被害は深刻!?フリーランスが”風邪”によって失うものがヤバイ…

被害は深刻!?フリーランスが”風邪”によって失うものがヤバイ…

あなたは「風邪」が、私たちからどれほど多くのものを奪い去っているか考えたことがあるでしょうか。

フリーランスであれば、会社員と違って、体調が悪いときは素直に休むという選択を取りやすいこともあるでしょう。

ですが、自分のこなした分の仕事が収入に直結するフリーランスにとって、風邪によって仕事ができない期間が多くなることは、直接的に収入が減ってしまうことを意味します。

ところが、さらに悪いことに、フリーランスが風邪をひいた時に”損をする”のは、収入の減少だけではなかったのです。今回は、”風邪”によって、私たちが失っているものがどれほど多いのかをあなたにも知っていただこうと思います。

この事実を知ったら、もう二度と「たかが風邪」なんて言っていられないでしょう。

たかが風邪と油断していませんか?

風邪 発熱

風邪による体調不良の苦しさは、実際に風邪をひいた時に初めて理解できるものです。逆にいえば、体の調子が良いときには、風邪の辛さをついつい忘れてしまうことも多いでしょう。

だからこそ、普段は風邪の対策について考えることは滅多にありません。

最悪、風邪をひいても「ちょっと休めばなんとかなる」と思っている人も多いはずです。でも、冷静に考えると、風邪をひいてしまうことで”失う”ものって、ものすごく大きいのです。

”たかが風邪”では済まない損失を、私たちは被っていることをもっと強く知っておくべきなのです。

風邪がもたらす”ヤバイ”損失

絶望 悲しい

風邪を引くと数日の間、まともな仕事ができなくなる。風邪の弊害をこのように考えている人もいることでしょう。

しかし、実際には風邪をひいてしまうことで「目に見えない損失」をたくさん出していることに気がついている人は多くありません。

実際、風邪を引くと、私たちはこんなにも多くの損失を出しているのです。今回はその中でも特に影響の大きい5つの損失についてご紹介していきます。

生産性(収入)の低下

当然ながら、風邪を引くと、まともに仕事をこなすことが困難になります。体力があって、風邪をひいていても仕事をする人もいますが、生産性という点から見ると、著しくパフォーマンスが低下します。

特に、自分のやった分の仕事が収入に直結するフリーランスにとって、風邪をひいて仕事の生産性が大幅に低下することは、収入が大幅に低下することを意味します。

とはいえ、一般的にこの弊害については、多くの人が理解していることでしょう。ですが、風邪が引き起こすデメリットはこれだけに留まらないのです。

仕事の遅れを取り戻す無理なスケジュール

風邪をひいて遅れた分の仕事は、どこかで挽回する必要があります。

日頃からスケジュールにある程度の余白を設けている人なら最小限の被害で済みますが、キツキツに仕事を詰め込んでいると、このような突発的なトラブルに対応できなくなってしまいます。

結果的に、遅れた分の仕事をこなすために、睡眠時間を削って仕事に取り組んだりする必要が出てくるため、また体調を悪化させやすくなるという悪循環にハマってしまうのです。

スケジュールを立てる際に「風邪を引く」という予定をあらかじめ組み組む人はまずいないでしょう。そのため、いざ風邪をひいた時に自分の抱えている仕事量によっては、病み上がりで大量の仕事を裁くことを迫られることになりかねないのです。

仕事の提携先による謝罪等の事務作業

フリーランスとは言っても、その仕事は他の人から依頼されたりしていることが多いはず。つまり、風邪などによる突発的なトラブルで仕事がストップすると、依頼主にも迷惑がかかることになります。

理解のある依頼主であれば、ある程度事情を組んでくれることもあるでしょう。それでも、納期のリスケジュールや謝罪などの連絡をすること自体が、本来なら必要なかった「無駄な作業」に他なりません。

フリーランスであれば、必要最低限以上の事務作業などは極力減らしたいもの。本来ならやる必要のなかったタスクが増えるということは、相対的に損をすることです。

仕事仲間への感染という二次被害

チームを組んで仕事をしている人にとって、風邪は単なる「自分だけの問題」に留まりません。

当然、自分が風邪を引くと、その周りにいる人たちにも感染して風邪が蔓延する可能性は爆発的に高くなります。

自分が風邪をひき、やっと良くなってきたと思ったら、今度は別のメンバーが風邪を引く。このような負の連鎖が始まると、チーム全体の生産性がどれだけ下がることになるのか。考えただけで寒気がしてきます。

信頼の低下

人間であれば、誰もが風邪を引くこともあるでしょう。しかし、ビジネスをしているものとして、風邪=自己管理が甘いと捉えられてしまう風潮はやはりあります。

頻繁に風邪を引く人や、風によって仕事に支障をきたしてしまう人は、ビジネスパートナーとして信頼しにくいのもまた事実です。

特にフリーランスが安定して食べて行くためには、自分を信頼して定期的に仕事をもらえるようにしておくことが非常に大切です。

それはつまり、「この人なら仕事を任せても安心」という信頼を築くことに他なりません。風邪によって失う一番の損害は、実はこの「信頼」なのかもしれません。

風邪は深刻化する前の予防が大切

手洗い 予防

今回は、風邪が私たちの想像以上に多くの損失をもたらしかねないということをお伝えしました。

成果を出すことが絶対条件のフリーランスは、日頃から体調管理に細心の注意を払うのも仕事の一つでしょう。

もちろん、どれだけ注意を払っても、時には風邪を引くこともあるでしょう。それでも、風邪を引いてから対策をするのではなく、風邪をひかないようにする”予防”に力を注ぐことで、体調不良によって仕事に支障をきたす確率もかなり減らすことができるはずです。

ぜひ、今一度、自分の体調管理に気を向けてみてはいかがでしょうか?




被害は深刻!?フリーランスが”風邪”によって失うものがヤバイ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です