【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

この記事では、セールスライティングを使った仕事の内容や、仕事の取り方についてご紹介します。

セールスライティングを仕事にしたいと考えている人は、まずはこの記事で紹介されているステップ通りに実績を積んでいきましょう。

スポンサーリンク

セールスライティングの仕事内容

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

セールスライティングの仕事には、以下のようなものがあります。

セールスライティングの主な仕事内容
  • セールスレターの執筆
  • LP(ランディングページ)の執筆
  • ステップメールの代行
  • チラシ、DM、広告文

基本的には、最終的に商品の購入をしてもらうための文章を書くのが、セールスライティングの主な仕事内容です。

スキルの高いセールスライティングができる人は少ないため、ライターの中でも特に需要のある仕事となっています。

セールスライティングの仕事の目的

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

セールスライティングの仕事で最も大切なことは、「いかに相手を行動させる文章が書けるか」という点です。

前述したように、セールスライティングは「商品を買ってもらう」「メルマガに登録してもらう」といった何らかの行動を促すためのライティングスキルです。

早い話が、どんな文章でもいいから、とにかく「購入につながる文章を書くこと」がセールスライティングの目的になります。

そのため、人間の購買心理やマーケティング、コピーライティングなど、より高度なライティングやマーケティングのスキルが求められるのです。

スポンサーリンク

セールスライティングの仕事を取る方法

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

ここからはセールスライティングで食べて行くために必要不可欠な「仕事の取り方」をご紹介します。

セールスライティングの仕事の取り方は、大きく分けて2ステップで考えるのが一般的です。

セールスライティングの仕事獲得2ステップ
  1. 無料、低価格で仕事を募集する
  2. 長期契約、実績で仕事を獲得する

それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

無料、低価格で仕事を募集する

セールスライティングの仕事を始めたばかりで、いきなり高額の案件を獲得するのは、残念ながら不可能です。

前述したように、セールスライティングは「商品が売れるかどうか」で結果が決まる世界です。仕事が取れるかどうかは、実績によって決まるのです。

そこで、最初のうちは無料もしくは相場よりも低価格でもいいから、とにかく仕事をこなして実績を作ることに専念してください。

セールスライティングは稼げるという噂を耳にしますが、そのためにはある程度の実績が必要なのです。

駆け出しのセールスライターが最初にやるべきは、価格は度外視してでもセールスライティングの仕事をこなし、とにかく「実績」を手に入れることです。

長期契約、実績で仕事を獲得する

ある程度、セールスライティングの仕事をこなし、それなりの実績が身についたら、収入についても意識をする頃合いです。

セールスライターとしてある程度、数字で結果が残せるようになると、様々な個人、企業から声がかかるようになります。

(セールスライターは、まだまだ数が少ないため、需要が大きいのです。)

ここまでくると、セールスライターとして相場以上の価格で、仕事を引き受けることもできるようになるでしょう。

 

セールスライティングの仕事は基本的に単発型なため、収入が不安定になる場合があります。

このような不安を取り除くために、「長期(専属)契約」を取ることも視野に入れると良いでしょう。

今すぐにセールスライティングの仕事を獲得する

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

手っ取り早く、セールスライティングの仕事を獲得するためには、2通りのやり方があります。

手っ取り早く仕事を獲得するには?
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • ビジネス交流会に参加する

クラウドソーシングサイトから仕事を獲得する

クラウドソーシングサイトは、セールスライティングの案件もたくさん集まるため、初心者が仕事を獲得する場所としては最適です。

その際、単に申し込みをするだけではなく、「無料(あるいは低価格)でいいので、仕事をいただけませんか?」と言った連絡を送ることで、より仕事を取れる可能性が高くなります。

ビジネス交流会から仕事を獲得する

セールスライティングを必要としているクライアントは誰か?

それは、すでにビジネスをしている人たちです。

そのため、ビジネスをしている人が集まる交流会などに参加して人脈を築くことも、セールスライティングの仕事を獲得するのに効果的です。

実際、駆け出しの頃にこのような交流会で仕事をもらい、その後長期的に関係を続けているクライアントを持つセールスライターは数多くいます。

スポンサーリンク

セールスライティングの仕事について まとめ

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

今回は、セールスライティングの仕事内容や仕事の取り方についてご紹介しました。

よく「セールスライティングは億の価値がある」と言われます。そして、スキルのあるセールスライターの中には、それだけの額を稼いでいる人も実在するのは間違いありません。

しかし、最初から「セールスライティングは稼げる」というイメージで仕事を始めると、現実とのギャップに打ちのめされてしまう可能性が高いです。

特にこれからセールスライティングの仕事を考えている人は、「実績→収入」の順番を意識してください。

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。