マイニングした仮想通貨の確定申告について

マイニングした仮想通貨の確定申告について
マイニングした仮想通貨の確定申告について

今、話題になっている仮想通貨ですが、フリーランスの人の中には「お金を入れている」という方も多いのではないでしょうか。仮想通貨関連は、まだまだ税金制度が整いきってない気がするうちに確定申告の期間が来てしまいました。

今回は仮想通貨の、特に単純なトレードではない「マイニング」の確定申告について記載していきます。

マイニングは事業所得又は雑所得

マイニングなどにより、仮想通貨を取得した場合、その所得は事業所得または雑所得の対象となります。所得金額の計算方法は

所得金額 = 収入金額(マイニングで取得した仮想通貨の取得時点での時価) – 必要経費(マイニング等に要した費用)

となります。

その他の仮想通貨の確定申告に関して

仮想通貨の確定申告に関して、悩んでいる方は多いと思うので、ここで纏めておきます。

分かりやすく一括で「2,000,000円で4BTCを購入した」とします。

仮想通貨の売却時

仮想通貨の売却に関しては、差益を所得金額とする普通の計算になります。気をつけて欲しいのは、売却が「1部」だろうとかかるというところです。

110,000 円 - (2,000,000 円÷4BTC)× 0.2 BTC = 10,000 円

【売却価額】 【1ビットコイン当たりの取得価額】【支払ビットコイン】 【所得金額】

仮想通貨での商品の購入

商品の購入に関しては、仮想通貨購入時の時価で計算をして、商品価格との差益が所得金額になります。(要は、もともとのfiatで買った場合の差益みたいなものです)

155,000 円 - (2,000,000 円÷4BTC) × 0.3BTC = 5,000 円

【商品価額】 【1ビットコイン当たりの取得価額】【支払ビットコイン】 【所得金額】

 

これは、注意しないと手数料で結局マイナスみたいなことがありそうですね。

仮想通貨と仮想通貨の交換

600,000 円 - (2,000,000 円÷4BTC) × 1BTC = 100,000 円

【他の仮想通貨の時価(購入価額)】【1ビットコイン当たりの取得価額】【支払ビットコイン】 【所得金額】

こちらも購入時と売却時のfiatを考えるとスムーズにいきます。ただ、乗り換える度に税金を気にしないといけないのは大変ですね。

仮想通貨の取得価額に関して

途中で買い増しなどをした場合、購入価格は移動平均法で計算します。

【購入時のfiat価格で一旦合計を出し、平均を取る】という方法です。

例えば以下のようなトレード

  1. 2,000,000円で4BTC購入 ( +4BTC ¥500,000/BTC)
  2. 1.5BTC売却or使用 (-1.5BTC)
  3. 1,600,000円で2BTC購入 ( +2BTC ¥800,000/BTC)

とした場合、「2」でのBTC計算は、仮想通貨の売却時と同様です。

残りは、

(2,000,000/4 x 2.5BTC + 1,600,000/2 x 2 ) / (2.5 + 2) = 633,334円

(【1BTC辺りの購入価格】x【残BTC】 + 【1BTC辺りの買い増し価格】x【買い増しBTC】) / 【合計BTC】

として計算します。

仮想通貨の分裂

本来であれば、分裂時の取得価額になりますが、分裂直後は相場がつかないために所得が生じてないことになります。

ただ、使用または売却をした時点で、上記と同様の計算で所得として計算されます。

仮想通貨の所得区分

ビットコインをはじめとする仮想通貨を使用することによる損益は、事業所得 等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所 得に区分されることとしていますが、例えば、事業所得者が、事業用資産として ビットコインを保有し、決済手段として使用している場合、その使用により生じ た損益については、事業に付随して生じた所得と考えられますので、その所得区 分は事業所得となります。

このほか、例えば、その収入によって生計を立てていることが客観的に明らか であるなど、その仮想通貨取引が事業として行われていると認められる場合にも、 その所得区分は事業所得となります。

仮想通貨の収入によって生計を立てていることが、客観的に証明できれば事業所得にすることは可能なんですね。

マイニングした仮想通貨の確定申告について

個人でも仮想通貨をやり、事業としてもやっていた方とかは節税できますね。

GOXした場合

仮想通貨を損失した場合、他の雑所得以外との通算で、損金算入することは不可です。

仮想通貨の証拠金取引

仮想通貨の証拠金取引による所得については、申告分離課税の適用はありませ んので、総合課税により申告していただくことになります。

仮想通貨のマイニング等

いわゆる「マイニング」(採掘)などにより仮想通貨を取得した場合、その所得は、事業所得又は雑所得の対象となります。 この場合の所得金額は、収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニング等に要した費用)を差し引いて計算します。

なお、マイニング等により取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、仮想通貨をマイニング等により取得した時点での時価となります。

となるので、マイニングの場合は、必要経費のみを計算しておき、その他の計算は「売却」「商品購入」などと同じ計算をし、調整時に差益から必要経費を差し引くという計算が楽そうです。

金融庁のページで直接確認したい方は

金融庁のページで確定申告の税計算方法について、直接自分で確認したい方はこちら