フリーランスは体が資本、インフルエンザを未然に予防せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスは基本的に、仕事をした量に応じで収入が入ってくる仕組みであることはあなたも知っての通りです。

つまり、風邪をひいたり病気になってしまうと、急に収入が激減したり、最悪の場合は無収入になってしまうこともあり得るわけです。

そんなフリーランサーに残念なお知らせです。今年はインフルエンザに罹った患者数が過去最多となってしまいました。

インフルエンザにかかると下手すれば1〜2週間はまともに動くこともできなくなるので、今年は特に念入りにインフルエンザ対策をしておく必要がありますね。



過去最多のインフルエンザ患者数

フリーランスは体が資本、インフルエンザを未然に予防せよ

国立感染症研究所によると、先月の28日までの1週間に、全国約5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1つの医療機関あたり52人でした。

これは、統計を取り始めた平成11年以降、最も報告数が多い過去最多のインフルエンザ患者数です。特に、福岡県、大分県、埼玉県、神奈川県あたりにインフルエンザ患者数が多いことが報告されています。

今年のインフルエンザで特徴的なのは、インフルエンザ患者数の半数以上を20歳未満が占めていることでしょう。

インフルエンザの予防法を再確認

フリーランスは体が資本、インフルエンザを未然に予防せよ

まずは何と言っても、手洗い・うがいは欠かせません。最低でも外出から帰宅したら、必ず行うようにしてください。

加えて、ウイルスの侵入を少しでも減らすために、なるべく人混みを避けたり、マスクを着用することが効果的です。

その他にも、今の時期では少し手遅れ感がありますが、インフルエンザの予防接種を毎年しっかり受けておくことも大切です。

ただし、今年のインフルエンザのようにA型、B型の2種類が同時並行的に流行している場合は、1種類の予防接種だけでは不十分であることを覚えておきましょう。

また、冬は乾燥しやすいため、ウイルスの繁殖が早まることもインフルエンザ流行の一因です。部屋にいるときは加湿器を使うなどして、適切な湿度を保つこともインフルエンザ予防に効果的です。

インフルエンザ予防 まとめ

・こまめな手洗い・うがいを心がける

・むやみに人ごみに入らない

・マスクを着用する

・毎年、予防接種を受ける

・湿度を保つ

フリーランスは健康維持も仕事のうち

フリーランスは体が資本、インフルエンザを未然に予防せよ

フリーランスとして仕事をする以上、常に最高のパフォーマンスで仕事に打ち込めるようにしておくことも大切な仕事です。

インフルエンザはもちろんのこと、ちょっとした風邪や病気にもかからないように常日頃から健康への意識を高めに持っておきたいですね。

時間が自由であるがゆえに生活リズムが狂いがちというのは、ある意味フリーランスの職業病かもしれませんが、できるだけ規則正し生活リズムを整えるだけでも、病気リスクは圧倒的に減らすことができるはず。

また、座りっぱなしで仕事をするだけでなく、たまには立ち上がってストレッチをしたり、軽く外でウォーキングなどの軽い運動にも挑戦しましょう。

健康には人一倍気を使って、自由なフリーランス生活を満喫してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加