高く売るせどり、外国の商品を日本で売る輸入転売。一言で転売と言っても、様々な種類があります。

アマゾンやメルカリといったネットショップが普及したこともあり、初心者でも参入することが容易になっています。

即金性もありお小遣い稼ぎに適しています。ただし、やる事が単純な分、汎用性のあるビジネススキルを修得しにくいというデメリットもあります。

情報販売

情報販売は、アフィリエイトや転売と比べると、ネットビジネスの中では知名度の低いビジネスモデルです。

早い話が、アフィリエイトの商品を自分で作る版。つまり、集客から商品の作成、販売までを一人で行うネットビジネスが情報販売です。

ネットビジネスの中では非常に難しいビジネスモデルですが、一度やり方を身に付ければ、実業でも応用できるスキルを身に付けることが出来ます。

ネットビジネスだけではなく、いずれは大きな事業を興していきたいという人にお勧めのビジネスモデルになります。

投資はネットビジネスではない

ネットを使ったビジネスと聞くと、FXやバイナリーオプションといった投資をイメージする人もいると思います。

しかし、厳密には時間を使ってお金を生み出すビジネスと、お金を使ってお金を生み出す投資は、そもそも別の種類として区分されています。

投資は初期投資額がものを言う世界です。先にビジネスである程度の資金を作ってから、投資に移行するのが正し手順。

お金に関する名著「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキの言葉です。

ネットビジネス入門 アフィリエイトの始め方

転売は簡単な代わりにスキルが身に付かない。情報販売は、スキルは身に付くが独学でやるには難しい。

そんなわけで、程よい難易度のアフィリエイトからネットビジネスに取り組むのは賢い選択と言えます。

アフィリエイトは誰でも取り組むことが出来ますが、やみくもにやって稼げる簡単なものではありません。

ここではアフィリエイトの正しい始め方を解説します。これを抑えているかどうかで成功率に天と地ほどの差が付きます。

アフィリエイトの種類を決める

アフィリエイトには2つの種類があります。成約型アフィリエイトとクリック型アフィリエイトです。

成約型は、報酬の発生が難しい代わりに、単価が高いのが特徴です。クリック型は逆に、報酬の発生が簡単ですが、単価が低いです。

これからアフィリエイトを始めるなら、まずは収益を上げる体験をするのが大切です。よって、クリック型アフィリエイトから始めると良いでしょう。

成約型アフィリエイトとクリック型アフィリエイトのより詳しい内容は、以下の記事を参照してください。

1記事で網羅!ブログの立ち上げからアフィリエイトの収入獲得まで

情報発信のテーマを決める

成約型アフィリエイトにせよ、クリック型アフィリエイトにせよ、ある程度テーマを絞って情報発信をしていくのが普通です。

自分が発信する情報を絞った方が、自分にとっても記事を書きやすいです。加えて、そのテーマに関する情報を求めている読者を満足させるのにも適しています。

自分の興味のあるテーマや得意なテーマがあるなら、それを中心にアフィリエイトを始めましょう。

もしもピンとくるテーマが無い場合は、ある程度収益化がしやすいテーマを選ぶと失敗しにくいです。収益化がしやすいテーマは以下の記事でまとめています。

アフィリエイトというネットビジネスのリスク

アフィリエイトをやるにあたって、どんなリスクがあるのかガキになる人も多いと思います。

アフィリエイトをやる上でのリスクについて、まとめてお伝えします。

金銭面

アフィリエイトに挑戦するだけなら、ほとんど無料のツールで始めることが出来ます。よって、金銭的なリスクはほとんどありません。

ただし、アフィリエイトでの稼ぎ方を教えますといった商材や塾を利用する場合には、それなりの費用が掛かります。

アフィリエイトの金銭面での一番のリスクは、このような商材や塾に入ったのに稼げなかった場合です。

アフィリエイトで稼ぎたければ、既に稼いでいる人から教えてもらうというのはいい方法です。ただし、商材や教えてもらう相手は慎重に選ぶべきでしょう。

時間面

アフィリエイトの特徴の一つとして、ある程度の収入を得るまでにはそれなりの時間がかかるというものがあります。

実際、アフィリエイトで稼いでいる人は最低でも1年以上、アフィリエイトに取り組んでいる人が大半です。

アフィリエイトはコツコツと地道に作業を続けていれば、才能が無くてもある程度の収入を得ることは可能です。

途中で稼げないからと諦めるのが、時間的な意味での一番のリスクです。やるなら続ける、続ける自信がないならやらない。中途半端が一番リスクを負う事をお忘れなく。

人間関係面

ネットビジネスという概念も広まってきているとはいえ、日本にはまだビジネス=危険という考え方の人が多いのは事実です。

とはいえ、アフィリエイトはマルチのように知人を誘ってお金を稼ぐといったものとは全く違うビジネスモデルです。

やる事も基本的にはネット内で完結できるので、周りにばれる可能性も少ないでしょう。

友達や知人に、無理やり商品の購入を強要するといった強引なやり方をしない限り、人間関係が崩壊するリスクは少ないです。

ネットビジネスの代表例、アフィリエイトのやり方

アフィリエイトは、稼ぐためのやり方や手順がある程度確立されているビジネスモデルです。

特にアフィリエイトで少しでも稼げるようになるまでは、王道の流れを素直になぞるのが、収益化までの近道です。

アフィリエイトの基本的な流れは以下の通りです。

テーマを決める

まずは自分が情報発信をしていくテーマを決めましょう。

前述したように、あれもこれもと手を出すより、テーマを絞った専門メディアにした方が、自分にとっても相手にとってもメリットが大きいです。

ブログを育てる

自分が扱うテーマを決めたら、そのテーマに関する情報発信をブログで行っていきます。

最初のうちは、無料のブログサービスで十分です。ただし、ブログによってはアフィリエイト目的での利用が禁止されているところもあるので、規約の確認は忘れずに。

最初のうちは記事を書くのに慣れていないと思うので、文章を書くのに慣れることを目的にするとよいでしょう。

その際、記事は必ずオリジナルのものにすること。他のブログの記事を参考にする程度なら問題ないですが、丸パクリは絶対NGです。

アフィリエイトする商品を決める

テーマを決めたら、アフィリエイトをする商品を決めましょう。

クリック型アフィリエイトを行う場合は、最優先でGoogle Adsenseへの登録をしてください。

成約型アフィリエイトの場合は、A8.netやAffiliate Bといった代表的なASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)で商品を探します。

どちらにしても、基本的にはブログの承認審査がああります。記事数を増やすなどして、ブログを育ててから、登録申請を行うのが良いでしょう。

メルマガ登録者を増やす

ブログを見る際、ほとんどの人は無料で情報を得ようとしています。そのため、ブログから直接商品を勧めてもなかなか購入に至りません。

そこで、一度メルマガへの登録を行ってもらうというのが、アフィリエイトの王道です。

メルマガなら、自分の好きなタイミングで情報を相手に届けることが出来ます。さらにブログよりも個別感があるので、信頼関係の構築もしやすいです。

商品の案内

メルマガで読者との信頼関係を築いたら、いよいよ商品の案Iをしてみましょう。

そのテーマに興味があり、自分の悩みを解決してくれそうな商品が紹介されたら、まず間違いなく購入してくれます。

とはいえ、毎日のように商品の紹介ばかりしていると、当然ですが嫌われます。

相手にとって価値のある情報発信なども続けながら、たまにアフィリエイトをするようにしてください。