カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年増えている個人経営のカフェ。上京先から地元に戻ると、いつも見たことのないカフェがオープンしています。そのくらいにカフェは人気の業態。僕の周りにもカフェをやりたいと言っている人は数多くいます。あなたもカフェを開業したいと思っているからこそこの記事を読んでいるのでしょう。

この記事ではカフェを開業するにあたり必要な資格や資金について主に触れています。紹介しているブログ・サイト・本もぜひ参考にしていただけたらと思います。



カフェを開業するにあたり必要な資格

カフェを開業するにあたって必要な資格は、

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

この2つです。

食品衛生責任者とは、

役割はその名の通り、食品衛生状の管理運営にあたります。食品衛生責任者は必ずしも経営者や店長である必要はなく、常雇いの従業員でも構わないとされています。資格保有者は管轄する店舗で食品衛生状のリスク発生を防止するために措置が必要だと判断した場合は、店長や経営者に改善するよう指導する役目を持っています。

と記載されています。もう1つの防火管理者とは

カフェなどのような多くの人が出入りする施設に関して、その火災を予防するために必要な措置をするよう働きかける責任を持っている人のことです。1つの建物の収容人数が30人以上の場合、最低1名はその資格を持っていなければなりません。たとえば、自宅のリビングを改装して開業したカフェの収容人数が30人未満であれば、この資格は必要ありません。

また、防火管理者の資格は、延べ床面積の大きさによって異なります。延べ床面積が300平方メートル以上の場合は、「甲種防火管理者」、300平方メートル未満の場合は「乙種防火管理者」の資格になります。

と記載されています。

カフェを開業するのに調理師免許の資格は必要?

カフェの開業であれば、調理師免許は必要ありません。実は、調理師免許は持っていなくてもカフェやレストランを開業することは可能なのです。都道府県によってはふぐ調理師の資格を取得するときに調理師免許が必要になる場合もありますが、多くの飲食店経営では取得していなくても困ることはありません。

調理師免許取得のための勉強をすることで、O-157などの食中毒の予防防止や専門的な料理の知識を学べます。また、お客様に安心感を与えることもできます。そのため、主に食事を提供するカフェを開業しようと思っている場合は、調理師免許は持っていてもいいかもしれません。

カフェでアルコールを提供するのに資格は必要?

必要です。資格というよりかは「許可」にはなりますが、お酒を提供する場合には「飲食店営業許可」の取得が必須です。コーヒーなどの飲料と、ケーキのように調理する必要がない食品を提供する場合には「喫茶店営業許可」が必要になります。ただこの喫茶店営業許可を取得しただけではお酒を提供することはできないので、飲食店営業許可を取得する必要があります。この申請は保健所で行うことができます。

仮に、深夜24時をすぎてからお酒を提供する場合には「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」をしなければなりません。これは、保健所ではなく警察署に提出します。

自宅でカフェを開業する際の資格

自宅でカフェを開業する場合でも、普通にテナントを借りてカフェをやるのとでは、必要な資格はほとんど変わりません。食品衛生責任者の資格を取得し、保健所に「喫茶店営業許可」を届け出る必要があります。

なお、前述しているように防火管理者の資格は、カフェの規模によっては必要ではないので、確認するようにしてください。

カフェを開業する際に必要な資金

カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。

ここからはカフェを開業するにあたり必要な資金について話をしていきます。

まず、開業時に資金が必要な項目は大きく分けて4つほどあります。

  1. 店舗の賃貸費用(賃貸物件を利用する場合)
  2. 内装工事費
  3. 設備費
  4. 運転資金

この4つです。

1.店舗の賃貸費用(賃貸物件を利用する場合)

開業資金のほとんどを占めるのが店舗の賃貸費用です。1ヶ月分の前家賃と仲介手数料、敷金や保証金として賃料の半年~10ヶ月ほどのお金が必要になるので、目安としては100~500万円ほどです。都内の一等地ともなれば、保証金だけで1000万円を超えることもあるようです。

2.内装工事費

水道からガスまで、何もない状態から作るのであれば1000万円かかる場合もあります。まえが飲食店だった居抜き物件や、自分で内装を工事するとなればもっと安く抑えることが可能です。ただし考えなければいけないのは、自分で作る場合には時間がかかりすぎてしまうことと出来が悪くなってしまうというケース。「お金を使ってプロに任せるところは任せる」「苦手なことはせず、得意なことだけやる」といった経営者としての視点が必要になります。

内装工事費は100~300万円ほどを見込んでおいた方がいいでしょう。

3.設備費

設備投資に関しても多くのお金がかかります。シンク、厨房機器、コーヒーマシン、オーブン、空調、冷蔵庫、製氷機、食器、家具、インテリアなどのように、カフェには多くのものが必要になります。これは新品で買うと半端じゃない金額になるので飲食店専門のリサイクルショップで揃える人が多くいます。

また、厨房機器などは買わずにリース(企業などが洗濯した機械設備等を購入し、その企業に対して長期にわたり賃貸する取引のこと。)するのも方法の1つ。

先ほどあげた設備を揃えるのに、リサイクルショップを利用すれば200~300万円ほどで抑えることができます。

4.運転資金

開業直後から黒字に転換する場合はまずありえません。そのため、半年~1年分のランニングコストを賄えるだけの資金を用意しましょう。ランニングコストは、家賃や人件費、材料費などです。少なくとも100~300万円ほどは準備しておきたいです。

資金100万円でもカフェは開業できる?

