2、3月に引っ越しをするなら知っておきたい費用の抑え方4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「実家出なきゃいけないから部屋探さないとなぁ」

「職場に少しでも近いところに引っ越そうかなぁ」

「彼女と同棲するからもう少し広い部屋を探そうかなぁ」

と考えているそこのあなた。お金のこと、気にしてますか?引っ越しは初期費用だけでも家賃の3倍ほどかかるもの。しかもそこに家具やら生活用品やらが必要なことを考えると、もっとお金は必要になってきます。今回は少しでもお得に引っ越しをするための方法について紹介していきます。



4月からの新生活に合わせるとなると・・・

引っ越しを考えている人のほとんどが「4月からの新生活に合わせて引っ越し」なんてケースではないでしょうか?そうなると部屋を見て内見をして契約をするのは2~3月中。3月下旬には新居に移っていないと落ち着けないですよね。この時期は不動産、引っ越し業者からすると繁忙期で年間を通して最も売り上げを出すことができる時期です。

需要(部屋を求めている人)が多いので供給(物件や引っ越し業者)も自ずと多くなります。それでも供給を上回ってしまう量の需要があるため、毎年3月後半になると物件数も減ってきてなかなか選択肢がなくなっています。それでも新生活のために引っ越しをしなければいけないから条件を少し緩くして部屋を探したりしますよね?考えていた家賃よりも少し高めでも目を瞑って契約してしまうケースも多いようです。仕方ないですよね。

それを逆手にとって、不動産や引っ越し業者は年間を通しても少し高めの料金設定をしてくるケースがあります。高くても契約もしくは申し込みが入ってくるから。となると、2、3月は他の時期に比べるとお金がかかってきます。初期費用も引っ越し代金も。そこは少しでも抑えて新居に移りたいですよね。。。

2、3月に引っ越しをするなら知っておきたい費用の抑え方4選

費用を抑えるためにした方がいいこと

それでは、費用を抑えるためにした方がいいことを紹介します。

フリーレントの物件を選ぶ

フリーレントは

入居後一定期間の家賃が無料になるシステムのこと。フリーレントの賃貸物件なら入居後1~3ヶ月程度賃料がタダとなる。ただし、物件や契約内容にもよるが、無料期間だけ住んで退居、ということができない貸家とする特約がある場合も多いので注意。一般的に賃貸物件・借家の契約時には敷金・礼金・仲介手数料などで家賃の3~6ヶ月分、さらに引越し代金や家具・家電などの購入代金が初期費用としてかかる。

とSUUMOには書かれています。数ヶ月の間家賃がかからないので、その分の費用を抑えることができます。基本的に家賃は入居月の日割り家賃と翌月の家賃は初期費用とともに支払うことになるので、それだけでもかなり費用がかかります。1~3ヶ月分の家賃を抑えることができるだけで、かなり助かりますね。

「専門」の会社で物件を探す

物件を探すときに、SUUMOやHOME’Sなどの大手仲介業者を通してではなく、「学生向け物件」「ペット共生型マンション」「都内◯万円以下」と条件が限定的で、専門性のある会社を通して部屋を調べるのがいいでしょう。

例えば学生向け物件の場合には、家賃3~5万円台物件で調べることができたり、3食付きの学生寮の紹介もしてくれるので、総合的に見ると費用を抑えることに繋がります。また、学生向け物件の場合にはセキュリティ面でも安心して暮らせるような物件が多いので探しやすくなります。

専門性のある会社だと何がいいかと言うと、学生向け物件なら学生向け物件に、ペット共生型の物件ならペット共生型の物件に特化していることです。そのため、必要なことも入居者自身が気をつけなければいけないことも会社側は熟知しているので教えてもらうことも、条件を踏まえて部屋探しを手伝ってくれます。調べる時間も省けて、費用も全体的に見て減らせるのが専門性に特化した会社で物件を探すことのメリットです。

