商品の「特典」と「表示」に関する法律「景品表示法」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたも自分の商品におまけや特典をつけて、販売数増加を狙っていることでしょう。

しかし実は、商品自体ではなく「おまけ」に関しても、「景品表示法」という法律によっていくつかのルールが決められているのです。

今回はビジネスをする上で絶対に知っておかなければならない法律「景品表示法」について、極力わかりやすく解説します。



景品表示法とは

法律 立法

景品表示法は、正式名称を「不当景品類及び不当表示防止法」といい、「取引に関する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止」することを目的に作られた法律です。

要は、商品の販売などの際におまけでお客さんを釣る場合は、決められたルールに従ってくださいという法律です。

ちなみに詳しくは後述しますが、ここでいう「景品」とは商品についてくるおまけをイメージしてもらえればと思います。

景品表示法で決められている2つの規制

景品表示法では、主に2つの内容が規制されています。

1つは文字通り、景品の提供に関する規制。もう1つは、商品の表示に関する規制です。

過大な景品類の提供について

高額 プレゼント

例えば、商品についてくるおまけ(=景品)が、商品よりも圧倒的に価値がある場合、消費者は「おまけ」を手に入れる目的で商品を購入するといったことが考えられます。

しかし、これでは商品が欲しいから買うという本来の目的からずれてしまい、あとあとトラブルにつながるケースなどが起こる可能性があります。

そのため、景品表示法では、商品に付随する景品に関して一定の基準を定めることにより、過度な景品で消費者を購入を促すというやり方を規制しています。

この法律では、景品とは

顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、
くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品または役務の取引
(不動産ん関する取引を含む)に付随して相手方に提供する物品、金銭
その他の経済上の利益であって、内閣総理大臣が指定するもの

と定義されています。

正直、これだけ見ても意味がわからないですよね(^_^;)

まあ、例外はありますが、基本的には「商品のおまけ」のことと思ってもらえれば、特に問題ありません。

この景品に関する規制はさらに、「懸賞制限」と「総付景品制限」という2つに分類することができます。

懸賞制限

「懸賞」とは、くじなどの運が絡むタイプの景品のことを言います。一般的には抽選券やじゃんけん大会、クイズなどによって景品が決まるもののことですね。

懸賞の中でも複数の事業者が陽動で行う懸賞を「共同懸賞」、それ以外の懸賞を「一般懸賞」と言います。

これらの懸賞を行う際は、それぞれ景品表示法によって定められた上限内に収めなければなりません。

一般懸賞の場合の景品額上限

スクリーンショット 2018 05 15 18 49 31

消費者庁 景品規制の概要より)

一例を挙げると、商品の価格が3,000円の商品の場合、景品にできるのは6万円以下の景品までとなります。(予定売上総額が300万円以上の場合。)

共同懸賞の場合の景品額上限

スクリーンショット 2018 05 15 18 50 27

消費者庁 景品規制の概要より)

こちらも一例を挙げると、例えば共同懸賞によって予想の売上額が1,000万円の場合、提供できる景品の総額は30万までということになります。

総付(そうづけ)景品制限

懸賞とは異なり、条件を満たせば誰でも確実に景品を受け取れる景品のことを「総付景品」と言います。

購入者全員に提供する景品や先着〇名のような景品がこれに当たります。

総付景品の景品額上限

スクリーンショット 2018 05 15 19 02 57

一例を挙げると、商品単価が3,000円の商品の場合、景品として認められるのは600円までということになります。

余談〜祭りの屋台のクジ屋は景品表示法違反にならないの?

くじの景品といえば、少し前に有名Youtuberのヒカルが、祭りのくじに当たりはあるのかという動画を出して大きな話題を呼びましたね。

確かに景品表示法の景品額の上限に照らして見たら、くじ屋は景品表示法に違反しているようにも見えますが、そこらへんは法律的にどうなっているのでしょうか?

これに関しては、弁護士Youtuberとして活動している久保田弁護士が持論を述べているので、興味がある方は一見してると面白いと思いますよ!