やり方によってはできます。例えば移動式のカフェにしたり田舎にカフェを開いたり。もちろん移動式のカフェにするのにも田舎にカフェを開くのにもメリット・デメリットはありますが、切り詰めれば100万円ほどでもカフェを開業させることはできます。

なお、カフェを0円で開業するというのはまずありえません。知り合いから譲り受けたりすれば明日にでも開業できる状態になるかもしれません(移動式の場合など)。しかしランニングコストをあらかじめ用意しておくことを考えると否が応でも100万円は必要になってきます。

カフェを開業する際に参考にしてほしいブログ

ここでは、カフェを開業する際に参考にしてほしいブログをいくつかピックアップします。

みんなの飲食店開業

飲食店開業や独立、外食経営のノウハウを提供している「みんなの飲食店開業」。中でも「自然食カフェすぴか」の記事は、既に開業をしていて軌道に乗っている方が寄稿しているのでわかりやすくて現実味もあるのでオススメです。

カフェ開業日記~cafe&bar pokkur~

脱サラをして、カフェを開業させた男性の開業してからの苦悩を綴っているブログです。記事自体は少なく既に寄稿は終了しているようですが、心情がリアルタイムに映し出されているのがなんとも特徴的です。カフェ開業日記~cafe&bar pokkur~

無色透明な日々はナニイロに染まるか

ぷしゅけるさんという方が運営しているということ以外全くわからないブログですが、カフェを開業してから潰れてしまい、カフェを売るまでの経緯を綴っているブログです。カフェ開業は上手くいかないと言われることが多いですが、その現実世界の厳しさを教えてくれるブログです。こういったブログでちゃんと世間を見ておくのも重要です。カフェを開業したけれど、3ヶ月で売りとばした失敗話

カフェ開業飲食店開業のお役立ちサイト

カフェ開業に必要なことを細かく、幅広い範囲で教えてくれるサイトです。他のブログやサイトに比べると情報量が多く細かいので、非常に参考になります。カフェ開業飲食店開業のお役立ちサイト

カフェ開業にあたり参考になる本

カフェを開業する際に参考になる本を紹介します。

カフェ開業の教科書

著者は1968年にカフェを開業。コーヒー生産地の調査・取材は40ヶ国以上に上り、そのうちの数ヶ国ではコーヒー農園を指導しています。2012年にはSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)会長に就任されている、コーヒーのスペシャリストの方です。(画像はクリックできます。)

カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。

カフェを始める人の本

この本には、お金がいくら必要なのか、どんな手順でお店を作っていけばいいのかなどの具体的な話が書かれています。こういった本に多い「カフェの素敵な写真ばかりを載せる」というものではなく、実際に開業するにあたりきになるところが書かれているのがとても良いです。また、登場するカフェが夫婦経営のカフェは1人で経営しているカフェと規模が小さいところも参考になります。カフェのオーナーが「カフェを始めるのに大切な3つのこと」を端的にまとめている点も、わかりやすいです。(画像はクリックできます。)

カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。

カフェの開業資金を融資してもらう方法

カフェの開業資金を融資してもらうのであれば、考えられる方法は5つ。

  1. 新規開業資金
  2. 女性、若者/シニア起業家支援金
  3. 振興事業貸付
  4. 中小企業経営力強化資金
  5. 制度融資

このうちのどれかで借りることがほとんどです。中でも「中小企業経営力強化資金」は、認定支援機関しか取り扱いのできない融資商品ですが、その信用力のおかげで早く・低利率で融資を実行できます。

また、開業融資を受けたい人を審査が通るようにサポートしてくれるサービスもあるので合わせてご覧ください。

カフェを開業する時に修行は必要?

カフェを開業するにあたり、色々なカフェで修行をする人は多いようです。修行といっても、きついわけではないようですが・・・。カフェではマシンの使い方を覚えるくらいで、ラーメン店のように麺の打ち方を教わったりする必要はありません。マシンの使い方や接客について慣れておけば、修行(勉強)をする必要はないです。

それでも勉強したいという人にオススメなのは「個人経営のカフェ」です。チェーン店やフランチャイズではなく、個人で経営されているカフェで働いてみることです。個人経営の場合はスタッフ同士の距離も近くオーナーの方も店頭に立っていることが多いです。最も大きなメリットは個人経営ならではの話を聞けることです。開業した当初はどうだったか、どんな工夫をしてきたのか、集客はどうやって行ったのか、お金周りはどうなっているのか等聞くことができるでしょう。ただし、個人経営のカフェの場合は表立って求人をしているところは少ないです。僕の知り合いにも、カフェに通いつめたことで働かせてもらったり、人手の足りていないカフェを紹介してもらったケースがあるようです。積極的に求人についても話を聞いてみるといいでしょう。

カフェを開業する際のコーヒーメーカー選びのポイント

カフェを開業したいならこれを読むべき。資格、資金、参考サイト・本を完全網羅。

コーヒーメーカーを選ぶにあたっては、提供するコーヒーが「エスプレッソ」or「ドリップ」によって大きく変わってきます。お客さんの傾向や、マシンの見た目によっては店内に映えるか映えないかも分かれてくるので、きちんと決めておいた方がいいでしょう。見込み客数によってもマシンのサイズが変わってくるので、なかなか難しいところです。

  • エスプレッソorドリップ
  • お客さんの傾向に合わせる
  • 内装に合わせる
  • 見込み客数を考える
  • 購入方法で考える

これらの点を考慮に入れながらコーヒーメーカーを選んでみてください。