あなたの時間とお金を奪う「地雷客」とは付き合うな!

あなたの時間とお金を奪う「地雷客」とは付き合うな!

フリーランスとして仕事を続けていると、たまに「無性にストレスが貯まる時期」ってありませんか?

このようなストレスの原因を突き詰めてみると、その大半が実は「人間関係」に端を発している可能性が高いことに気がつくことでしょう。

特に責任感が強く、頼まれたら断れない性格の人の場合、次々に無茶な仕事の依頼をお願いされて、パニックに陥ってしまうなんてことも良く聞く話です。

このような人間関係によるストレスを抱えないためにも、トラブルになりそうな人とは最初から関わらないようにすることが精神衛生上、とても重要です。

今回は、あなたの時間やお金、精神衛生をも蝕む「地雷客」のパターンをご紹介します。ほとんどのお客さんは常識的ですが、万が一のトラブルを未然に防ぐためにも、念のためにこの記事を最後まで読んでもらえればと思います。

フリーランスの収入を盗む地雷客

地雷 危険

フリーランスが関わってはいけない地雷客とは一体どのような人のことをいうのでしょうか?

人によってそれぞれイメージは違うかと思いますが、ここでは便宜上「あなたの時間や収入、健康面に悪影響を与える客」としておくことにします。

長いことフリーランスをやっていると、たまに信じられないような要求を突きつけてくる人や、悪意なくこちらの仕事を邪魔してくる人に出会うこともあります。

これから紹介する特徴を持っている人とは、なるべく関わらないようにするのが懸命です。

地雷例1:無茶振りを頻発する客

フリーランスは決して、依頼主の言いなりではありません。あくまで契約上は、仕事の一部を委託するビジネスパートナー的な側面を持っているはずです。

しかし、どうしてもお金を支払う側、もらう側という立場上、たまに「無茶な要求を突きつけてくる客」がいるので要注意です。

仕事の途中で「ついでにこれもお願いします」とお金にならない仕事の増やしてくる人や、急な納期の変更を突きつけられたと言った話はよく聞きます。

このような客と付き合っていてもあなたに何のメリットもありません。その分、もっと常識的なお客さんのために時間や労力を割いてあげましょう。

地雷例2:無駄に打ち合わせの多い客

気づかないうちにあなたの時間を奪っているのが、無駄に打ち合わせの多い客です。あなたも一度は「これ、電話で5分で済む話では?」という打ち合わせに駆り出された経験があるのではないでしょうか?

このような客は、基本的に「生産性が低い」と捉えて間違いないでしょう。無駄に打ち合わせを重ねる人の大半は「仕事をしている気分」になりたいだけです。

そのような客にあなたの時間を割いていると、もっと実入りのいい仕事を受ける機会を逃したり、仕事をする時間が制限されるなど「目に見えない損失」がかなり多いことに一刻も早く気がつくべきです。

ただし、中には本当に重要な打ち合わせの場合もあるので、一概に打ち合わせ=時間のロスと考えるのは偏りすぎた思考と言えるでしょう。

地雷例3:お金をケチりたがる客

フリーランスにとって一番付き合いを避けたいのが、お金をケチりたがる客です。また、お金を持っていない客もこの手の地雷客になる可能性があります。

この手の客は、実際に仕事を受けて請求書を送ってから初めて正体に気づくことになります。後からお金の面で揉めないためにも、仕事を受ける際は事前に「明確な金額」を告げておくことが大切です。

特に日本人はお金に関する話を避けたがる傾向にありますが、フリーランスとして活動する以上、むしろ先に相手方とお金の話を明確にしておくことが大切です。

本来であれば、相手方も先にどれくらいお金がかかるかが明確になっていた方が嬉しいはずなのですから。

その他:人柄はいいのだけれど、、、

一概に地雷客とは言えないものの困るのが、人柄はいいけどビジネス相手としてはいただけない客の場合です。

例えば、何回か仕事を受けているお得意さんがいたとしましょう。その人とは、それなりに長い付き合いで継続的に仕事をもらっているいわば固定客です。

ですが、いつもお金の振込が遅れたり、打ち合わせに遅刻してきたりと何かとミスをしがち。このような場合が困りものだったりします。

このような客との付き合い方はあなたの判断にお任せしますが、フリーランスとして無用なトラブルを避けたいのであれば、公私の境界はしっかりと引いておくべきというのが僕の意見です。

地雷客に注意!フリーランスこそ、ビジネス相手は慎重に選ぶべき

ビジネス パートナー

フリーランスとして活動をし始めたばかりの時などは特に、仕事を依頼してくれる人への感謝でいっぱいになります。せっかく仕事を依頼してくれる人の頼みを断るのは心苦しいと感じることもあるでしょう。

ですが、もしもその依頼主が今回紹介したような「地雷客」だと判断できた場合は、たとえ一時的に仕事が減ったとしてもすぐさまその人から距離をおくべきです。

フリーランスだからこそ、人一倍ビジネスの相手は慎重に選びましょう。くれぐれもあなたの貴重な時間や健康を「地雷客」に奪われないように注意してください。

※今回は記事の内容上「地雷客」という嫌味な言葉を使いましたが、ほとんどのお客さんは常識をわきまえていらっしゃる方ばかりです。

あくまで極一部にとんでもない客もいるということを伝えるための表現であったことはご理解いただければと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です