モノオクのホストは何をすればいい?誰でもなれるの?という疑問に答えます。

モノオクのホストは何をすればいい?誰でもなれるの?という疑問に答えます。

スポンサーリンク

こんなことを思っている人におすすめの記事です。
  • 「モノオクのホストに登録したら何をすればいいの?」
  • 「ホストって誰でもなれるの?」

今回の記事では、モノオクのホストがする手順や、荷物を預かる際・返却の際の注意点などを記していきます。モノオクのホストとしてお金を稼ぎたいと考えている人は最後まで読み、ルールを守った上でモノオクを利用しましょう。

モノオクのホストがすること

モノオクにホストとして登録した際にはどんなことをしなければならないのでしょうか?ホストがすることは以下の通りです。

ホストがすること
  1. スペースの登録
  2. 問い合わせに対しての返信
  3. 荷物の受け取り
  4. 荷物の返却

それでは次の章からは、それぞれについてホストがどんなことをする必要があるのか、を紹介していきます。

スペースの登録

まずホストとして登録をする場合、荷物を置く・貸し出すスペースの登録をする必要があります。ホストとしてスペースを登録する場合には、まずはモノオクのゲストとして登録をしておく必要があります。

ゲストに登録をしてから、ホストに登録するという流れになっているので、「モノオクのゲスト・ホストの登録の仕方を画像を用いて説明します。」この記事を参考にしながら登録をしてみてください。

問い合わせに対しての返信

スペースを登録しておくと、荷物を置きたいゲストから問い合わせがきます。その問い合わせに対しての返信をする必要があります。

問い合わせ内容として多いのは

  • 「この荷物は置けますか?」
  • 「○日間だといくらになりますか?」

などです。基本的には申し込み(取引)をする前に事前にメッセージでやり取りをします。この際に見積もりを相手に出してあげてください。見積もりに相手が納得をすると、支払いへ進む取引が行われます。

取引が完了したら、荷物を受け取ります。

荷物の受け取り

荷物をゲストから受け取ります。受け取り方法や日時、受け取り場所は取引後にやり取りをしておきます。

郵送の場合は、基本的にはゲスト(荷物を預けている人)が郵送料金を支払います。この点に関してもお互いに勘違いすることがないように、どちらが払うのかは事前に確認しておいてください。

荷物の返却

スペースを貸し出す期間が終了したらゲストへ荷物を返却します。返却の際も、「○○日がスペース利用の最終日です。荷物は郵送(or対面)で返却します。」のように、事前にやり取りをしておいてください。

荷物を返却したら、取引は終了となります。

ホストには誰でもなれる?

ホストには誰でもなることが可能です。審査等はないので、ゲストに登録した後にホストとして登録できます。

ただし、ずさんな管理を続けたり、あなたのスペースに荷物を置いていたゲストからモノオクの運営側にクレームが入ったりすると、ホストとしての登録を消されてしまう可能性もあります。

誠実なやり取りを心がけてください。

トラブルを起こさないために注意しておきたいこと

モノオクのホストは何をすればいい?誰でもなれるの?という疑問に答えます。

モノオクを使って荷物を預かる場合、トラブルを起こさないようにするため、注意しておきたいことがあります。それは

  1. 荷物の管理
  2. 預かる荷物の中身

上記2点です。

モノオクでやり取りがあった荷物には全て「受託者賠償責任保険」が適用され、なんらかの出来事で破損・紛失してしまった場合には最大で¥100,000の補償を受けることができます。

ただし、「モノオクに掲載しているスペースとは別のところで荷物を保管」している場合や、モノオク側が定めている「取引が禁止されている荷物」を預かってしまうと、受託者賠償責任保険の適用範囲外となります。

モノオク側のトラブルに対する取り組みについては「モノオクのトラブルまとめ。運営側の対応や保証についても紹介します。」にてまとめているので併せてご覧ください。

まとめ:ホストになってモノオクで副業!

モノオクのホストがすることや、荷物を預かる際の注意点を紹介してきました。

「荷物を預かるだけで副業ができる」という画期的なサービスですが、一歩間違えると大変なトラブルになったり、ゲストもホストも嫌な思いをする場合があります。

ゲストにはゲストのルールがあり、ホストにはホストのルールがあります。

必ずそのルールを守って、健全なやり取り・取引を行うように心がけてください。




モノオクのホストは何をすればいい?誰でもなれるの?という疑問に答えます。