ライターの腕が試される!?読書を引き寄せるリード文作成術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章を書く際に「リード文を書くのが苦手」という人は多いのではないでしょうか?正直に告白すると、実は僕もリード文には毎回頭を抱えているので、あなたの気持ちはよく分かります。

しかし、リード文で興味を持ってもらえなければ、どれだけ素晴らしい内容の文章であっても、誰にも読んでもらえないという悲惨な結果になってしまうのが現実です。

そこで今回は、リード文を書くのが苦手という人に向けて、「読者が思わず読みたいと思うリード文の書き方」をご紹介します。

この記事を最後まで読んで、「リード文のコツ」さえつかめば、あなたの文章は読者を引きつける魅力的なものになること間違いなしです。



記事が読まれるかどうかはリード文で決まる

パソコン 女性

リード文とは、あなたがweb上の文章を読む際に、一番初めに目を通す導入文のことを言います。この記事なら、出だしの「文章を書く際に〜魅力的なものになること間違いなしです。」までの文章がリード文ということになります。

読者があなたの書いた文章を読むかどうかを決める最初の手がかりは「記事のタイトル」でしょう。とはいえ、タイトルだけは記事にどのようなことが書かれているのかを判断するには不十分です。

読者に記事を読んでもらえるかどうか。言い換えれば、読者にこの記事は最後まで読むべきだなと思ってもらえるかどうかは、「リード文」の出来によって決まります。

リード文に絶対に欠かせない3つの要素

ハロー hallo 挨拶

最近のネット上の文章では、そのほぼ全てにリード文が含まれています。しかし、なぜリード文を書く必要があるのでしょうか?

リード文を書く目的は主に2つあります。

1つは、その記事の概要を伝えるため。もう1つは、読者に興味を持ってもらい、最後まで文章を読んでもらうためです。

よって、これら2つの目的を達成する意識を持って、リード文を作ることが大切ということになります。

ここからは、読者が思わず「この記事、面白そう!」と思ってもらえるリード文を作るための3つのポイントをご紹介します。

記事の内容を簡潔に示す

リード文では、この記事がどんな内容について書かれているものなのかを簡潔に示す必要があります。

例えば、この記事であれば「リード文の重要さを伝えるとともに、上手いリード文の書き方のコツを伝える」のが主な目的です。

よって、リード文を読んだ読者が「この記事にはリード文の重要性とリード文の書き方」を教えてくれるんだなと理解できる導入文を作る必要があるのです。

過度なネタバレは本文を読んでもらえなくなる可能性があるので控えるべきです。しかし、読者に最後まで文章を読んでもらうためには、ある程度は内容を伝えることは必要なのです。

なぜなら、誰だって「何が書かれているかわからない文章」を読もうとは思わないのですから。

自分ごととして感じてもらう

最後まで文章を読んでもらうためには、リード文を通して読者に「これは自分に必要な情報だ」と思ってもらうための仕掛けを施す必要があります。

そこで、「このような悩みはありませんか?」、「〇〇でお困りな人は最後まで記事を読んでください」といった言葉を使い、記事の内容を自分ごととして捉えてもらう工夫をすることが大切です。

例えば、お金に困っている人が「この記事を読めば、お金を稼げるようになります」というリード文を読めば、そのあとの文章にも目を通してくれる可能性は高くなることは想像できますよね。

ただし、ここで大事なのは、「文章はたった1人のためだけに書く」というライティングの原則を忘れないことです。

「みんな」に向けた文章を読んでくれる人は誰もいません。「自分のための内容だ!」と感じて初めて、文章を読み続ける気になるのです。

読むことで得られるものを示す

一般的に読者は、文章の内容よりも、それによって自分がどのようになれるのかに興味があります。

例えば、この記事のテーマである”リード文”にしても、「リード文が書けないどどうなってしまうのか」、「上手いリード文が書けるようになったらどうなれるのか」を知りたいという潜在的な欲求があるはずです。

要は「文章を読むことでどうなれるのか」が、読者にとって最大の関心ごとなのです。

なので、リード文では「この記事を読むことで、あなたはこうなれます」といった理想像を示してあげる必要があります。

それによって初めて、読者は「自分もこうなりたい」と思い、そのために必要な情報=その後の文章を読み進めてくれるようになるのです。

リード文は本文よりも後に書け!

女性 夕日

リード文は文章の一番最初の部分になります。そのため、読者は最初にリード文を読むことになります。

しかし、一番最初にリード文を”書かなければいけない”というルールは存在しません。むしろ、文章を書く際は、リード文は必ず”本文の後”に書くのが鉄則です。

つまり、先に本文を完成させてから、「この文章に興味を持ってもらうためにのリード文はどのようなものか」を考えるのが、上手いリード文を書くためのコツなのです。

リード文は本文の後に書く。このルールを用いるだけで、劇的に本文もリード文も書きやすくなるので、覚えておいて欲しいテクニックです。

リード文でライバルと差をつける

キーワード 白紙 リード文

リード文は「いかに読者に興味を持ってもらうか」を意識して、書いていく必要があります。

どれだけ優れた内容の文章を書いても、その前に「読む必要がないな」と判断されてしまったら、誰にも読まれない記事になってしまいます。

このように文章の冒頭の数行でしかないリード文の出来次第で、あなたの文章が最後まで読んでもらえるかどうかに大きな影響を及ぼすのです。

次に文章を書く際は、今回の記事で紹介したリード文3つのポイントと、リード文は本文の後に書くというルールをぜひ意識してみてください。

それだけで、読者に思わず「読みたい!」と思ってもらえる、興味深い記事が書けるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加