目標と現状のギャップを確認するための7項目〜自己啓発の罠〜

目標と現状のギャップを確認するための7項目〜自己啓発の罠〜

スポンサーリンク

この記事では、自分の目標と現状のギャップを確認し、やるべき行動を明確にするための7つの項目をご紹介します。

理想の自分の姿があるのに、なかなかそこにたどり着けないという人にとっては、現状を打開す非常に重要な内容になるはずです。

ワンランク上の自分に成長したい人は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

目標と現状のギャップを意識しよう

Photo 1531854214539 95cd1264e7d3

自己啓発系の本やセミナーではよく「自分の理想の未来をイメージしよう」という話が出てきます。

確かに、自分のなりたい姿を具体的にイメージすることは大切です。

ですが、残念なことに理想の未来の姿をイメージする”だけ”では、成功どころかかえって成長を妨げることにもなりかねないということを知っていますか?

ニューヨーク大学、ハンブルグ大学の心理学教授であるガブリエル・エッティンゲン教授は実験を行い、「安易な成功イメージはかえって自己実現の邪魔になる」ということを明らかにしました。

なぜなら、理想の自分を想像することで満足感を感じてしまい、それ以上努力する意欲をなくしてしまうからです。

詳しくは同氏の著書「成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則目標と現状のギャップを確認するための7項目〜自己啓発の罠〜」を読むととても勉強になりますよ!

成功に必要なのは目標と現状の境目!

エッティンゲン教授はこのような驚きの結果に加えて、「正しい自己実現の方法」についても解説してくれています。

つまり、本当に成長するためには「目標と現状を正しく理解し、今の自分に”足りないもの”を見つけること」が必要なのです。

だからこそ、今以上の成功を手にするためには、目標(理想)だけではなく現状についてもしっかりと見つめる必要があるということになります。

目標と現状のギャップを確認するための7項目

Photo 1520596880803 6ea0113a42d1

ここからは、具体的に目標と現状のギャップを確認するための手順にをご紹介します。

あなたも以下の7つの手順に従い、今の自分に足りないものを客観的に分析できるようになれば、必ず今以上の成功を手に入れることができます。

目標と現状のギャップを確認する7ステップ
  1. 最高の状態を100%だとしたら、今は何%くらい?
  2. 1の回答結果になるのはなぜ?
  3. 1の回答結果に、「+10%」したらどんな状態になる?
  4. 「+10%」を達成するためにできることは何がある?
  5. 4の回答結果のうち、+10%を達成するためにこの1週間で何ができる?
  6. 5をやるための期限を決めよう
  7. 周りの人に決めたことを宣言しよう

それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

1, 最高の状態を100%だとしたら、今は何%くらい?

まずは、自分の目標と現在の状況を把握しなければ、どのように目標に向けて進んでいけば良いのかわからないですよね。

しかし、自分の目標はともかく、現状を自分自身で正確に判断するのは、なかなか難しいはずです。

そこでおすすめなのが、自分の目標と現在の状態を「数字」で測るという方法です。

具体的には、自分の理想の状態を100%ととして、今の自分の状態は何%くらいかを紙に書き出してみてください。

2, 1の回答結果になるのはなぜ?

次に、なぜ今の自分は○%なのかを考えます。

数字で自分の現在の達成度を見つめることで、「理想の状態と比較して、現在どこまで進んでいるのか」がイメージしやすくなります。

とはいえ、正確に現在の進み具合を測るのは難しいので、あくまで主観で構いません。

3, 1の回答結果に、「+10%」したらどんな状態になる?

自分の目標を達成できない人の共通点として、いきなり難易度の高いことに挑戦して挫折するというものがあります。

そこで、一歩ずつ着実に目標に近づくために、まずはステップ1で書き出した現在の自分のパーセンテージに+10%をしたらどうなるかを考えてみましょう。

いきなり100%を目指そうとすると心が折れますが、今の自分よりも+10%だけ上を目指すとなったら、なんだかできそうな気がしてきますよね。

4, 「+10%」を達成するためにできることは何がある?

いくら10%だけ上の目標とはいえ、何かしら行動を起こさなければ達成することはできません。

そこで次にやるのが、「今の自分よりも+10%だけ成長するためにできることは何か」という、具体的なアクションを考えることです。

いわば、次に行う小さなアクションが何かを明確にするステップなのです。

5, 4の回答結果のうち、+10%を達成するためにこの1週間で何ができる?

ここからはこれまでに決めたアクションを、実際に「行動に移す」ための方法を考えていきます。

まずは、「この1週間でできること」をとにかく思いつくままに書き出します。

とはいえ、あまりにもやるべきことが多すぎても、かえって行動を鈍らせてしまいます。

そこで、一通りこの1週間でできる行動を書き出したら、その中から「実践可能で目標に近づく行動」を一つ選びます。

6, 5をやるための期限を決めよう

人は誰しも、ついつい面倒な作業を先延ばししてしまうものです。それは、「いつまでにやるか」という期限が定まっていないというのが大きな原因です。

よって、ステップ5で決めた行動を「いつまでにやるか」を”日付”によって期限を決めなければなりません。

また、単に期限を決めるだけだと「強制されている感じ」がしてモチベーションが高まらないという人もいることでしょう。

そんな時は、「期限内にこの行動を完了させたら、どんな気分になれるだろうか」という「達成した自分」を同時に想像すると良いです。

7, 周りの人に決めたことを宣言しよう

正直、このステップは難易度が高いので、どうしても嫌だという人はやらなくても構いません。

ただし、この「やると決めたことを周りの人に宣言する」というのは、目標達成の可能性をぐっと高めるオススメの方法です。

家族、友人、同僚や、SNSなどで「私は〇〇までに××をやります!」と宣言すると、後には引けないという思いから、自分への甘さを断ち切ることができます。

本気で目標を達成したい人は、ぜひ取り入れて欲しいステップです。

まとめ:目標と現状のギャップは把握しておこう

Pexels photo 684385

今回は、最新の研究によって明らかになった「結果のでる目標と現状のギャップの埋め方」について開設しました。

自己啓発のセミナーなどで言われている「理想の自分をイメージする」”だけ”では、残念ながら成功できないのが真実です。

ぜひ、理想の自分を「今の自分を成長させるため」に使いましょう。

もしこの記事を読んでいい学びができたと感じた方は、下のボタンからSNSでシェアをしてくれたら嬉しいです。

 




目標と現状のギャップを確認するための7項目〜自己啓発の罠〜