モノオクのトラブルまとめ。運営側の対応や保証についても紹介します。

モノオクのトラブルまとめ。運営側の対応や保証についても紹介します。

スポンサーリンク

こんな人におすすめの記事です。
  • 「モノオクで荷物を預けたいんだけど、壊されたりしないか不安」
  • 「荷物を預かるのはいいんだけど、自然災害とかで紛失したらどうすればいいんだろう」

今回の記事では、モノオクで今までに起きたトラブルや、トラブルに対しての取り組みを紹介します。先日起こった中国地方での豪雨災害も記憶に新しく、あのような災害が起こった場合、荷物を預かっている側も荷物を預けている側も不安になりますよね。

そんな場合でもモノオクではきちんとゲストとホストを守ってくれる保証を用意しています。最後まで読んで、モノオクのトラブルに関する事柄を確認しておきましょう。

モノオクで今までに起きたトラブル

モノオクモノオクのトラブルまとめ。運営側の対応や保証についても紹介します。を使って起きてしまったトラブルはあるのでしょうか?

Twitter、Facebook、Instagramの3つのSNSやインターネット上の口コミを探してみました。

結果、2018年7月現在でモノオクでのトラブルは確認できませんでした。トラブルが起きたという報告は全くなく、むしろいい評判の声が多かったです。

参考までにモノオクのいい評判を掲載しておきます。

モノオクはトラブルを防ぐための取り組みをしている

モノオクのトラブルに関しては報告が全くなかったのですが、なぜトラブルが起きていないのかというと、事前にトラブルを防ぐための取り組みをしているということが挙げられます。

どんな取り組みかというと、

  • 全ての荷物に保険がつく
  • 自然災害にも対応
  • お金のトラブルが起こらない

上記3点が挙げられます。次の章から、それぞれについて説明していきます。

全ての荷物に保険がつく

モノオクでやり取りされる荷物には、全て保険がかかるようになっています。

「受託者賠償責任保険」というシステムで、この保険のおかげ荷物に何かが起きた場合には最大で¥100,000までの保証を受けることができます。(免責金額¥3,000)

なお、以下3つの事項に当てはまる場合には一切の保証ができません。

  • メッセージ上で記録に残っていない、ホストが把握していない荷物の場合
  • モノオクに登録していないスペースに置いた荷物の場合
  • スペースを登録した本人が管理していない場合

これらの事項に当てはまってしまうと保証の対象外となりますから、ゲストはきちんと預ける荷物の情報を全て伝え、ホストは登録したスペースを自分の責任で管理する必要があります。

また、モノオクが定めている「取引ができない荷物」に記載されている違反の荷物の場合や、サービス内で確認が不可能な荷物の場合にも、保証の対象外となります。

「取引ができない荷物」に関しては、事前にモノオクモノオクのトラブルまとめ。運営側の対応や保証についても紹介します。の公式ホームページから確認しておくことをおすすめします。

自然災害にも対応

ホストが登録したスペースに置いてある荷物が、予期せぬ自然災害などで破損・紛失してしまった場合、ホストは荷物の保険を申請することができます。

お金のトラブルが起こらない

モノオクでは荷物の受け渡しを「対面」ですることはできますが、その際のお金の受け渡しは認めていません。

モノオク上で取引された場合の料金は、全てモノオクを仲介しなければならないので、荷物を受け取る際にお金を請求するなどのやり取りは必要ありません。

まとめ:モノオクならトラブルの心配なし?!

モノオクではトラブルの報告がなかったことからも、健全に運営しているのでホストにとってもゲストにとっても使いやすいサービスのようです。

全ての荷物に「受託者賠償責任保険」という保険が適用されるため、荷物を預ける方も預かる方も安心してやり取りを行うことができますね。

しかしながら、こういったサービスにはトラブルが付きものなので、今後はもしかしたらトラブルが起きるかもしれません。トラブルになってからでは遅いので、事前にモノオクが用意している保証のことや対処法は確認しておくことをおすすめします。




モノオクのトラブルまとめ。運営側の対応や保証についても紹介します。