初期費用を抑える

最もお金がかかるのはこの初期費用の面。特に敷金・礼金は半端ないくらいかかってきます。だいたいどちらも家賃の1ヶ月分を請求してくるケースが多いです。そもそも敷金と礼金がどんな役割を持っているか説明しておきましょう。

敷金は、大家(貸主)に保証金として預けるお金で、あくまでも担保。家賃の滞納がなければ原則退居時に「全額返済されるべき」お金です。ただし、全額が返ってくるわけではなく部屋のクリーニング費用に使われたりするので、預けた分よりも少なくなって返ってくるケースは多いです。

礼金は、お礼金です。大家(貸主)に払うお金です。今では、不動産の仲介業者に支払われるお金になっているようです。

敷金と礼金の違いは返ってくるかこないか。敷金は返ってくるお金で、礼金は返ってこないお金だと覚えておいてください。

この敷金と礼金のかからない物件も多く存在します。その分家賃が少し割高だったり、家賃を滞納することに関してうるさかったりしますが、40~60万近くかかる初期費用をある程度抑えることができるとなれば、嬉しいですよね。

引っ越し代金を抑える

そして最後に紹介するのは、引っ越しの代金を抑えるということです。ほとんどの人が引っ越し業者に依頼をするかと思います。この引っ越し代金のとある調査結果があったのでぜひ知っておいて欲しいと思います。

SUUMOの調査結果で、「月ごとの引っ越し料金の違いは?」というもの。(引用元:https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/chousa/22.html

最も高い月は3月で¥112,409でした。最も安い月は9月の¥79,808という結果になっています。3月に引っ越し業者に頼んで引っ越すと、これだけ料金がかかります。そこで料金を減らす方法として2つ。

  1. 自分で荷物を運ぶ
  2. とにかく安い引っ越し業者を調べる

この2つです。

1.自分で荷物を運ぶ

これは厳密には自分ではなくてもいいのですが、身内や友人にトラックや大型車を運転できる人がいたら協力をしてもらってください。僕の場合には父が2tトラックを運転できるので、父にトラックを運転してもらって引っ越しをしました。3月ということもあってトラックを借りるにしても普段より割高になりましたが、それでも¥30,000ほどに抑えることができています。SUUMOの調査と比べると実に8万円ほど抑えることに成功しています。

2、3月に引っ越しをするなら知っておきたい費用の抑え方4選

2.とにかく安い引っ越し業者を調べる

身近にトラックを運転できる人がいないケースも多いはずです。となると業者に依頼するしかないのですが、その業者の中で最も安い業者を選ぶことをオススメします。CMでよく見るような業者以外にも存在しています。その何社もある業者を比較して検討しましょう。

昔は何社も見積もりを出してもらうために電話や問い合わせをしなければならなかったのですが、今は条件を設定すればパソコンからすぐに見積もりが出せて業者の比較ができるので安い業者を見つけることが容易になっています。是非とも活用することをオススメします。

無料見積もりはこちらから↓↓ 
2、3月に引っ越しをするなら知っておきたい費用の抑え方4選
2、3月に引っ越しをするなら知っておきたい費用の抑え方4選

人によっては同じ条件でも最大で55%以上も費用をカットすることに成功したケースもあるくらいに業者選びは重要になってきます。是非見積もりを出してみて安くて自分にあったサービスを提供してくれる業者を利用して安く引っ越しをしてくださいね。

まとめ

今回は、2~3月に引っ越しをするにあたっての初期費用の抑え方を紹介してきました。実際に紹介してきた内容で僕は費用を抑えています。僕の知り合いにも、入居月の日割り家賃を含めて初期費用を¥160,000に抑えた人もいるくらいです。

フリーランスを目指している人の中には、まだ会社に勤めていたり転勤になって引っ越しをするケースもあるはず。是非この記事を参考にして、お得に引っ越して今後のフリーランス活動に弾みをつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加