不当表示について

不当表示 紙

景品表示法にはもう1つ、不当表示に関する規制に関するルールが設けられています。

商品に関する表示を見て、消費者が誤解を招きかねない表示を帰省するのが景品表示法の不当表示規制です。

不当表示に当たるものとして、以下の3つが挙げられます。

  • 優良誤認表示
  • 有利誤認表示
  • 指定表示

それぞれの不当表示について、詳しく解説していきます。

優良誤認表示

優良誤認表示とは、「商品、サービスの品質、規格その他の内容についての不当表示」のことをいいます。

もう少し厳密にいうと、

内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示す表示

事実に相違して、同種(類似)の商品、サービスを供給している競争事業者のものよりも著しく優良であると示す表示

これらが優良誤認表示に当たります。

有利誤認表示

有利誤認表示とは、「商品、サービスの価格その他の取引条件についての不当表示」のことをいいます。

優良誤認表示と有利誤認表示。名前も似ていてややこしいですが、商品の品質などに関する不当表示が「優良誤認」、販売価格などの取引に関する不当表示が「有利誤認」です。

この機会に、しっかりと区別して覚えておきたいですね。

具体的には、

価格やその他の取引条件について、実際のものよりも著しく有利であると誤認される表示

価格やその他の取引条件が、競争事業者のものよりも著しく有利であると消費者に誤認される表示

これらが有利誤認表示に該当します。

例えば、事実かどうかの検証もせずに「業界最安値!」と謳ったチラシを配ったりする行為は、有利誤認表示とみなされます。

指定表示

指定表示は、上記の2つの不当表示とは別に「内閣総理大臣が指定する不当表示」のことをいいます。

具体的には以下の6つに該当する事項の表示に該当するのが指定表示です。

内容が非常に細かいので、詳細は各項目の最後に記載する消費者庁のガイドラインに譲り、本記事では大まかな概要について解説します。

無果汁の清涼飲料水

無果汁の清涼飲料水に関して、あたかも果汁入りのように消費者に誤認される表示は不当表示に当たります。(無果汁にも関わらず、商品名に)

ただし、無果汁の清涼飲料水について原料に果汁等が全く使われていないことが明りょうに記載されている場合は、この限りではありません。

詳しくは「無果汁の清涼飲料水等についての表示」をご覧ください。

商品の原産国に関する不当表示

商品の原産国に関して、以下のような表示を禁止しています。

国産品について、外国産品と誤認されるおそれのある表示

外国産品について、国産品や他の外国産品と誤認されるおそれのある表示

詳しくは「商品の原産国に関する不当な表示」をご覧ください。

消費者信用の融資費用に関する不当な表示

いくつか難しい規定が定められていますが、かなり難しいのでざっくりと解説します。

一言で言うと、消費者に対するローンや金銭の貸付について、実質年率が明りょうに記載されていない表示は不当表示となります。

詳しくは「消費者信用の融資費用に関する不当な表示」をご覧ください。

おとり広告に関する表示

おとり広告とは、実際は表示された内容で購入できないものに対して、あたかも表示された条件で購入できるかのように消費者に誤認させる高校のことを言います。

つまり、表示されている広告の内容と実態が異なる場合、おとり広告表示として不当広告とみなされます。

詳しくは「おとり広告に関する表示」をご覧ください。

不動産のおとり広告に関する表示

こちらは不動産に限定したおとり広告に関する規制です。

要は、広告に表示された条件で実際に不動産を購入できない場合、その広告は不当表示に当たるという内容です。

詳しくは「不動産のおとり広告に関する表示」をご覧ください。

有料老人ホームに関する不当な表示

有料老人ホームの契約は、長期的な契約が前提にあります。

そのため、契約してから「聞いていた話と違う」といったトラブルを避けるために、老人ホームの建物やサービスなどの重要な情報について誤認する可能性のある表示などについての規制が定められています。

詳しくは「有料老人ホームに関する不当な表示」をご覧ください。

景品表示法のまとめ

ビジネス ルール

景品表示法は大まかに言うと、「景品に関する規制」と「表示に関する規制」の法律です。

商品に景品(おまけ、得点)をつけたり、内容等の表示をすることは、事業者なら必ず行なっていることでしょう。

自分でビジネスをしている人は、必ず大まかな内容を頭に入れておくべきビジネスリーガル(ビジネスに関連する法律)の1つ、景品表示法について理解しておく必要があります。

また、景品表示法はその性質上、特定商取引法とも関連の深い法律です。

特定商取引法については「事業者、営業マン必見!5分で分かる「特定商取引に関する法律」」で詳しく解説しているので、合わせて頭に入れておくのが望ましいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加